ドラマ『バリでの出来事』『ごめん、愛してる』や、映画『今、会いにゆきます』などに出演し、韓国を代表する演技派俳優として人気を博しているソ・ジソブ が、デビューから24年で初めて熱愛説を認めた。

今月17日、俳優ソ・ジソブがデビューから24年で初の熱愛説を所属事務所の[wp-svg-icons icon=”instagram” wrap=”i”]インスタグラムで認めた。

ソ・ジソブがSNSで熱愛を公認

ソ・ジソブがSNSで熱愛を公認(画像出典:51K official Instagram)

世間を驚かせた相手は、SBS『本格芸能真夜中(ハングル 본격연예 한밤)』でレポーターとして活躍していたチョ・ウンジョン アナウンサーだ。

何と17歳の年の差を克服し、美しい出会いを継続するソ・ジソブとチョ・ウンジョンさん。

ソ・ジソブとチョ・ウンジョンさん

ソ・ジソブとチョ・ウンジョンさん(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:51K、Imagine Asia)

今夜(21日)、韓国で放送される『本格芸能真夜中』では、ソ・ジソブとチョ・ウンジョンさんが初めて出会った歴史的な(?)瞬間を公開する。

ソ・ジソブとチョ・ウンジョンさんは『本格芸能真夜中』で、映画『今、会いにゆきます』の広報インタビューで初めての出会いを持った。

該当番組での出会いをきっかけに縁を結んだ2人は、それ以来連絡をし合いながら恋人として関係が発展したことが分かった。

放送関係者によると、ソ・ジソブは『本格芸能真夜中』でチョ・ウンジョンさんからの要望であった即席で名セリフの演技を披露し、インタビュー経験が多いベテラン俳優なのに緊張した様子だったという。

2人の出会いの場「本格芸能真夜中」

2人の出会いの場「本格芸能真夜中」(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SBS)

ソ・ジソブとチョ・ウンジョンさんは、当時のインタビューで自身の恋愛観を語ったこともある。

チョ・ウンジョンさんが「いつも恋愛するときは愛情をたくさん表現するのですか?」と尋ねると、ソ・ジソブは「恋愛は前より、後から努力をする方です」と答えた。

お互いをじっと見つめる2人の雰囲気に、撮影現場は一瞬2人のデート現場のような雰囲気になり、今回の熱愛を予測できる程トキメキが溢れた現場だったという。

ソ・ジソブは1977年生まれで、ドラマ『バリでの出来事』『ごめん、愛してる』『主君の太陽』『オー・マイ・ビーナス』や、映画『今、会いにゆきます』などに出演した韓国を代表する演技派俳優だ。

一方1994年生まれのチョ・ウンジョンさんは、梨花(イファ)女子大学で韓国舞踊学科を専攻し、2014年にゲーム専門チャンネルを通じてアナウンサーデビュー、2016年から昨年6月末までSBS『本格芸能真夜中』でレポーターとして活躍していた。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加