2021年も、韓国ドラマ界では様々なドラマが誕生した。中でも大ヒットを記録した、韓国ドラマの高視聴率、1位から5位までの作品を紹介していこう。

もはや”視聴率がものを言う時代”は終わっている。

現在、ドラマや映画で世界のファンを魅了している韓国ドラマ界でも、同じ事が言えるだろう。

スマートフォン普及率95%を誇る韓国では、VODでドラマを見たり、再放送専門のモバイルアプリを使って視聴したりと、映像コンテンツを楽しむオプションが増えている。

近年の韓国ドラマ界では、視聴率1桁を記録するドラマが大半であり、2桁の視聴率を記録すればもはや”ヒット作”に分類される。

(関連記事) 韓国ドラマ『わかっていても』 視聴率惨敗がもたらす青春ドラマ ‘消滅の危機’

だからなのか、必ずしもリアルタイムの視聴率=人気のバロメーターではないという見解が、説得力を増している。

視聴率より”ネットの話題性”を重視する傾向も、ここ最近顕著になっている模様だ。

とは言え、VODやモバイルアプリの”集計”がいまだに不透明なところが多いため、各メディアは、人気ドラマの選別基準として”視聴率”に頼らざるを得ないのも事実。

メディアに取り上げられる頻度が増えれば、自ずと話題性も上がるという好循環が生まれるため、スポンサーが生命線であるテレビ局としては、視聴率低下は死活問題につながる。

2021年も様々なドラマが世に誕生し、視聴者を喜ばせた。

今回は、1桁視聴率時代を迎えた韓国ドラマ界で、高い視聴率を叩き出したドラマ5作を紹介する。

※韓国の視聴率調査会社、ニールセンコリア集計の視聴率を参照

『オー!サムグァンビラ(原題)』27.8%

『オー!サムグァンビラ』

『オー!サムグァンビラ』(画像出典:KBS)

放送期間:2020年9月~2021年3月

イ・ジャンウ、チン・ギジュ、チョン・インファ、ボナ(宇宙少女)らが出演した、全50話のKBS週末ドラマである。

本作は、それぞれに事情を抱えた住人たちが、アパート”サムグァンビラ”で共に生活する中で親交を深め、心を開いていくヒューマンラブストーリー。

演出のホン・ソックが、『お願い、ママ(2015)』の脚本を手掛けたユン・ギョンアと『完璧な妻(2017)』以来のコンビを組んだことでも話題を呼んだ。

“週末ドラマのプリンス”とも呼ばれるイ・ジャンウと、『ここに来て抱きしめて(2018)』での熱演が光った、チン・ギジュが繰り広げるロマンスにも注目が集まった。

2人は本作で『2020 KBS演技大賞』の”ベストカップル賞”を受賞、また”長編ドラマ 優秀演技賞”の男性部門・女性部門ともに受賞するなど、その人気を証明した。

『ペントハウス2』22.2%

『ペントハウス2』

『ペントハウス2』(画像出典:SBS)

放送期間:2021年2月~同年4月

瞬間最高視聴率が、30%超えの大ヒットシリーズ『ペントハウス(2020)』の続編。

『製パン王キム・タック(2010)』のユジン、『IRIS -アイリス-(2009)』のキム・ソヨン、『被告人(2017)』のオム・ギジュンなど、演技派俳優らが集結し、復讐劇を展開した。

超高級タワーマンションを舞台に、入り乱れる結託と裏切り、そして復讐が渦巻く衝撃的な物語が描かれている。

観る者を引き込む、サスペンスドラマの定番要素を存分に盛り込んだことが、ヒット要因の一つとなった。

『皇后の品格(2018)』などを手がけた脚本家、キム・スノクならではの手法で、刺激的な素材を混ぜ合わせ、緊張感を抱かせる本作は、シーズン3まで続く。

『ピオラ花店の娘たち(誰が何と言っても)』 19.7%

『ピオラ花店の娘たち(誰が何と言っても)』

『ピオラ花店の娘たち(誰が何と言っても)』(画像出典:KBS)

放送期間:2020年10月~2021年3月

『たった一人の私の味方』ナ・ヘミ、『あなたが憎い!ジュリエット(2019)』チェ・ウン、『女の秘密(2016)』ジョンホン主演の、全120話構成の週末ドラマ。

両親が離婚、再婚した家庭の子ども達が、世の中の偏見を乗り越えて恋に仕事に奮闘する姿が描かれた、サクセス・ラブストーリーである。

“再婚”が、親にとっては自身の幸せのための選択であっても、子どもたちにはそれが同等の幸せだとは限らないということを、まざまざと見せつけた作品だ。

それでも苦難や偏見に負けず、時に人間関係に翻弄されながらも、自分たちの幸せのために頑張って生きる姿が胸を打つ。

『ペントハウス』16.4%

『ペントハウス』

『ペントハウス』(画像出典:SBS)

放送期間:2020年10月~2021年1月

社会現象級の大ヒットを巻き起こした『ペントハウス』のシーズン1は、今年の視聴率ランキング4位にランクインした。

瞬間最高視聴率は、31.1%を記録。

衝撃的なラストシーンが話題を呼んだ。

シーズン1~3まで、出演者の大幅な変更はなく、精巧に凝った脚本と、没入感を与える演出、そして俳優陣の安定した演技力で、物語にハマる人が続出した。

『復讐の花束をあなたに』16.0%

『復讐の花束をあなたに』

『復讐の花束をあなたに』(画像出典:KBS)

放送期間:2020年9月~2021年2月

本作は、最高視聴率が23.4%、同時間帯視聴率1位を記録。

『愛はぽろぽろ(2016)』など、大ヒット愛憎劇に相次いで出演しているカン・ウンタク、『被告人(2017)』のオム・ヒョンギョン、『愛よ、お願い(2019)』のイ・チェヨンなど、豪華共演が注目を集めた。

資産も家族も愛も、全てをある女に奪われた男が、自らの幸せを奪った女や全ての人に復讐を果たしていく、愛憎復讐劇。

中毒性の高いテーマで視聴者の心を鷲掴みにした本作は、同時間帯の同枠ドラマでは、3年ぶりに視聴率20%越えを果たすなど、数々の記録を打ち立てた。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース