日韓で人気を集めている、韓国ドラマ『二十五、二十一』。クライマックスを目前に控えた第14話では、あるキャラクターが外国籍に帰化するシーンが登場。これに対し、韓国のインターネット上では激論が繰り広げられている。一部のネットユーザーからは「売国奴だ」という反発的な意見が、この一方で「その気持ちも分かる」という肯定的な意見も見られ、双方が真っ向から対決。その背景には、あるスポーツ選手が影響しているようだ。

日韓で人気を集めている韓国ドラマ、tvN(Netflix)ドラマ『二十五、二十一』。

韓国ドラマ『二十五、二十一』は日本でも話題沸騰中

日本でも話題沸騰中の韓国ドラマ『二十五、二十一』。(画像出典:tvN)

去る27日に放送された第14話では、フェンシング選手のコ・ユリム(宇宙少女ボナ)が、ロシアに帰化する姿が描かれた。

続きを読む

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs