ソウルボーカリスト イ・ハイ(ハングル 이하이)が3年ぶりに帰ってくる! 所属事務所であるYGエンターテイメントの公式ブログにカミングスーンティーザー写真が公開され、ニューアルバムへの期待が高まっている。

YGのソウルボーカリスト イ・ハイ(ハングル 이하이)が3年ぶりにカムバックする。

YGエンターテインメントは5月20日に公式ブログを通じてイ・ハイのカミングスーン(近日公開)ティーザー写真を公開した。
ティーザー写真には、強烈な目つきのイ・ハイが写し出されており、ニューアルバムへの期待と好奇心をくすぐらせる。

イ・ハイが3年ぶりにカムバックする! YG公式ブログに公開されたカミングスーンティーザー写真

イ・ハイが3年ぶりにカムバックする! YG公式ブログに公開されたカミングスーンティーザー写真 (写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:YGエンターテインメント)

前アルバム「SEOULITE」のタイトル曲「[wp-svg-icons icon=”play” wrap=”i”]ため息(ハングル表記 한숨)」と「[wp-svg-icons icon=”play” wrap=”i”]手を握って(ハングル表記 손잡아 줘요)」で韓国国内音源ダウンロードチャートに旋風を巻き起こしたイ・ハイ。
K-POP界の一角からは「YGを代表するソウルシンガー(Soul Singer)」と呼び声も高いイ・ハイの帰還にファンの関心は高まる一方だ。

イ・ハイは2012年、SBSで放送された人気オーディション番組「K-POPスター」に出演、韓国では滅多に見られないソウルジャンルの音楽を披露、当シーズンで準優勝に輝いた。
その後、YGエンターテインメントと契約を結び「1,2,3,4」でデビュー、韓国国内主要音源チャートを総なめにした彼女に付けられたあだ名は「怪物新人」。

翌年「ゴールデンディスク」「Hi-One ソウル歌謡大賞」など、名高い授賞式で新人賞を総なめにし、韓国のみならず全世界のK-POPファンにその名を馳せた。
2013年には、米・Billboardが発表した「21 Under 21 (21歳未満の優れたアーティスト21人)」にも選ばれた。

しかし順風満帆に見えた「怪物新人」の音楽活動が、何故か3年に渡る空白期間を持つなど、疎かに行われていたという印象を与えてきたのも事実。
一部のファンからは「所属芸能人の音楽活動を支援するどころか、無関心を貫いている」と、YGエンターテインメントやヤン・ヒョンソク代表に批難が集まった。

今回のカムバックを機にYGエンターテインメントは、イ・ハイの空白が長引いた理由をこう説明した。

「本人が気に入る音楽を作る道のりが長くなった。ベストを尽くして作ったアルバムだから」

続けて「長い間準備してきただけに、たくさんの曲を準備することができた。このアルバムを皮切りに今年からはコンスタントに新曲発表と音楽活動を続けていく..すでにタイトル曲のMVも出来上がっているので、そのうち公式スケジュールを発表し、活発にテレビにも出演する予定」と伝えた。

卓越な中低音ボイスのソウルボーカリストと称されるイ・ハイ。
3年間の空白期間中、彼女の音楽スペクトラムにどのような変化があったのか、イ・ハイのカムバックを待ち望んでいたファンの期待が一層高まっている。


イ・ハイのデビュー曲「1.2.3.4」ミュージックビデオ
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加