ドラマ『ユミの細胞たち』や『マイネーム:偽りと復讐』と立て続けに出演し、人気を集めている俳優のアン・ボヒョンが『1st LOOK(ファーストルック)』のグラビアに登場。カメラの前に立ち、ギャップの魅力とインタビューに応じた。

最近、アン・ボヒョンが人気だ。

『ユミの細胞たち』『マイネーム』で一躍人気となったアン・ボヒョン

『ユミの細胞たち』『マイネーム』で一躍人気となった俳優のアン・ボヒョン。(写真提供:©スポーツ韓国、画像出展:1st LOOK)

tvN『ユミの細胞たち』では甘い表情で胸キュンシーンを演じ、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『マイネーム:偽りと復讐(以下、マイネーム)』では、麻薬捜査班として険しい顔を崩さない。

(関連記事)『梨泰院クラス』アン・ボヒョン 2作連続で自慢の肉体美 炸裂!

そんな彼が、『1st LOOK(ファーストルック)』のグラビアに登場し、インタビューに応じた。

「『ユミの細胞たち』で演じたク・ウンの魅力は、率直さと突飛さ、純真さの中にある真実の姿だと思います。ク・ウンは自身の感情に忠実なキャラクター。ずけずけとモノを言うんですけど、人に迷惑をかけることは嫌い。自分の主観がはっきりしているところが良いと思います」と言う。

『梨泰院クラス』では嫌われ役だったが‥

『梨泰院クラス』では憎まれ役のチャン・グニョンだった。(写真提供:©スポーツ韓国、画像出展:1st LOOK)

一方、『マイネーム』で演じたチョン・ピルト刑事と、自身に似ているところはあるかと尋ねられると「強そうに見えるんですけど、相手の傷を前にすると弱くなってしまうところですかね。チョン・ピルトという人は、1人で痛みをこらえて、1人でそれを克服するような人物なんです」と分析し、「(役作りを)無理にしようとせず、これまで生きてきた一部分を表現すればいいと思いました。長い間1人で生きてきた記憶、その時つらかった記憶、良かった事も考えながら役を掴んでいきました」と明かした。

最近は「怠け者になった」と語るアン・ボヒョン

最近は「すっかり怠け者になった」と語るアン・ボヒョン。(写真提供:©スポーツ韓国、画像出展:1st LOOK)

演技をする時は、誰よりも徹底的に演じるアン・ボヒョンに「これだけは寛大だ」と思う部分はどこかと聞くと、「以前に比べて、だいぶ怠け者になりました。ゴミの分別、洗濯、皿洗い‥いっぺんにやるようになったんです。前は何でもすぐに片づけていて、”後でやらなきゃ”と思ったことがなかったんですよ、でも変わりました。振り返ると大変でしたね、今の方が効率的だと思います(笑)」と笑った。

アン・ボヒョンの魅力溢れるグラビアは『1st LOOK』228号に掲載されている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース