• “二番手の男”は、韓国ドラマのロマンスジャンルに欠かせない登場人物の1人だ。
  • 特に主人公の恋のライバルという設定が多く、そうでない場合にも魅力的なキャラクターで物語を盛り上げる。
  • 本記事では、主演俳優に劣らないほど視聴者から熱い視線を浴びた二番手キャラを紹介する。

韓国ドラマのロマンスジャンルで欠かせない存在といえば、”二番手の男”。

メイン主人公ではないがその次に重要な役で、非常に魅力的なキャラクターであることが多く、主人公の恋のライバルとして登場するケースがほとんどだ。

別の設定の場合もあるが、物語をより一層ドラマチックにする役割を担っているのは共通しており、好演を繰り広げ視聴者の目に留まると、スター俳優への階段を上る役者も。

中でも時代劇は、身分の差などが複雑に絡まり二番手キャラの存在が、メインのラブラインや主人公に関係するストーリーを盛り上げ、多くの役者が注目を浴びてきた。

そこで本記事では、韓国ドラマ時代劇に登場する二番手のキャラクターに着目し、メインロールを飾る主演に負けず劣らず、視聴者の間で“派閥”ができるほど好評を得た役柄をドラマとともに紹介する。

『赤い袖先』カン・フン

『赤い袖先』(MBC/2021)は、国のために生きた王イ・サンと、自分の人生を生きようとした女官の切ないラブストーリー。

主演イ・ジュノとイ・セヨンの熱演はさることながら、2人に負けないほど視聴者に強い印象をのこしたのが、優しい目が印象的なイケメン俳優カン・フン。話題沸騰中の『いつかの君に』(Netflix/2023)で、アン・ヒョソプの恋のライバルとして登場している今注目の役者だ。

イ・サンの忠臣で温かなルックスを持ち女官の間では朝鮮最高の美男子と言われ人気があるのだが、そんな姿からは想像もできないほど内に野心を秘めており、イ・サンの信頼を独占しようと策略を立てるキャラクターを好演して、視聴者から熱い視線を浴びた。

カン・フンは、『赤い袖先』でホン・ドンノ役に扮した

『赤い袖先』でホン・ドンノ役に扮したカン・フン(画像出典:MBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT

『雲が描いた月明かり』ジニョン

『雲が描いた月明かり』(KBS2/2016)は、ある事情により男装して生きてきたラオンとツンデレ世子イ・ヨンの、身分違いの恋を描いたロマンス時代劇。

ジニョン(元B1A4)扮するエリート官僚キム・ユンソンは、ラオンが女性であることに真っ先に気づいた人物で、周囲にばれないようそっと守ってあげる姿が女性視聴者にトキメキをプレゼントした。

世子が恋のライバルで立場が弱いが、自分の身分や肩書を捨てる覚悟で一途にラオンを想う気持ちが印象的。イ・ヨンとは一味異なる魅力を発散している。

ジニョンは、『雲が描いた月明かり』でキム・ユンソン役に扮した

『雲が描いた月明かり』でキム・ユンソン役に扮したジニョン(画像出典:KBS)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・Rakuten TV

『花郎<ファラン>』 パク・ヒョンシク

『花郎<ファラン>』(KBS2/2016)は、新羅時代を背景に、花のように美しい王の親衛隊”花郎”たちの愛と成長を描いた青春ロマンス時代劇。

ワイルドな主人公ムミョンに対し、パク・ヒョンシクが演じたジディは、王という身分を隠して生きる孤独を抱えた人物で、全く異なる魅力を持つ2人が同じ女性を好きになるストーリーになっている。

2人の間で揺れるヒロインの姿が描かれているが、一部視聴者の間でもムミョン派とジディ派ができたほど、ジディはメインキャラであるムミョンに劣らない人気を得た。

また男同士の熱い友情を描き出した点や王として成長した姿も、観る者を釘付けにしたポイントだ。

パク・ヒョンシクは、『花郎<ファラン>』でジディ役に扮した

『花郎<ファラン>』でジディ役に扮したパク・ヒョンシク(画像出典:KBS)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・DMM TV
・FOD

『私の国』 ウ・ドファン

『私の国』(JTBC/2019)は、高麗末期に自分が理想とする国を目指して信念を貫く若者たちの奮闘、恋、友情を描いたロマンスアクション時代劇。

メインロールを飾ったのはイ・フィ役に扮したヤン・セジョンだったが、彼の親友でヒロインのヒジェを置いて三角関係となるもう1人の主人公ナム・ソノを演じたウ・ドファンの活躍も見逃せない。

母親が低い身分出身であることから父親に認められず心に傷を負っている心根の優しい人物で、イ・フィと考え方の違いから衝突するも最後まで友情を貫いた姿が印象的。本作の大きな見どころの1つとなっている。

ウ・ドファンは、『私の国』でナム・ソノ役に扮した

『私の国』でナム・ソノ役に扮したウ・ドファン(画像出典:JTBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・DMM TV
・FOD
・クランクイン!ビデオ
・Rakuten TV

『奇皇后』 チ・チャンウク

『奇皇后』(MBC/2013)は、”鉄の女”と呼ばれた奇皇后の生涯をモチーフに、高麗から貢女として元に連れてこられたヒロインが、異国の地で皇后にまで上り詰めた物語と、彼女を巡る2人の男性との愛を描いた歴史ロマンス。

メインとなるラブラインは、ヒロインと高麗王ワン・ユの切ない恋物語だが、そこにチ・チャンウク扮する元の皇太子タファンが加わりよりドラマチックに。

少年のように無垢で純粋な姿から、一途にヒロインを想う姿、権力に怯え震える姿まで様々な表情を魅せて物語を盛り上げた。

チ・チャンウクは、『奇皇后』でタファン役に扮した

『奇皇后』でタファン役に扮したチ・チャンウク(画像出典:MBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・TELASA

『恋慕』 ナム・ユンス

『恋慕』(KBS2/2021)は、王位継承者だった双子の兄弟の死により男装をして世子になったイ・フィの、波乱の人生を描いたロマンス時代劇。

見どころはなんといっても、イ・フィと彼女の師匠で初恋の人チョン・ジウンとの恋模様だが、恋の二番手として登場しているナム・ユンス扮するイ・ヒョンとの関係性も見逃せない。

自分の行動がイ・フィの命を脅かすかもしれないことを懸念し、恋心をグッとこらえて一線を引くキャラクターで、その姿が彼女への強い愛を感じさせる。自分の感情よりも好きな人の幸せを願う様が多くの視聴者を魅了した。

ナム・ユンスは、『恋慕』でイ・ヒョン役に扮した

『恋慕』でイ・ヒョン役に扮したナム・ユンス(画像出典:KBS)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(876件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs