• 現代社会は、便利で快適な生活が実現している反面、ストレス社会と言われ心に悩みを持つ人が多いと言われている。
  • 一度こじれると元に戻すのは困難を極める人間関係に、精神的負担を感じている人は多いのではないだろうか。
  • そこで本記事では、ストレスフリーな毎日を送りたい人のために、登場人物から処世術を学べる韓国ドラマの時代劇を5つ紹介する。
心に悩みを持つ人が多い・・

心に悩みを持つ人が多い・・ (画像出典:Pexels)

ゴールデンウィークが終わり、久しぶりの仕事で今週一週間憂鬱だった社会人は多いのではないだろうか。

長い休み明けに現実に引き戻される感覚は、いくら年齢を重ねても嫌なものだ。

しかも現代社会はストレス社会と言われ、職場における人間関係が深刻。上司や同僚などとどう付き合っていけばよいのか、出口のない悩みや葛藤、不安と向き合わざるを得ない日々が、またスタートしたとうんざりしている人もいるだろう。

それは専業主婦や学生も似たようなもの、ママ友や姑、同級生などとの付き合い方に戸惑いを感じているケースが。

しかしその一方で、良好な関係を築きストレスフリーな環境を自ら作り出していけるタイプがいるのも事実。そんな彼ら彼女らを羨ましいと思ったことはないだろうか。

そこで本記事では、登場人物から「処世術」が学べる韓国ドラマの時代劇を5つご紹介。

ドロドロとした宮中暗闘が繰り広げられる中、各キャラクターがどのようにしてのし上がっていくのか、複雑な人間関係に身を置きながら危機を乗り越える姿や失敗に終わるエピソードは、世渡り上手になれるポイントが盛りだくさんだ。

シュルプ (2022)

トラブルメーカーである皇子のために気品など捨て、激しい王室教育戦争に飛び込んだ王妃の、波乱万丈な宮中奮闘記。

権力闘争をベースに世子選びの戦いに参戦した母と子の物語で、謀略を巡らす大妃や大臣に怯むことなく毅然とした態度で立ち向かい、機転を効かせて形勢を逆転させていく主人公ファリョン王妃(キム・ヘス扮)の姿が圧巻の作品だ。

『シュルプ』

『シュルプ』(画像出典:キム・ヘス公式Instagram)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix


シュルプ

カンテク〜運命の愛〜 (2019)

王や王子の配偶者を選ぶ“揀択(カンテク)”という儀式をテーマにしたフュージョン時代劇。双子の姉を殺した犯人探しを目的に王妃になろうとするヒロインと、予知夢で彼女を見た王との宮廷ロマンスだ。

王とヒロインのラブストーリーがメインだが、王妃争奪戦を繰り広げる女の戦いも見所の1つ。揀択参加者でライバルである15人の女性陣の関係性が、どのように変化していくのか注目してほしい。

『カンテク〜運命の愛〜』

『カンテク〜運命の愛〜』(画像出典:2019-20 TV Chosun)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Rakuten TV
・TELASA
・FOD


カンテク〜運命の愛〜

花たちの戦い-宮廷残酷史- (2013)

自らの野望を果たすために国王を利用し世子を毒殺、世子嬪を陥れた朝鮮最高のファムファタールと言われる女性と、愛と権力を勝ち取るため自ら悪魔となっていった王の女たちの壮絶な泥沼バトルが繰り広げられた物語。

宮廷を舞台に激しい政治抗争をはじめ陰謀や駆け引き、男女の愛憎劇が描かれ、高い地位を手に入れたいという欲望が絡まり合って作り出された複雑な模様が、物語の行方をより一層ドラマチックにしている。

『花たちの戦い-宮廷残酷史-』

『花たちの戦い-宮廷残酷史-』(画像出典:JTBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
現時点で日本から視聴可能な動画配信サービスはない


花たちの戦い-宮廷残酷史-

ポッサム~愛と運命を盗んだ男~ (2021)

家門の没落により“ポッサム”(寡婦を連れ去って再婚させる風習)で生計を立てていた男が、誤って王女を誘拐したことから逆転する波乱万丈な人生と身分の差を超えた切ない愛の物語。

チョン・イルと少女時代(SNSD)のユリが描き出すラブストーリーを主軸に、野望に満ちた朝鮮時代の激しい覇権闘争も盛り込まれ、ロマンスに偏らない時代劇ならではの要素がふんだんに詰め込まれた作品だ。

『ポッサム~愛と運命を盗んだ男~』

『ポッサム~愛と運命を盗んだ男~』画像出典:KNTV、© MBN All rights reserved)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・TELASA


ポッサム~愛と運命を盗んだ男~

太陽を抱く月 (2012)

若き王と、彼の初恋相手で記憶をなくして生きる巫女の宮廷ロマンスファンタジーで、純愛ストーリーに朝鮮王朝の権力闘争が絡み合った物語。

王子フォン(キム・スヒョン扮)と惹かれあい、婚礼を目前にしていたヨヌ(ハン・ガイン扮)が原因不明の病で命を落とし2人の切ない恋物語がスタートするのも、権力争いによる陰謀が原因。

美しいラブストーリーの裏で、腹黒い政治を行い不正を繰り返し、なんとか力を得ようとすす者たちの姿も本作の大きな見所の1つとなっている。

『太陽を抱く月』

『太陽を抱く月』(画像出典:MBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix
・U-NEXT
・FOD
・Hulu


太陽を抱く月

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(966件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs