• 韓ドラロマンスの定番といえば、”最悪の出会い”をする主人公の男女という設定だ。
  • 最初は激しく衝突を繰り返し、なんらかのきかっけで惹かれ合うようになり恋に落ちるというオチまで分かっていても、視聴者を魅了してやまない。
  • 本記事では、観る者が諦めてしまいそうになるほど相反する男女が登場し、その後の展開をより一層盛り上げたロマンス作品を5つ紹介する。

韓ドラロマンスの定番設定といえば、主人公の男女の”最悪の出会い”だ。性格が真逆、もしくはどちらか一方にクセがあり、互いに良くない印象からスタート、衝突を繰り返していくのがよくあるパターン。

しかし韓ドラファンなら、これが最大の恋愛フラグになっていることを知る人は多いはず。それだけに、相反する男女が、この先どのようなきかっけや過程を経て結ばれるのか気になってしょうがない。

そしてこの明らかな伏線は、晴れて恋人同士となった時に最大限その力を発揮し、観る者にこの上ない高揚感を味わわせてくれる。いがみ合っていた2人が、最終的には結ばれることが分かっていても胸キュンせずにはいられないのが魅力だ。

また、後半ロマンチックな展開が繰り広げられるものの、前半は大人げない嫌がらせをする様子や、激しく口論する姿がコメディータッチで描かれている作品が多く見どころ満載。

そこで本記事では、「もしかしたら恋に発展しないのでは?」と視聴者に思わせるほど仲の悪かった男女の姿が、恋物語を大いに盛り上げた”犬猿の仲”ロマンスを5作紹介する。

私の名前はキム・サムスン

『私の名前はキム・サムスン』(MBC/2005)は、自分の名前と体型にコンプレックスを持つ、30代の独身女性サムスンが、傲慢な年下のイケメン御曹司ジノンと恋に落ちるラブコメディー。

クリスマスの夜に失恋し号泣、涙で前が見えず誤って男性用トイレに入ってしまったサムスンにジノンが、「おばさん変態ですか?」と冷たい一言。

最悪な出会いを果たした2人は、後にレストランのオーナーと、そこで働くパティシエという関係になるのだが、なかなかそりが合わず顔を合わせると衝突してばかり。生意気で傍若無人なジノンと、ある事情から契約恋愛することになったサムスンが、真実の恋に落ちる姿が描かれている。

『私の名前はキム・サムスン』

『私の名前はキム・サムスン』(画像出典:MBC)

●出演:ヒョンビン、キム・ソナ、チョン・リョウォン他
●現在視聴可能なVOD:U-NEXT、Hulu、FOD


私の名前はキム・サムスン(動画出典:YouTube amusesoftchannel)

恋愛体質~30歳になれば大丈夫

『恋愛体質~30歳になれば大丈夫』(JTBC/2019)は、各自事情を抱え1つ屋根の下で暮らすことになった30代の女友達3人の、仕事と恋に関する悲喜を描いたロマンチックコメディー。

歯に衣着せぬガールズトークや、無礼な態度をとる人にこれでもかというほどのスラングを浴びせ黙らせるなど見どころは盛りだくさんだが、ラブストーリーではなんといってもドラマの脚本家として独り立ちしたジンジュと、その制作に乗り出した監督ボムスのエピソードが強烈。

つまずいて転びそうになっているジンジュに手を貸すどころか、巻き添えにならないよう避けるボムス。挙句の果てには「(自分が)けがをするところだった」とあっけらかんと言う。優しさのかけらもなくマイペースに生きる姿の数々に、心の中で何度も毒舌を吐くジンジュと、彼がどう恋に発展するのかご注目。

『恋愛体質~30歳になれば大丈夫』

『恋愛体質~30歳になれば大丈夫』(画像出典:JTBC)

●出演:チョン・ウヒ、チョン・ヨビン、ハン・ジウン他
●現在視聴可能なVOD:U-NEXT、DMM TV、みるアジア、クランクイン!ビデオ


恋愛体質~30歳になれば大丈夫(動画出典:YouTube Klockworx VOD)

ハイエナ -弁護士たちの生存ゲーム

『ハイエナ -弁護士たちの生存ゲーム』(SBS/2020)は、上位1%の有力者をクライアントに持つ2人の弁護士が、法曹界で生き残りをかけて戦う法廷ドラマ。

お金のためなら手段を選ばない雑草のようにたくましい女弁護士クムジャと、自信家でプライドが高いエリート弁護士ヒジェの物語だ。

裁判の証拠を手に入れるため、名前や経歴を偽って近づき、まんまとクムジャに心を奪われてしまったヒジェ。騙されていたことを知り屈辱を味わうことに。以降、仕事に対する考え方で度々対立し罵り合うのだが、自分とは真逆のタイプの彼女のペースにはまっていってしまう。

主演キム・ヘスとチュ・ジフンの息の合った掛け合いから、目が離せない一作だ。

『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム』

『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム』(画像出典:SBS)

●出演:キム・ヘス、チュ・ジフン他
●現在視聴可能なVOD: Netflix


ハイエナ -弁護士たちの生存ゲーム(動画出典:YouTube Netflix Japan)

海街チャチャチャ

『海街チャチャチャ』(tvN/2021)は、都会を離れ、海辺の町で開業した女性歯科医ヘジンと、なんでもこなす”万能ニート”のホン班長が、港町コンジンを舞台に繰り広げるラブコメディー。

ソウル出身で現実主義のへジンと、ソウル大に進学するなど立派な経歴を持つもある理由により定職についていないホン班長。些細なことにはじまり、ものの考え方まで正反対の2人は生き方も真逆で、出会った頃は反発を繰り返すのだが、次第に互いのことが気になり始める。

惹かれ合っているのだがなかなかうまくいかないもどかしさが、最大の見どころとなっている作品だ。

『海街チャチャチャ』

『海街チャチャチャ』 (画像出典:tvNdrama公式Instagram)

●出演:シン・ミナ、キム・ソンホ(キム・ソノ)他
●現在視聴可能なVOD: Netflix


海街チャチャチャ(動画出典:YouTube Netflix Japan)

キング・ザ・ランド

『キング・ザ・ランド』(JTBC/2023)は、スマイルクイーンと呼ばれるホテリエの女性が、笑顔を嫌うイケメン御曹司と繰り広げるロマンチックコメディー。

韓ドラロマンスの定番要素がギュッと詰まった本作は、予想の範囲内で物語が進んでいくが、それだけに安定感抜群。

「こういうのが観たかった」と思わせてくれるシチュエーションと展開で構成されており、序盤はやや幼稚だが思わずクスっと笑ってしまう2人のキュートでコミカルな衝突が見どころ。相性最悪に思えた男女が惹かれ合っていく過程が本作の醍醐味となっている。

『キング・ザ・ランド』

『キング・ザ・ランド』(画像出典:JTBC)

●出演:イ・ジュノ(2PM)、イム・ユナ(SNSD)他
●現在視聴可能なVOD: Netflix


キング・ザ・ランド(動画出典:YouTube Netflix Japan)

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(874件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs