• 『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(tvN/2016)で共演したキム・ゴウンとコン・ユが、韓国のアウトドアブランドで共にモデルを務めることが分かり注目を浴びている。
  • 2人が描き出した切ないラブストーリーは、いまだ多くの人から愛されているようだ。
  • そこで本記事では、見返したいとは思いつつも時間がなく実現できていない人のために、たった1話で『トッケビ』の世界観を存分に味わえる第3話をご紹介。
キム・ゴウンは、韓国のアウトドアブランドDiscovery EXPEDITIONのモデルに抜擢された

韓国のアウトドアブランドDiscovery EXPEDITIONのモデルに抜擢されたキム・ゴウン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

キム・ゴウンが、韓国のアウトドアブランドDiscovery EXPEDITIONのモデルに抜擢された。

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(tvN/2016/以下、トッケビ)で彼女と共演したコン・ユが、2012年から現在まで広告モデルとして活動しているブランドだ。

久しぶりにトッケビカップルが揃うとして、ドラマファンの間で注目を浴びている。

それもそのはず『トッケビ』といえば、本国はもちろん世界各国で絶大なる支持を得た作品。

韓ドラのスケールやクオリティーに対する印象を大きく変えたドラマで、今もなお多くのファンが存在する。

それは日本も同様。いまだ根強い人気を誇っており、おすすめ作品として本作を取り上げるメディアも多数存在し、映画やドラマのレビューサービスfilmarks(フィルマークス)には、定期的に見たいという声が上がっている。

しかし見返したくても、実際には仕事や家事、学業で忙しくなかなか視聴できていない人は多いのではないだろうか。

そこで本記事では、全話見たいけど時間を確保できない人に、たった1話で『トッケビ』の世界観を満喫できる放送回をご紹介。

韓国の視聴者が印象に残るとして選んだ、第3話のエピソードを振り返る。

チ・ウンタク(キム・ゴウン扮)とキム・シン(コン・ユ扮)が出会い、互いの存在を意識しはじめ物語が大きく動き出した回だ。第2話では8.1%だった視聴率が12%に跳ね上がるほど好評を得た。

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(画像出典:tvN)

ストーリーは、借金取りに誘拐されたチ・ウンタクを、死神(イ・ドンウク扮)とキム・シンが救出するシーンからはじまる。

助けを求める彼女の前に、暗闇の中から映画のワンシーンのように登場した2人が印象的。連携プレーで、あっという間に誘拐犯に制裁を下しチ・ウンタクをピンチから救った。『トッケビ』ファンの多くが、かっこよかったという名シーンだ。

その帰り道では、3人によるコミカルなやりとりが繰り広げられ、以降随所に本作の魅力の1つであるクスッと笑えるシーンが多数登場していく。

チ・ウンタクは、死神とキム・シンに救出される

チ・ウンタクを、死神とキム・シンが救出するシーン(画像出典:tvN)

その他、キーパーソンとなる赤い服の女性や、チ・ウンタクとユ・ドクファ(ユク・ソンジェ扮)、『トッケビ』のもう1つのラブライン死神とサニー(ユ・インナ扮)の出会いなども描かれた。

そんな中、大きな見所となったのが物語終盤にチ・ウンタクがキム・シンの胸を指さし、そこに刺さった剣が見えると言った場面。

剣を抜いてもらい不滅の命を終わらせたいキム・シンにとって、彼女が重要な存在でかつトッケビの花嫁であることが判明した。

チ・ウンタクはそれとなく見える素振りをみせていたものの、キム・シンへの配慮から、何が見えるのかはあえて言及せずはぐらかしてきた。このため彼にとっては半信半疑の状態が続いていたのだが、このシーンで明らかとなったわけだ。

もちろんそれは視聴者も同じ。決定打となる彼女の一言に、驚きで鳥肌が立った人もいたのだとか。

チ・ウンタクが、キム・シンの胸に刺さった剣が見えると言ったシーン

チ・ウンタクが、キム・シンの胸に刺さった剣が見えると言ったシーン (画像出典:tvN)

海での2人も、見る者に強い印象を残した。

自らの人生を悲観して涙し、雨に濡れながら天国の母親に話しかけていたチ・ウンタクに、キム・シンがそっと傘をさし、別れの挨拶をして頭を撫でる一連の場面だ。

彼はこの時、自分が憂鬱だと雨が降り、気分が晴れると雨が上がることを説明。『トッケビ』らしい詩的な表現は、切ないOSTと共に物語の世界観を完成させたと言っても過言ではない。

見返したいと思いながらも実現できていない人は、今夜久しぶりにサクッと第3話を見て、『トッケビ』を堪能してはいかがだろうか。


OST『Beautiful』 MV (ENG Sub)

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(969件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs