俳優ソ・ガンジュンのインスタグラムにコメントを残したパク・ヒョンシクの一言が話題になっている。‘ハッキングされた?’と思わせたその状況は、ソ・ガンジュンのファンサービスによるハプニングだったと思われる..

俳優ソ・ガンジュン(ハングル 서강준)のインスタグラムの掲示物に残された一つのコメントが話題になっている。

3月1日の明け方、ソ・ガンジュンは自身のインスタグラムにセルカ写真を一枚投稿した。

インスタに近況を投稿したソガンジュン

インスタに近況を投稿したソ・ガンジュン(画像出典:ソ・ガンジュン Instagram)

写真の中のソ・ガンジュンは、自身の顔のステッカーがついたカップを手にしてカメラを見つめている。

そのカップには「Seo Kang Jun Thai Fans always beside you(ソ・ガンジュン、タイのファンたちは、いつもあなたのそばに)」と書かれているため、タイのファンたちからの差し入れのプレゼントだと思われる。

そのため、ソ・ガンジュンは該当の写真と共に「ありがとう、嬉しい」という意味のタイ語のメッセージを付け加えている。

該当の写真が公開されると、すぐにアイドルグループZE:A(ゼア)のメンバーで俳優のパク・ヒョンシク(ハングル 박형식)が「一瞬、君がハッキングされているかと思った(笑)」というコメントを投稿。

話題になったパクヒョンシクからの一言

話題になったパク・ヒョンシクからの一言(画像出典:ソ・ガンジュン Instagram)

どうやらパク・ヒョンシクは、ソ・ガンジュンが珍しくタイ語でメッセージを投稿したため、彼のインスタグラムがハッキングされたと思っていたようだ。

これに対して一部のネットユーザーたちは「タイ語で書かれているから、私もハッキングかと思いました」「パク・ヒョンシクの反応がカワイイ!」「センスが溢れるパク・ヒョンシク」「二人ともおもしろい」などの反応で、ソ・ガンジュンとパク・ヒョンシクの友情に関心を寄せていた。

ソ・ガンジュンとパク・ヒョンシクは、2014年韓国KBSで放送された「家族なのにどうして~ボクらの恋日記~(原題 가족끼리 왜 이래)」で共演したことで友情の縁を結んだ。

当時、最高視聴率44.4%という驚異的な数字を記録した「家族なのにどうして」は、「製パン王キム・タック」の脚本家が手掛けたことで圧倒的な人気と話題を独占した人気ドラマだった。

「家族なのにどうして」で縁を結んだソガンジュンとパクヒョンシク

「家族なのにどうして」で縁を結んだソ・ガンジュン(左)とパク・ヒョンシク(右)(画像出典:パク・ヒョンシク Instagram)

一方、現在ソ・ガンジュンは女優パク・ミニョンと共に2月24日からスタートしたJTBC新ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます(原題 날씨가 좋으면 찾아가겠어요)」に出演し、熱演を繰り広げて最高のケミストリー(= 恋の化学反応)を見せている。

また、パク・ヒョンシクは2019年6月10日に軍に入隊し、首都防衛司令部の憲兵隊(ソウル市を特別に防衛するための特別部隊)にて軍服務に全うしており、2021年1月4日に除隊する予定だ。