昨年11月に入隊し、現在は軍白期を迎えている俳優のソ・ガンジュンが、現在出演しているあるCMが話題だ。それは、彼が”HPVワクチン”となって「男性と女性を守る!」と迫真の演技をしているもの。この斬新なCMの試みが、意外にもウケているようだ。

ソ・ガンジュンが”ワクチン”になった!?

ソ・ガンジュンが"ワクチン"に変身し、子宮頸がん予防の一役を買っている

ソ・ガンジュンが”ワクチン”に変身し、子宮頸がんワクチン接種啓蒙の一役を買っている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

現在入隊中であり、軍白期(入隊中の空白期間)を迎えている俳優のソ・ガンジュン。彼が現在出演中の斬新なコマーシャルが、韓国で耳目を集めている。

韓国メディアのウィキツリー(wikitree)が6日に報じた内容によると、オンラインコミュニティーtheqoo(ザ・クー)に“ソ・ガンジュン ガーダシル9”というキーワードが浮上し、注目を浴びたという。

その理由は、新CМにあった。

広告映像ではソ・ガンジュンが1人の女性の腕をつかみ、「姉さんは僕が守るよ!」と真剣な眼差しを向けて伝えるのだが、女性は「私たち、会うのが遅かったみたい。私はもう40歳だから」と背を向けてしまう。

するとソ・ガンジュンは、再び女性を引き留め「遅くないんだ。僕は”ガーダシル9″だから」とほほ笑むのだ。

ガーダシル9「姉さんを守る」篇

ガーダシル9「姉さんを守る」篇のソ・ガンジュン(画像出典:YouTube 『ガーダシル9』動画キャプチャー)

さらに別のシリーズでは、「姉さんの他に、守りたい人ができたんだ」と打ち明けるソ・ガンジュン。女性は「私じゃなくてどんな女性を?」と寂し気に詰め寄る。しかし彼は「女性じゃない‥男性だ」と言い、驚かせるのだった。

シリーズは上記を含め4パターンとなっている。

同メディアによると、これらの映像を見たネットユーザーは「チョーうけるwww私、”ガーダシル9″は去年接種したけど、確かに男性もやった方がいいよね(笑)」「演技がうますぎでしょw」「わかりやすくて、よくできた広告!」「これはなかなかに斬新」「何を見せられてるのw」「ソ・ガンジュンがめっちゃかわいくて面白い」「演技力をこんなところで使うなんて(笑)」「キャスティングが最高」などと、好反応を見せているそうだ。

“ガーダシル9″とは、子宮頸がん予防ワクチンの商品名であり、日本でも接種が可能なワクチンである。

韓国での接種率は*52%となっており、9~14歳の女性の多くがワクチンを接種しているそう。また近年は子宮頸がんワクチンの他に、中咽頭がんや肛門がんを予防することができるとされ、男性への接種も積極的に推進している。

*出典:medicaldoc.jp

男性と女性の間に入り、「僕はガーダシル9だから」と言ってほほ笑むソ・ガンジュン

ソ・ガンジュンは男性と女性の間に入り、「僕はガーダシル9だから」と言ってほほ笑む。(画像出典:YouTube ガーダシル9動画キャプチャー)

ソ・ガンジュンを起用することで、ワクチンへの偏見をなくしたり、男性が摂取する意味を分かりやすく伝えることに成功している様子だ。

彼の起用前には、俳優のチョン・ギョンホが出演しており、こちらは人気ドラマ『賢い医師生活(tvN/Netflix)』で医師役を務めた彼の言葉で、説得力をもたらす狙いがあったと思われる。

さらに韓国では、パク・ボゴムが入隊前最後に出演したドラマ『青春の記録(tvN/Netflix)』でも、彼らが子宮頸がんワクチンを接種しに行くというシーンが大々的に登場し、”子宮頸がんワクチンを、男性が啓蒙する時代になった”と話題を集めた。

(関連記事)パク・ボゴム ‘青春記録’ で子宮頸がんワクチン接種!? 今や男性が啓蒙する時代に

日本では、子宮頸がんワクチンについては副作用問題など、まだまだ是非が問われており接種率は極めて低いと言われているが、お隣韓国ではメジャーな予防ワクチンとして、エッジの効いた(?)広告展開に挑戦しているようだ。

『ガーダシル9』コマーシャル オールエピソード(動画出典:YouTube ガーダシル9)



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース