俳優 パク・ヒョンシクが、5月に公開が予定されている映画「陪審員たち」で、スクリーンデビューする。この映画は2008年に韓国で初めて導入された国民参加裁判の実際の事件を再構成した作品で、パク・ヒョンシクは陪審員役を演じる。

ムン・ソリ、パク・ヒョンシクをはじめ、幅広い世代の実力派俳優たちの融合で期待を集めている映画「陪審員たち(韓国名 배심원들)」が、5月の公開を確定し、9人9色の個性あふれるティーザーポスターを公開した。

映画「陪審員たち(韓国名 배심원들)」でスクリーンデビューを果たすパク・ヒョンシク

映画「陪審員たち(韓国名 배심원들)」でスクリーンデビューを果たすパク・ヒョンシク(写真提供:スポーツ韓国)

映画「陪審員たち」は、2008年に韓国で初めて導入された国民参加裁判の実際の事件を再構成した作品だ。初の国民参加裁判で偶然陪審員になった普通の人々が、彼らだけの方式で少しずつ事件の真実を明かしていく過程を描く。

今回公開されたポスターは、全国民の関心が集中した初の国民参加裁判を導く判事と、平凡な8人の陪審員たちが、それぞれの個性あふれる姿を見せている。

それぞれの個性あふれる姿を見せた映画「陪審員たち」のポスター

それぞれの個性あふれる姿を見せた映画「陪審員たち」のポスター(写真提供:スポーツ韓国、出典:CGVアートハウス)

法と原則によって判決を下す強い信念を持った判事キム・ジュンギョム(ムン・ソリ扮)を含め、思いがけず陪審員に選ばれた8人の一般人たちの姿が印象的だ。

また「20歳以上、大韓民国国民なら誰も」というコピーと調和し、大韓民国国民なら誰もがなれる“陪審員”制度と、国民が直接裁判をする“国民参加裁判”という新鮮な素材が、好奇心を刺激する。

陪審員は、諦めることを知らない青年起業家クォン・ナムウ(パク・ヒョンシク扮)、年を重ねた法大生ユン・グリム(ペク・スジャン扮)、療養保護士ヤン・チュノク(キム・ミギョン扮)、無名俳優チョ・ジンシク(ユン・ギョンホ扮)、中学生の娘を持つ専業主婦ビョン・サンミ(ソ・ジンヨン扮)、大企業秘書室長チェ・ヨンジェ(チョ・ハンチョル扮)、特別な経歴を持った無職のチャン・キベク(キム・ホンパ扮)、20代の就活生オ・スジョン(チョ・スヒャン扮)の8人。お互いに違う人生を生きて来た陪審員たちの、日常的ながらも自然な姿は、個性あふれる8人の陪審員たちが織り成すアンサンブルのようだ。

特に今回のポスターは、大韓民国初の国民参加裁判を導く判事キム・ジュンギョムで、カリスマあふれる魅力的なキャラクターとして帰ってきたムン・ソリと、裁判にのめり込む陪審員クォン・ナムウ役で初スクリーンに挑戦したパク・ヒョンシクの、新鮮な組み合わせに期待感が高まる。

映画「陪審員たち」は、来る5月に公開予定だ。

[wp-svg-icons icon=”instagram” wrap=”i”] パク・ヒョンシク Instagram


パク・ヒョンシクのスクリーンデビュー作となる映画「陪審員たち」予告編
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]