女性歌手のチョンハの歌手活動や、キム・テヒが主演を務めているドラマ撮影など‘新型コロナウイルス’の検査結果によって今後のスケジュールに支障が出ている。芸能人たちの活動は、多くのスタッフが共に動いているため、ウイルスの集団感染が懸念される。

新型コロナウイルス(COVID-19)による感染拡大で、韓国芸能界のスケジュールにも支障が生じている。

歌手チョンハ(ハングル 청하)のスタッフが新型コロナウイルスの陽性反応を受け、キム・テヒ(ハングル 김태희)が主演を務めるドラマでもスタッフが発熱などの症状を訴えたことで撮影が一時中断するなど、先週末は韓国芸能界でも ‘新型コロナウイルスによるパニック’ を見せていた。

自宅待機中のチョンハ

自宅待機中のチョンハ

自宅待機中のチョンハ(画像出典:チョンハ Instagram)

まず、チョンハの所属事務所MNHエンターテインメントは3月1日「当社のアーティスト、チョンハがイタリアで行われたスケジュールを終えて2月24日に帰国した。撮影に同行したスタッフのうち1人が発熱症状を訴えて新型コロナウイルスの検査を行ったところ陽性反応が出た」とコメント。

さらに「直ちにチョンハをはじめとし、すべてのスタッフに自宅待機を要請して検査を進めたところ、もう1人スタッフで陽性反応が出たため結果にともなう措置を取っている」と状況を説明した。

特に「その他のスタッフは3月1日に全員陰性結果が出た。検査結果によって疾病管理本部からの要請で自宅待機を進める方針だ。被害が広がらないため、今後予定されているスケジュールは全て取り消した」とチョンハの現状と今後の計画を伝えた。

ドラマ撮影中断から再開に

撮影を一時中断したキムテヒ

撮影を一時中断したキム・テヒ(写真提供:©スポーツ韓国)

3月1日、キム・テヒの復帰作として話題を集めたtvNドラマ「ハイバイ、ママ!」の撮影が、この日取り消しになったと報道された。

韓国の各種媒体によると、スタッフの1人が新型コロナウイルスの感染が疑われて検査を受けて自宅待機をしていたそう。

様々な人たちが集まる撮影現場の特性上、製作スタッフは感染拡大を防ごうと撮影を一時中断。

しかし、この日の午後に、感染が疑われたスタッフの検査結果が陰性であったため撮影を再開すると明らかとなった。

コロナにより不安と隣り合わせな現状

芸能人たちの活動は、数十人から数百人のスタッフが共に動いているため、ウイルスの集団感染が懸念される。

しかし、現在の韓国では大多数の撮影現場などでの新型コロナウイルスに対する予防防疫管理指針の事項が整理されておらず、いつ感染してもおかしくないような危険な状況が引き起こされる可能性が濃厚だと言われている。

現場ではマスクの着用と手洗いなど徹底的に行うよう指示されているようだが、徐々に芸能界でのスケジュールにも支障が生じているため、常に不安と隣り合わせで落ち着かない現状が続いているようだ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。