韓国女優のチェ・ジョンユンが結婚10年目にして離婚を決意した。夫が財閥一族であることから”財閥家の嫁”と呼ばれてきたチェ・ジュンユン、その心境は複雑だったようだ。婚姻中に彼女が秘めてきた想いと共に、夫であるユン・テジュン氏の経歴にも注目が集まっている。

『屋根部屋のネコ(2003)』『烏鵲橋の兄弟たち(2011)』『清潭洞スキャンダル(2014)』などでお馴染みの韓国女優、チェ・ジョンユンが、約10年続いた結婚生活にピリオドを打つ。

チェ・ジョンユンは現在、夫であるユン・テジュン氏との離婚手続きを静かに進めているという。

所属事務所側は「チェ・ジョンユンが離婚手続きを進めているは事実だ」とし「プライベートなことだけに詳細は確認できていない」と伝えている。

離婚を決意した女優のチェ・ジョンユン

離婚を決意した女優のチェ・ジョンユン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

このニュースを受け、韓国では夫ユン・テジュン氏に対しての関心が高まっているようだ。

チェ・ジョンユンの夫、ユン・テジュン氏は、財閥家の一員であり、繊維・衣類メーカー社の2大株主でもあるというセレブな人物。

財閥一族として知られるユン・テジュン氏だが、実は意外な過去を持っている。

実は彼、1998年に第1世代アイドルグループ、イーグルファイブのメンバーとして活躍を見せた、元アイドルなのだ。

イーグルファイブ

イーグルファイブ 真ん中上がユ・テジュン氏(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

第1世代アイドルと言えば、韓国芸能界に新しいアイドルの概念を植え付けた存在だ。彼らの活躍により、優れたビジュアルやダンスを披露するグループが増え、現在、世界中で活躍を見せるK-POPアイドルのスタイルを確立したと言われている。

ユン・テジュン氏は、イーグルファイブで約1年ほど活動した後、芸能界を引退し米国に留学。韓国に帰国後は、フランチャイズ、エンターテインメント事業などを手がけてきたという。

その後、チェ・ジョンユンと出会い縁を結んだ。

チェ・ジョンユンとユン・テジュン氏は4歳差の年上年下カップルで、2011年に結婚し、2016年に第1子を授かっている。

離婚報道を機に夫の意外な過去に注目が集まった

離婚報道を機に、夫の意外な過去に注目が集まった(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

順風満帆な人生を歩んでいるような彼であるが、こんな過去も。

繊維・衣類会社の社長に就任した2017年、株価操作で40億ウォン余りの不当利益を得た容疑で逮捕され、同年9月に懲役3年を求刑された。その後、10月にソウル南部地裁で開かれた一審公判で、懲役1年6カ月、執行猶予3年、罰金5億ウォンを言い渡された後、釈放されている。

この影響を受け、チェ・ジョンユンはしばらく活動を中断し、2019年に女優活動を再開している。

また、チェ・ジョンユンは結婚後、夫が財閥2世という点から”財閥家の嫁”や、”清潭洞の嫁”といった修飾語で呼ばれてきた。

*清潭洞:ソウル市江南区にある高級住宅街

彼女は昨年に放送されたバラエティー番組で「清潭洞の嫁と言われるが、清潭洞に住んだこともなく、自分の車もない」とし、「自分もいつも一生懸命生きてきたし、大人たちの助けを受けたこともない。だが、人からは後ろ盾があるように見えるようで、悔しい思いをする時もあった」と心境を語っていた。

当時、チェ・ジョンユンは5年間もの”ワンオペ”育児で、うつ病と診断されていた。

番組で家族心理メンターを務めた博士は、「夫の育児に全く助けられず参加していない状況に対する心の寂しさと不便さ、母親として十分幸せだが、一方で無念な気持ちがある」と分析し、チェ・ジュンユンの状況を心配していたほどだ。

財閥一族として、さらに元アイドルとしても大衆に顔を知らせていた、チェ・ジュンユンの夫。

華やかな経歴を誇る夫とは、残念ながら離婚を決意したようだ。チェ・ジュンユンはその理由をまだ明らかにしていないが、彼女が離婚を決意した裏には様々な思いがあったと見られている。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース