現在、日本のドラマファンを沸かせているのが、Netflixで配信中の韓国ドラマ『未成年裁判』だ。作品を見た視聴者からは多くの反響を得ており、Netflixデイリーランキングでもトップに輝くほど。衝撃的な内容とヒューマンドラマが混ざり合った本作に、さらに驚きの事実があるという。それはあるキャラクターを演じた俳優についてのようだ。

日本のNetflix(ネットフリックス)ランキングを賑わせている、韓国ドラマ。

最近、特に話題なのが『未成年裁判』だ。あまりの面白さに、一気に見てしまったという視聴者を続出させている。

Netflixオリジナルシリーズ『未成年裁判』

Netflixオリジナルシリーズ『未成年裁判』(画像出典:Netflix Korea公式Instagram)

このドラマは、少年犯を嫌悪する判事シム・ウンソクが、ある地方裁判所の少年部に赴任したことで向き合う少年犯罪と、彼らを取り巻く判事の物語を描いている。

シム・ウンソクは、複雑な事件を扱い、少年犯に対する嫌悪感を抱きながら、正義と刑罰に対する固い信念の間でバランスを取っていく人物。

ドラマ『シグナル(2016)』や『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム-(2020)』などで優れた演技力を見せてきたトップ女優のキム・ヘスが扮する。

韓国での人気はもちろん、日本でもデイリーランキング第1位に輝き、その話題性は抜群。日本のニュースサイトでも多く取り上げられている。

本作を見た日本の視聴者からは「キム・ヘスの迫力ある演技がすごい!」「子役の演技が上手すぎて気味悪いほど」と俳優らを称賛する声から、「それぞれの事件で考えさせられた」「少年法という社会問題が興味深かった」「子育て中にはキツイ‥」「大人と子ども、それぞれの立場や環境‥親として考えさせられることばかりだった」など、深いストーリーについてのコメントが多く見られている。

視聴者にこれほど大きな衝撃を与えた『未成年裁判』。本作は、少年法と刑事未成年者制度をテーマに描かれており、韓国で実際に起きた少年犯罪をベースに作られているストーリーもあるという。

このキャラクターに驚きの事実が?視聴者を震え上がらせた、少年ペク・ソンウ

視聴者を震え上がらせた、少年ペク・ソンウ。このキャラクターに驚きの事実が?(画像出典:Netflix Korea公式Instagram)

しかし、驚きを与えたのはストーリーだけではない。ここに出演している俳優にも驚きのエピソードがあった。

劇中、残忍な犯罪に手を染めた未成年者が多く出てくるのだが、特にインパクトを与えた”少年犯”は、第1話に登場したペク・ソンウだろう。

視聴者を震え上がらせた少年ペク・ソンウ。このを演じたのは俳優のイ・ヨンという人物だ。

イ・ヨンは、幼さが残る顔と小柄な体型から10代の少年役を演じたのだが、実は1995年生まれの27歳(日本年齢)だという。

さらに驚くのは、中性的な魅力を持ち、ドラマではまるで男子学生のように見えたイ・ヨンは、実は”女性”。つまり女優なのだ。

ドラマの中では、変声期を迎えていない少年にしか見えなかったが、実は大人の女性が演じていたのだ。少年らしいあどけない外見に、それとは対照的な内面、狂気を見事に演じ切った女優のイ・ヨン。

韓国女優のイ・ヨン

韓国女優のイ・ヨン(画像出典:イ・ヨン公式Instagram)

女優のイ・ヨンは、『D.P.-脱走追跡官-』(左)、『未成年裁判』(右)と、続けざまに話題作に出演

『D.P.-脱走追跡官-』(左)、『未成年裁判』(右)と、続けざまに話題作に出演した(画像出典:Netflix Korea公式Instagram)

彼女はこれ以前、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『D.P.-脱走追跡官-』で、主人公アン・ジュノ(チョン・ヘイン)の妹として出演している。

話題作に続けざまに出演し、変幻自在にあらゆるキャラクターを演じられる女優イ・ヨンは、今後注目すべき次世代若手スターと言えるだろう。

(関連記事)Netflix『未成年裁判』第1エピソードは実話だった‥猟奇的な事件の真相とは


『未成年裁判』予告編(動画出典:Netflix Japan)





韓国俳優 最新記事はこちら(2910)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs