• Kコンテンツのオンライン競争力を分析する機関「グッドデータ・コーポレーション」。
  • 今月28日に、2024年5月第4週の「TV-OTTドラマ話題性」を公開。
  • 第1位は、4週連続首位の話題性怪物『ソンジェ背負って走れ』(tvN/2024)!

Kコンテンツのオンライン競争力を分析する「グッドデータ・コーポレーション」。

同機関では、膨大なビッグデータをもとに放送・配信コンテンツの話題性を分析し「TV-OTT総合」「TV総合」「出演者総合」の3つの分野で上位10位までのランキングを毎週発表しています。

去る5月28日には「2024年5月第4週」のランキングが公開。

今回本記事では、2024年5月第4週(5月20日~5月26日)の「TV-OTTドラマ話題性」トップ5をご紹介!

第1位は、20代30代の女性を中心にシンドロームが巻き起こっている”話題性怪物”のあの人気作品です。

第5位『コネクション』(SBS/2024/全14話)

第5位は、今月24日より韓国SBSで放送開始した『コネクション』。

チソン、チョン・ミド、クォン・ユルら豪華キャストが贈る本作は、強制的に麻薬中毒にされた麻薬チームのエース刑事が友人の死を手がかりに20年間続いた異質な友情、そのコネクションの顛末を明らかにするサスペンスドラマです。

今回、話題性占有率5.19%を獲得し、初登場5位にランクインしました。

画像出典:SBS
コネクション
サスペンス
SBS/2024/全16話

あらすじ

ある人物により、強制的に麻薬中毒にされた麻薬チームのエース刑事が友人の死を手がかりに20年間続いた異質な友情、そのコネクションの顛末を明らかにするサスペンスドラマ。

キャスト

チソン、チョン・ミド、クォン・ユル、キム・ギョンナム、チョン・スンウォン 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:SBS Catch

第4位『卒業』(tvN/2024/全16話)

第4位にランクインしたのは、前週に続き4位をキープ中の『卒業』です。

今月11日より韓国tvNにて放送スタートした本作は、ベテラン塾講師のソ・ヘジンと新人講師として現れた元教え子イ・ジュノの恋愛模様を描いたロマンスドラマ。

前週に比べ+0.59となる、話題性占有率6.06%を獲得しました。

●日本配信情報:U-NEXT (2024年5月30日現在)

画像出典:tvN
卒業
ロマンス
tvN/2024/全16話

あらすじ

私教育市場の代名詞"大峙洞(テチ洞)"を舞台に、塾講師たちの物語を描いたロマンスドラマ。

キャスト

チョン・リョウォン、ウィ・ハジュン、ソ・ジュヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:U-NEXT韓流・アジア公式

第3位『The 8 Show ~極限のマネーショー~』(Netflix/2024/全8話)

第3位は、リュ・ジュンヨル、チョン・ウヒ、パク・ジョンミンらが共演を果たした『The 8 Show ~極限のマネーショー~』。

去る5月17日よりNetflixで配信開始した本作は、8階建てのビルに閉じ込められた8人のマネーゲーム参加者たちの危険な物語を描いたサスペンス・スリラーです。

今回、前週比+0.53となる話題性占有率6.99%を獲得し、前週同様、3位にランクインしました。

●日本配信情報:Netflix (2024年5月30日現在)

画像出典:Netflix
The 8 Show ~極限のマネーショー~
スリラー/サスペンス
Netflix/2024/全8話

あらすじ

怪しい8階建ての建物に閉じ込められた8人の男女。その建物で長く過ごせば、賞金を手に入れられるということだが‥。

キャスト

リュ・ジュンヨル、チョン・ウヒ、パク・ジョンミン、イ・ヨルム、パク・ヘジュン 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:Netflix Japan

第2位『ヒーローではないけれど』(JTBC/2024/全12話)

第2位は今月4日より韓国JTBCで放送開始した『ヒーローではないけれど』がランクインしました。

チャン・ギヨン×チョン・ウヒ主演の本作は、生まれながらにして超能力を持つも現代病によって力を失った一家と不思議な女性との物語を描いたファンタジー・ロマンス。

今回前週より0.6%高い、話題性占有率7.71%を獲得しました。

●日本配信情報:Netflix (2024年5月30日現在)

画像出典:JTBC
ヒーローではないけれど
ファンタジー/ロマンス
JTBC/2024/全12話

あらすじ

生まれながらにして超能力を持つも現代病によって力を失った一家と不思議な女性との物語を描いたファンタジー・ロマンス。

キャスト

チャン・ギヨン、チョン・ウヒ、コ・ドゥシム、スヒョン、パク・ソイ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:Netflix Japan

第1位『ソンジェ背負って走れ』(tvN/2024/全16話)

2024年5月第4週ドラマ話題性ランキングの1位に輝いたのは、今月28日に最終回を迎えた『ソンジェ背負って走れ』でした。

ピョン・ウソクとキム・ヘユンが主演を務め、20代・30代の女性を中心に「ソンジェシンドローム」を巻き起こした本作は、突然生涯を終えてしまったアーティストの熱狂的ファンが過去に戻って彼の運命を変えるために奮闘するファンタジー・ロマンス。

今週は、前週比+4.31となる話題性占有率51.73%を獲得。4週連続1位という結果となりました。

本作は他作に比べ、視聴率面で輝かしい成績(全国最高視聴率5.762%/第16話)ではなかったものの、話題性では連続して首位を独占するなど”話題性怪物”と高評を得ています。

●日本配信情報:U-NEXT (2024年5月30日現在)

画像出典:tvN
ソンジェ背負って走れ
ファンタジー/ロマンス
tvN/2024/全16話

あらすじ

自身を救ってくれたアーティスト、リュ・ソンジェ(ピョン・ウソク扮)の死を知った熱狂ファンのイム・ソル(キム・ヘユン扮)。彼を救うために2008年にタイムスリップするファンタジー・ロマンス。

キャスト

ピョン・ウソク、キム・ヘユン、ソン・ゴニ、イ・スンヒョプ、チョン・ヨンジュ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:U-NEXT韓流・アジア公式

2024年5月第4週 TV-OTTドラマ話題性ランキングTOP10

2024年5月第4週 TV-OTTドラマ話題性ランキングTOP10
順位 作品名 放送局 出演者 話題性占有率/前週比 現在の全国最高視聴率
1 ソンジェ背負って走れ tvN
(2024)
ピョン・ウソク
キム・ヘユン
ソン・ゴニ
51.73%
(+4.31%)
5.762%
(5月28日放送/第16話)
2 ヒーローではないけれど JTBC
(2024)
チャン・ギヨン
チョン・ウヒ
コ・ドゥシム
7.71%
(+0.6%)
4.248%
(5月26日放送/第8話)
3 The 8 Show
~極限のマネーショー~
Netflix
(2024)
リュ・ジュンヨル
チョン・ウヒ
パク・ジョンミン
6.99%
(+0.53%)
4 卒業 tvN
(2024)
チョン・リョウォン
ウィ・ハジュン
ソ・ジュヨン
6.06%
(+0.59%)
5.169%
(5月11日/第1話)
5 コネクション
(原題:커넥션)
SBS
(2024)
チソン
チョン・ミド
クォン・ユル
5.19% 6.1%
(5月25日放送/第2話)
6 我が家
(原題:우리, 집)
MBC
(2024)
キム・ヒソン
イ・ヘヨン
キム・ナムヒ
4.03% 6.0%
(5月24日放送/第1話)
7
クラッシュ
交通犯罪捜査チーム
ENA
(2024)
イ・ミンギ
クァク・ソニョン
ホ・ソンテ
2.90%
(+0.02%)
5.035%
(5月28日放送/第6話)
正直にお伝えします!? JTBC
(2024)
コ・ギョンピョ
カン・ハンナ
チュ・ジョンヒョク
2.90%
(-0.97%)
2.022%
(5月2日放送/第2話)
9 美女と純情男
(原題:미녀와 순정남)
KBS
(2024)
チ・ヒョヌ
イム・スヒャン
チャ・ファヨン
2.62%
(-0.48%)
18.4%
(5月19日放送/第18話)
10 サムシクおじさん STAR
(2024)
ソン・ガンホ
ピョン・ヨハン
イ・ギュヒョン
2.47%
(-2.29%)

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2433件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs