韓国で10月13日に初回放送を控えているJTBCドラマ『あなたに似た人』。”ガスライティング”をテーマにしたドラマであると予測される中、主演を務めるコ・ヒョンジョンの娘役に、かつての”コン・ユの娘”キム・スアンが抜擢されている。

韓国の人気俳優、コン・ユのファンなら”必見作品”と言われている映画『新感染 ファイナル・エクスプレス(原題:釜山行)』。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

コン・ユ主演の映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(画像出典:NEXT ENTERTAINMENT WORLD CO. LTD.)

2016年に公開された同作は、ソウルから釜山(プサン)へ向かう*KTXの中で起きた”惨劇”を描いた作品だ。

その”惨劇”とは、ゾンビの出没。コン・ユは幼い娘を守るため、ゾンビの大群と死闘を繰り広げるソグ役を熱演した。

コン・ユの縦横無尽なアクションシーンは見ものだが、彼の娘を演じたかわいらしい子役も、注目を浴びていた。

彼女の名は、キム・スアン。2006年生まれで、早くも今年15歳(日本年齢)となった。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の大ヒット以降、ソン・ジュンギ、ソ・ジソブといったトップスターと共演した『軍艦島(2017)』、ハ・ジョンウ主演の『神と共に 第一章:罪と罰(2017)』でも熱演を見せ、韓国No.1の子役俳優として、ポストを固める。

しかしそれ以降は、2作の映画に出演するもスポットライトは当たらず、やがて”時の人”に‥。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』キム・スアン

『新感染 ファイナル・エクスプレス』でコン・ユの娘役を演じたキム・スアン(画像出典:Youtubeスクリーンショット)

そんな彼女の近況が伝えられ、最近話題となった。

来る10月13日、韓国で初回放送を控えているJTBCドラマ『あなたに似た人』で、主演のコ・ヒョンジョンの娘役に抜擢されたのだ。

JTBC新作ドラマ『あなたに似た人』

コ・ヒョンジョン主演のJTBC新作ドラマ『あなたに似た人』(画像出典:JTBC)

制作側が公開したドラマコンセプトは「妻と母という肩書きを捨て、自身の欲望のために生きた女と、その女に出会い自身の人生が”助演”になった、もう1人の女」。

今年、韓国で流行語になった”*ガスライティング”をテーマにしたドラマではと予測される中、主演のコ・ヒョンジョンと、もう1人の主演であるtvN『賢い医師生活』のギョウル役でお馴染みのシン・ヒョンビンの演技対決にも注目が集まっている。

*ガスライティング:心理的虐待の一種。被害者に些細な嫌がらせをしたり、わざと誤った情報を伝えたり、被害者が自身の記憶や知覚、正気、または自身の認識を疑うよう仕向ける手法(出典:Weblio辞書)。

(関連記事)なぜ母は子を亡くした病院を訪ね続けるのか‥胸が詰まる『賢い医師生活2』第1話

そしてキム・スアンは、コ・ヒョンジョン演じるチョン・ヒジュの娘役として出演が決定。

これに先立ち、去る7月に所属事務所のBlossom(ブロッサム)エンターテインメントは、彼女のプロフィール映像を公開した。

キム・スアン プロフィール映像

キム・スアン プロフィール映像

画像出典:Blossomエンターテインメント

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『軍艦島』での面影は薄っすらと残っているものの、15歳の清純さと、子役で培った貫禄が感じられる。

“コン・ユの娘”として一世を風靡したキム・スアン。まだあの時の”子役”のまま彼女を記憶している人が多いと思われるが、”女優”としてすくすく成長中だ。


キム・スアン プロフィール映像(動画出典:Youtube)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース