韓国で90年代に人気モデルの登竜門として有名だったアパレルブランド『292513=STORM』をご存知だろうか。ソン・スンホン、ソ・ジソブなどトップスターを排出した韓国発祥のファッションブランドを振り返ってみる。

あのトップスターのデビューはモデルからのスタートだった..

韓国で90年代に人気モデルの登竜門として有名だったアパレルブランド『292513=STORM』をご存知だろうか。

90年代韓国のファッション界を先導したブランド『292513=STORM』

90年代韓国のファッション界を先導したブランド『292513=STORM』(画像出典:cafe.daum)

トップスターの登竜門と言われた90年代を代表する韓国のアパレルブランド『292513=STORM』。当時、このブランドのことを知らないファンションリーダーと言える若者はほぼいなかったのではないだろうか。そしてこのブランドには、あるオーディション秘話があった。

以前、ソン・スンホンが、映画『情愛中毒』(2014)のキム・デウ監督や共演者のチョ・ヨジョン、オン・ジュワンらと共にバラエティー番組『ラジオスター』に出演した際、ソン・スンホンの口から明らかになった”すごいオーディション”が、このブランドのモデルオーディションのことだった。なんと、今や大スターとなったソン・スンホン、ソ・ジソブ、ウォンビンが、『292513=STORM』の最終オーディションで初対面していたのだ。

『ラジオスター』に出演した際のソン・スンホン

『ラジオスター』に出演しオーディション秘話を語ったソン・スンホン(画像出典:YouTube MBCentertainment動画キャプチャー)

この番組でソン・スンホンは、「大学に入学する前、アルバイトをしていた時にアパレル会社のデザイナーの方たちから名刺をもらった」「その当時は、映画やドラマに出られる方々は、生まれた時から天が決めた人のように感じていた」とデビューのきっかけを語り、「約6カ月後、ある会社から広告が出たが、それが名刺を受け取った会社の1つだった」、「友人とアルバイトのつもりでインスタントカメラを使い、ビリヤード場で1枚写真を撮って送った。しかしその写真が、フォトショップで編集された複数の写真の中でかえって目立っていた」と語った。

ソン・スンホン

ビリヤード場で撮った写真を送ったところ‥(画像出典:YouTube MBCentertainment動画キャプチャー)

続けてソン・スンホンは「あとから知ったが、競争率がすごかった」「最終予選に座っていた男性2人と挨拶をしたが、”ソ・ジソブです” “ウォンビンです”と言われた」と、ソ・ジソブ、ウォンビンとのデビュー前の驚くべき縁があった事実を公開した。

そして、6000人余りの志願者の中から見事合格したソン・スンホンとソ・ジソブは、『292513=STORM』の専属モデル第1期生として芸能界デビューすることに。当時、このブランドは、ブランドそのもののファンクラブが作られるほどの高い人気を誇っていた。そしてこのブランドが様々な次世代モデルを発掘し、そこから何人ものスターが生まれている。このアパレルモデルのおかげで、ソン・スンホンはドラマ『男女6人恋物語』(1996)への出演が決まり、その後一気にスター俳優へと駆け上った。ソ・ジソブも同じドラマで俳優としてデビューした後は数々のドラマに出演し、ドラマ『バリでの出来事』への出演でさらなる人気を得る。そして周知の通り、トップスターの地位を確立するに至る。

STORMモデル1期生だったソ・ジソブとソン・スンホン

STORMモデル1期生だったソ・ジソブとソン・スンホン(画像出典:cafe.daum)

他には、キム・ハヌルがこのブランドモデルを務めてから、ドラマ『ピアノ』(2001-2002)や映画『同い年の家庭教師』(2003)、『彼女を信じないでください』(2004)などで演技力を認められ、トップクラスの女優の座を獲得。さらにキム・ナムジンなど、当時は全くの無名だった俳優たちが、このブランドモデルになってから、ドラマや映画での活躍が増え、トップスターへと登り詰めていった。

STORMモデルだったキム・ハヌル

STORMモデルだったキム・ハヌル(画像出典:cafe.daum)

また、当時のカタログを見ると、日本人モデルSHIHO(矢野志保)や、モデルで女優のりょうも参加しており、ソン・スンホンとソ・ジソブとは関係の古さが伺える。

矢野志保もSTORMのモデルとして活躍した

矢野志保もSTORMのモデルとして活躍した(画像出典:cafe.daum)

今となっては、おそらく同じ画面で観ることのできないトップスターのソン・スンホン、ソ・ジソブ、ウォンビンを同じ場所に集め、人気トップスターを次々と輩出していた『292513=STORM』。残念ながらブランド名を目にする機会はなくなったが、記憶している人は多いだろう。