ドラマ『冬のソナタ』『チャングムの誓い』『天国の階段』‥”第一次韓流ブーム”と呼ばれた2000年~2010年頃は、日本の地上波メディアで多くの韓国ドラマが放送されていた。”復讐、悲劇、すれ違う恋”など、ストーリー展開が予想できるのに、なぜだか心に突き刺さり、涙が止まらなくなる。”ヨン様ブーム”が日本を席巻してから、今年で16年が経ち、当時の主演や脇役、子役たちももちろん近況はそれぞれだろう。そんな当時活躍していたアイドルや俳優にスポットをあてる【韓ドラAgain】! 皆さんの気になっているあの人は、今どうしているのでしょう?

韓国ドラマといえば時代劇は欠かせない。
14年前に放送された時代劇『朱蒙(チュモン)』は、平均視聴率40.98%、最高視聴率52.67%、韓国人の半数が見たと言われる伝説のドラマだ。

ドラマ『朱蒙(チュモン)』

ドラマ『朱蒙(チュモン)』(画像出典:MBC広報部)

2007年4月に、日本では衛星チャンネルのBSフジで放送されていた『朱蒙』。全81話という長編にも関わらず、視聴者からの強い要望で8月からは毎週月曜から金曜の午後2時より、地上波のフジテレビで放送されていた。『朱蒙』は、それほど日本でも人気を博した韓国時代劇の国民的大ヒット作だ。

ヒョンビン主演ドラマ『雪の女王』

『朱蒙』の裏番組では、『雪の女王』が放送されていた。(画像出典:namu.wiki)

韓国で『朱蒙』が放送されている時、裏番組では今『愛の不時着』で再び話題をさらっている人気俳優のヒョンビンが主演していたドラマ『雪の女王』が放送されていた。しかし、全く太刀打ちできないほど『朱蒙』の人気は圧倒的で、最高視聴率52.67%をたたき出し、韓国歴代トップとなる35週連続で視聴率1位を記録している。

高句麗(こうくり)時代を中心に構成された最初の時代劇で、このドラマがヒットしたことにより、その後三国時代(高句麗、百済(くだら)、新羅(しらぎ))を扱った時代劇が多く制作されるきっかけとなる。さらに2009年までは三国のうち、高句麗を扱った時代劇が多く”高句麗ブーム”が起こっていた。

また、今ではよく見かけるファンタジー要素を加えたフュージョン時代劇だが、このドラマが最初の”フュージョン時代劇ブーム”を巻き起こした作品でもある。

あらすじ

ハン・ヘジンとソン・イルグク

ソソノ役を演じたハン・ヘジン(左)とチュモン役を演じたソン・イルグク(右)(画像出典:MBC広報部)

紀元前108年、古朝鮮国が内紛により崩壊し、古朝鮮国の若き英雄ヘモス(ホ・ジュノ)は、国を失った流民(ルミン)たちで編成されたタムル軍を率いて漢に対抗する。しかし、結局漢に侵略され滅亡。戦いで重傷を負ったヘモスは、河伯(ハベク)族の娘ユファ(オ・ヨンス)に出会い助けられ、恋に落ちる。そしてユファは、ヘモスの子供を授かる。

しかし、ヘモスをかくまった罪で河伯族は皆殺しにされてしまう。また、漢の圧力に屈した扶余(プヨ)の王ヘブルの裏切りを知った息子のクムワ(チョン・グァンリョル)はヘモスを助けようとするが、ヘモスは崖から川へ転落し行方不明に。ヘモスを失い悲しむユファを、クムワは側室に迎え入れ、親友の忘れ形見であるチュモン(ソン・イルグク)を養子にする。

20年後。チュモンは意気地なしの軟弱者へと成長していた。ある日、養父クムワの命令で、兄のテソ(キム・スンス)、ヨンポ(ウォン・ギジュン)と共に、扶余の神器と言われるタムル弓を見るために始祖山へと向かうことに。しかし父の寵愛を受けているチュモンが煩わしいと感じていた2人は、チュモンを殺すべく湿地帯に置き去りにしてしまう。

しかしチュモンは、偶然通りかかったソソノ(ハン・ヘジン)に命を助けられる。そのことがきっかけでソソノはチュモンが気になり、チュモンもソソノに好意を抱くように。その後、再び兄たちの策略で宮中から追放されてしまったチュモンは、偶然出会った盲目の男性、ヘモスを実父であると知らずに師匠と慕いながら武術を学び、その腕を上げていくのだった。

みどころ

総製作費400億ウォンが投資されたこのドラマ。美術・衣装などの費用は総額55億ウォンとも言われており、その圧倒的リアルさも1つのみどころだ。しかしなんと言ってもこのドラマは、男性もハマれるサクセスストーリー。1人の軟弱な若者が徐々に強く、芯のある人間に成長していく姿に目が離せなくなる。

思わず自分と重ね合わせてしまう、そんな主人公チュモンが祖国再建のために成長していく点が最大のみどころだ。また、チュモンの周りには3人の美女が登場するが、最終的にチュモンが誰と結ばれるのかも、このドラマを見ながら気になるところだろう。全81話という、かなり長いストーリーにも関わらず、次々に展開されていくエピソードのおかげで中だるみすることもなく、登場人物に感情移入しながら緊張感を保ったまま、最後まで楽しめる作品だ。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース