• SBSが2022年に、韓国の地上波テレビ局3局の中で平均視聴率トップに輝いた。
  • 日本の韓ドラファンにはケーブル局のtvNやJTBCが話題作は輩出してきたイメージがあるが、地上波ではSBSがワントップを誇っている。
  • そこで本記事では、『ペントハウス』など2020年以降に高視聴率を連発し、韓国中を熱狂させた名作を5つ紹介。

日本ドラマの人気枠といえば、某地上波テレビ局の“月9”が有名です。

“月9の作品なら面白い”というイメージが多くの人に定着しています。

では、韓国ではどの地上波テレビ局が話題作を輩出し、視聴者から高い支持を得ているかご存じですか?

それはズバリSBS。KBSとMBCを含めた地上波3局の中ではダントツで愛されており、それを立証するかのように2022年の平均視聴率ではトップに輝くという功績を残しました。

また、唯一の勝ち組だとの評価も。なぜならKBSは中年女性向けの週末ドラマやホームドラマが人気を得ていますが、その他のジャンルではSBSに押され気味。MBCに至っては、残念ながら論外だという評価を受けているから。

韓ドラファンにとっては、不朽の名作『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(2016)を生み出したtvNや、大ヒット作『夫婦の世界』を手掛けたJTBCというケーブル局に話題作が集中している印象を持つ人が多いはず。

しかし実はSBSにも名作は多く、地上波でみると同局がワントップなのです。

それだけに、高視聴率を連発した作品が数多くあり、本記事ではそんな人気作を5つご紹介。2020年以降のものに限定してピックアップしました。

韓国中を熱狂させたドラマが勢揃いしています。

ペントハウス (2021)

満たされない歪んだ欲望で、地価トップの高級住宅、最高の教育現場で起きるサスペンス復讐劇。

韓国ドラマのヒットメーカーと言われるキム・スンオク作家が脚本を務め、ユジンやキム・ソヨン、イ・ジアなど錚錚たる女優陣をはじめとする役者陣が、個性の強いキャラクターを演じきりドロドロとした世界感を見事に描き出しました。

パート3まで放送された本作は全シーズン大好評を受けましたが、中でも高視聴率を記録したのが第2弾の『ペントハウス2』。最高視聴率は29.2%でした。

『ペントハウス2』

『ペントハウス2』(画像出典:SBS)

●2023年3月現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・TELASA
・Rakuten TV


ペントハウス2

浪漫ドクターキム・サブ2 (2020)

SBSの人気シリーズといえば、『ペントハウス』に負けないのが『浪漫ドクターキム・サブ』。

シーズン2まで放送が終了している本作は、今年4月28日にシーズン3がスタートする予定で、ドラマファンから大きな期待が寄せられています。

なぜならシーズン1の人気に続き、シーズン2も成功裏のうちに最終話を迎えたから。なんと最高視聴率は27.1%でした。

地方にあるトルダム病院を背景に繰り広げられる“本物のドクター”の物語。ハン・ソッキュ扮する天才外科医と、アン・ヒョソプ&イ・ソンギョン演じる若手医師たちの活躍を描いたヒューマン医療ドラマです。

『浪漫ドクターキム・サブ2』

『浪漫ドクターキム・サブ2』(画像出典:SBS)

●2023年3月現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Netflix
・TELASA
・Rakuten TV
・FOD


浪漫ドクターキム・サブ2

ストーブリーグ (2019)

野球選手ではなく球団を運営する“フロント”に焦点を当てた本作は、監督及び選手の移籍や加入、契約更新など、野球団の来シーズンに向けた準備の裏側を描いた痛快ヒューマンストーリー。

歴代のスポーツドラマで最も良い成績を残し、最高視聴率は19.1%でした。

主演はナムグン・ミンが務め、プロ野球の落ちこぼれ球団に赴任したGM(ゼネラルマネージャー)を担当、常に熱心で人間味溢れる運営チームのイ・セヨン役をパク・ウンビンが演じています。

『ストーブリーグ』

『ストーブリーグ』(画像出典:SBS)

●2023年3月現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix
・Amazon Prime Video
・TELASA
・Rakuten TV
・Hulu
・クランクイン!ビデオ


ストーブリーグ

復讐代行人~模範タクシー~ (2021)

「正義が消えた社会、電話1本でOK」というベールに包まれたタクシー会社“ムジゲ(虹)運輸”とタクシー運転手のキム・ドギ(イ・ジェフン扮)が、無念の被害者に代わり復讐をする復讐代行劇。

映像の1部に過激なシーンがあることからR18指定となったにもかかわらず、最高視聴率は16.0%を叩き出し、高い人気を誇りました。

主演イ・ジェフンをはじめとする個性豊かな俳優陣の熱演が、作品の魅力のひとつとなっており、意表を突く容赦ない復讐劇が視聴者に痛快感を届けた作品です。

ちなみに現在は、シーズン2が放送中で最新話の第10話で、すでに視聴率17.7%を記録しています。

『復讐代行人~模範タクシー~』

『復讐代行人~模範タクシー~』(画像出典:SBS)

●2023年3月現在視聴可能な動画配信サービス:
・Amazon Prime Video
・TELASA


復讐代行人~模範タクシー~

ハイエナ (2020)

放送終了後に続編を期待する人が多かった本作は、最高視聴率14.6%を記録した法廷ドラマ。
上位1%の有力者をクライアントに持つ2人の弁護士が、生存競争の激しい法曹界で、生き残りをかけて闘志を燃やす物語です。

主演を務めたのは、ベテラン女優のキム・ヘスと演技力に定評のあるチュ・ジフン。両者の息の合った掛け合いが好評を得て高い支持を得ました。

その他、作家や監督、役者陣の組み合わせをはじめ音楽まで、物語を構成するものの全てが調和した世界感に高評価した人もいます。

『ハイエナ』

『ハイエナ』(画像出典:SBS)

●2023年3月現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix


ハイエナ

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(880件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs