7月19日、韓国では第1回『青龍シリーズアワード』が開催され、Netflixオリジナルシリーズ『D.P.』が最優秀作品賞を受賞した。リアルな軍の内情を描いたとして、大きな話題を集めたが、そんな物語の立役者の一人が、俳優のキム・ソンギュンだろう。今回は、彼のフィルモグラフィーを少し覗いてみる。

Netflixオリジナルシリーズ『D.P.』が、第1回『青龍シリーズアワード』で最優秀作品賞を受賞した。

第1回『青龍シリーズアワード』で最優秀作品賞を受賞した『D.P.』

『D.P.』が第1回『青龍シリーズアワード』で最優秀作品賞を受賞した。(画像出典:Netflixkr 公式Instagram)

7月19日、韓国で開催されたこのアワードは、国内初のOTTオリジナルシリーズ専門授賞式だ。

これから、新たに歴史を作るだろう授賞式の、1番初めに“最優秀作品”として名を刻んだのが、『D.P.』だった。

本作は、脱走兵を捕まえる*陸軍憲兵隊傘下の“軍務離脱逮捕組(D.P.)”を題材にしたもので、軍内で起こっている暴力や暴言、パワハラや人権問題をリアルに描いた衝撃的な作品である。

blank

*陸軍憲兵隊:主に軍隊内部の秩序維持と、交通整理を任務とする部隊。軍事警察とも呼ばれる。

放送が開始されると韓国内で大きな反響を呼び、当時のことについて告発する者や、法律の見直しを訴えるなど、現実社会を動かすほどの影響力を与えた。

チョン・ヘイン、ク・ギョファンをはじめ、ソン・ソック、チョ・ヒョンチョル、ヒョン・ボンシクなど手練れ俳優が顔を揃え、物語のリアリティーを深めている。

そして、チョン・ヘインとク・ギョファンの上司、憲兵隊捜査課軍務離脱担当官、パク・ボムグを演じたのが、キム・ソンギュンだ。

パク・ボムグは、部下の手綱を持ちながらも、やりたいようにやらせた理想の上司

キム・ソンギュン演じるパク・ボムグは、部下の手綱を持ちながらも、やりたいようにやらせた理想の上司!(画像出典:Netflixkr 公式Instagram)

本編最終話では、組織に歯向かったために公命罪で懲戒処分を受けていたが、『D.P.2』ではどんな立場で登場するのか気になるところ。

キム・ソンギュンという名前だけでは、韓国ドラマファンでもピンとくる人が少ないかもしれないが、顔を見れば「あ!」と思うだろう。彼は、tvN『応答せよ1994(2013)』『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜(以下、応答せよ1988)/2015)』でお馴染みの“あの”人物である。

現在42歳(日本年齢)のキム・ソンギュンは、老け顔で強面のため、実年齢より上の役を演じることがしばしば。

それが最も顕著だった役は、『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』のキム・ソンギュン役だ。本作は親役がほぼ実名のため、ここでは便宜上役の方をキム・ソンギュン2とする。

『応答せよ1988』

日韓で超人気作となった『応答せよ1988』。(画像出典:tvN)

『応答せよ1988』はノスタルジックドラマだからか、公式ホームページの人物紹介には、メインキャストの生まれ年(劇中の現代の年齢も)が記載されているという、ドラマではかなり珍しい記述がある。

キム・ソンギュン2のプロフィールを見てみると、1944年1月29日で1988年当時は44歳。そして、キム・ソンギュンが本作に出演した当時の実年齢は35歳で、9歳も年上の人物を演じていたのだ。

また、妻役のラ・ミランの実年齢は当時40歳、役柄ではキム・ソンギュン2の1つ上で45歳という設定だった。

さらに息子役のリュ・ジュンヨルとアン・ジェホンは共に1986年生まれで、彼らとは6歳しか年が離れていないにもかかわらず、“父親役”を担うことに。

6歳しか違わない共演者の父親役を演じたキム・ソンギュン

35歳当時に、44歳となって6歳しか違わない共演者の父親役を演じたキム・ソンギュン。(画像出典:tvN)

しかし、見た目だけで言えば、あまり違和感がないというのが正直なところである。

そしてこんなエピソードも。

キム・ソンギュンは、2012年に映画『悪いやつら(邦題)』でスクリーンデビューを果たしたのだが、その風貌がいわゆる“本物の反社会組織の人”と間違われたのだという。

『悪いやつら』

『悪いやつら』出演時、キム・ソンギュンは本物の反社会組織に属する人物と間違えられたという。((C)2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND PALETTE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.)

本作を手掛けたユン・ジョンビン監督曰く「映画を観た私の周りの人々が、“監督、本物の暴力団組織の人に、出演オファーをしてどうするんですか”と言ってきた」と後に語り、さらに俳優のパク・チュンフンも作品を観た後に、ツイッターで同じような発言をしていたと振り返っている。

見る者を勘違いさせるほど、本物さながらの貫禄と外見を装備していたのは、実に32歳の時である。

役を脱いでしまえば、年相応の雰囲気を持っているだけに、彼のカメレオンぶりが窺える。

ドラマに映画にと多忙な日々を過ごしているキム・ソンギュンが、次に見せてくれる風貌や役柄はどんなものなのか。

視聴者や観客は、意図せず彼の魅力に憑りつかれてしまっている。





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs