韓国の俳優は性別問わず、たぐいまれなる演技力を持つ実力派が多い。しかし、いまはトップスターの地位を獲得した名実ともに人気俳優であっても、デビュー当時は演技に苦労した経験がある人も‥。トップスターになる道はどの業界でも険しいものだ。

もはや日本のみならず、世界的に注目を集めている韓国ドラマ。

この韓国ドラマの人気は、作品自体のクオリティーの高さにもあるが、ドラマに出演している俳優や女優の卓越した演技力も要因の1つだろう。

しかし、いまはトップスターとなり、その演技力を絶賛されるようになった俳優や女優の中にも、デビュー当時に視聴者から演技力について疑問視された人たちが存在する。

今月19日からスタートしたJTBC『わかっていても(邦題)』に主演している俳優ソン・ガンも、5作品目の主演作であるにも関わらず、演技力についての議論がいまだに巻き起こっているようだ。

演技力についての議論が巻き起こった、ドラマ『わかっていても』に出演中の俳優ソン・ガン

ドラマ『わかっていても』に出演中の俳優ソン・ガンに、演技力についての議論が巻き起こった(画像出典:JTBC)

(関連記事)‘わかっていても’ ソン・ガン、演技力不足という弱点を突かれたシンデレラボーイ

今回は、デビュー当時、演技力議論に巻き込まれた俳優・女優10人をピックアップしてご紹介したい。

キム・テヒ

キム・テヒ

KBS『IRIS-アイリス-』キム・テヒ(画像出典:namu.wiki)

SBS『天国の階段(2003)』で悪女を見事に演じ、一躍名を知らしめた女優キム・テヒ。

しかしその後、数々の作品に出演するも、”代表作はソウル大学(彼女の出身校)”と皮肉られたこともあるほど、演技力批判が起こった。

そんな彼女も2009年に出演したKBS『IRIS-アイリス-』で、以前とは全く違う姿を披露し、名誉挽回に成功している。

ファン・ジョンウム

ファン・ジョンウム

MBC『彼女はキレイだった』ファン・ジョンウム(画像出典:MBC)

ガールズグループSuger(シュガー)出身のファン・ジョンウムは2004年にグループを脱退し、その後本格的に女優に転向。序盤はかなり苦労し、MBC『エデンの東(2008)』では演技力を理由に早期降板を余儀なくされた。

しかし、MBCのシットコム『明日に向かってハイキック(2009)』 に出演後、女優としてブレイク。以降、SBS『ジャイアント(2010)』、MBC『彼女はキレイだった(2015)』など、彼女の出演作にヒット作は多い。

キム・ミニ

キム・ミニ

KBS『グッバイソロ』キム・ミニ(画像出典:『グッバイソロ』キャプチャー)

いまや韓国映画界のトップ女優として名を馳せるキム・ミニも、1999年のデビュー当初は演技力で酷評を受けた。

KBS『グッバイソロ(2006)』で、これまでと180度違う姿を見せ、それ以降、演技力で高い評価を得る女優となった。

ペ・スジ

スジ

SBS『あなたが眠っている間に』スジ(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:iHQ)

ガールズグループmiss A(ミスエイ)出身のペ・スジは、ドラマ初出演にして初主演作のKBS『ドリームハイ(2011)』で、演技力を酷評された。

その後しばらく演技力に対する議論は続いたが、徐々に評判をあげ、SBS『あなたが眠っている間に(2017)』では、安定的な演技力が褒められるほどに成長している。

(関連記事)ジス(BLACKPINK)も避けられない? ‘大根演技’と酷評された女性アイドル 4人

イ・ヨニ

イ・ヨニ

MBC『ミス・コリア』イ・ヨニ(画像出典:MBC)

VASTエンターテインメント所属の女優イ・ヨニは、2004年のデビュー当時「見るに忍びないほどの下手な演技」と言われるほどだった。

しかし、MBC『ミス・コリア(2013)』以降、力をつけてきた演技力が評価されるようになり、女優として大きな成長を遂げた。

アン・ジェヒョン

アン・ジェヒョン

JTBC『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』アン・ジェヒョン(画像出典:JTBC)

元妻の女優ク・ヘソンと共演したKBS『ブラッド(2015)』では、演技力に対しかなり酷評を受けたアン・ジェヒョン。

しかし、JTBC『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~(2018)』では、こういった評価を一蹴し、自然体の演技が好評を集めた。

パク・ヘジン

パク・ヘジン

MBC『エデンの東』パク・ヘジン(画像出典:MBC)

2006年、KBS2『噂のチル姫』でデビューし、人気スターとなったパク・ヘジンだが、わざとらしい発声方法で走る姿もぎこちないなど、演技力に関しては低く評価されていた。

しかし、それからわずか2年後『エデンの東』に出演した時には、演技力に対する批判が嘘だったかのように、華麗な成長を見せた。

エリック(ムン・ジョンヒョク)

エリック

tvN『また!?オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来〜』エリック(画像出典:tvN)

ボーイズグループSHINHWA(シンファ)のメンバー、エリック(ムン・ジョンヒョク)は、アイドル出身の俳優第一世代に当たる。

MBC『火の鳥(2004)』の大ヒットで一躍スターダムにのし上がるも、セリフが下手で単調な感情演技だと評価されてしまう。

しかし、その後MBC『新入社員(2005)』やtvN『また!?オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来〜(2016)』では成熟した演技を見せ、”*ロコの代名詞”として浮上するほどになった。

*ロコ:ロマンチックコメディの略

チョ・ボア

チョ・ボア

映画『愛の棘』チョ・ボア(画像出典:movie.naver)

女優チョ・ボアは、デビュー直後に主演したtvN『美男(イケメン)バンド〜キミに届けるピュアビート〜(2012)』で見せた抜群の美貌が話題となったが、演技力に関してはマイナス評価を受けていた。

しかし、映画『愛の棘(2014)』で見せた狂気の演技が話題となり、演技力も高評価を得る成長を遂げた。

ソン・ユリ

ソン・ユリ

KBS『雪の女王』ソン・ユリ(画像出典:オンラインコミュニティー)

1998年にガールズグループFin.K.L.(ピンクル)のメンバーとしてデビューしたソン・ユリ。SBS『千年の愛(2003)』で主演し、注目を集めたが、その後の作品でも演技力は酷評されていた。

しかし、KBS『雪の女王(2006)』で繊細な演技を披露し、演技派女優として認められるようになった。



人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース