パク・ボゴム4年ぶりのスクリーン復帰作が、コン・ユとのW主演と報じられ注目を集めた。

俳優 パク・ボゴムが、映画「徐福」(仮題)への出演を確定した。

俳優 パク・ボゴム

俳優 パク・ボゴム(写真提供:スポーツ韓国)

パク・ボゴムの「徐福」出演は、最近話題になったtvNドラマ「ボーイフレンド」の直後に選択した作品であり、映画「チャイナタウン」以来4年ぶりのスクリーン復帰という点で、関心が集中している。

「徐福」は、死を前にした元情報局要員キホン(コン・ユ扮)が永遠の秘密を持った人類初クローン人間“徐福”(パク・ボゴム扮)と、彼を手に入れようとするいくつかの勢力を追跡する中で、危険な事件に巻き込まれて起こる出来事を描いた作品だ。

パク・ボゴムは「徐福」で、永遠の秘密を持った人類初のクローン人間“徐福”を演じる。特に徐福役は、韓国映画初の試みとなる“クローン人間”が素材というてんで、さらに注目されている。

このような特別なキャラクターに挑戦するパク・ボゴムが期待される理由は、イ・ヨンジュ監督が生み出す物語とキャラクターという点も一役果たしている。イ・ヨンジュ監督は映画「不信地獄」「建築学概論」でディテールな演出力を発揮し、観客と映画評論で好評を博したことがある。

イ・ヨンジュ監督とパク・ボゴムが生み出す「徐福」の特別なストーリーと、新たな課題への期待が高まっている。

一方、映画「徐福」は、4月にクランクインの予定だ。

コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ 最新記事はこちら(171)


ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs