ドラマ『花より男子』『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』など、幼少期から子役俳優として活躍してきた俳優のナム・ダルムが、2月8日に入隊することを彼の実母がサプライズ発表し、ファンを驚かせた。

名だたる俳優の子役時代を演じてきた、子役出身俳優のナム・ダルムが、入隊することを発表した。

2月8日に軍入隊することが明らかになったナム・ダルム

2月8日に軍入隊することが明らかになった俳優のナム・ダルム。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月31日に彼の実母は、自身が運営している公式インスタグラムに旧正月の挨拶を投稿すると共に、「生まれてから、3日と離れたことのなかった息子が、1週間後には18カ月という長い間家を留守にします」と綴っている。

また「20歳になったら、軍隊に行くつもりだと計画していたのに、私はまだ心の準備ができていないようで、大変ですㅠㅠ」と、母親としての不安な心境を打ち明け、最後に「ダルムがちゃんと行って来られるよう、応援をお願いします」と締めた。

ナム・ダルムと言えば、韓国では子役出身俳優として有名だ。日本で彼の顔がはっきり認識されたのは、おそらく2016年に放送されたtvN(Netflix)ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~(邦題)』だろう。

ナム・ダルムは『トッケビ』で端正な顔立ちと、印象的な演技で話題を集めた

『トッケビ』で端正な顔立ちと、印象的な演技で話題を集めたナム・ダルム。(画像出典:tvN 動画キャプチャー)

『トッケビ』では、キム・シン(コン・ユ)に助けられる青年役を演じ、印象的な演技で「あの子は誰?」と視聴者の関心を集めた。

(関連記事)トッケビのあの子?名作で子役を演じ、将来を期待させた’あの俳優’の近況

彼の俳優人生は、7歳からスタート。KBS2『花より男子(2009)』で、キム・ヒョンジュン演じるユン・ジフの子ども時代を演じ、その後はチョン・ヘイン、2PMジュノ、イ・ジョンソクなど、そうそうたる有名俳優の子ども時代を担って来た。

そんなナム・ダルムも、気が付けば19歳(日本年齢)という立派な青年へと成長し、ラブストーリーが似合う年頃となっていた。

2021年放送の主演作『優秀巫女カ・ドゥシム』のキム・セロンとナム・ダルム

2021年放送の主演作『優秀巫女カ・ドゥシム』のナム・ダルム(左はキム・セロン)(画像出典:namdareum_mom 公式Instagram)

高校を卒業後、俳優のヒョンビンやカン・ハヌル、最近結婚を発表したパク・シネとテ・チェジュンらが卒業生として知られる名門大学・中央(チュンアン)大学に入学したことを発表。現在も在学中であるため、休学しての入隊となるようだ。

韓国の男性なら、必ず通る国防の義務。

これが有名人となると、どのタイミングで入隊するか、大きな壁として立ちはだかる。

しかし、韓国のネット上ではこんなコメントがあった。「子役は、(軍隊に)早く行った方がいいと思う。すでに認知度はあるんだから、若いうちに入隊を済ませて、成人俳優のイメージを作るべき」

確かに子役出身俳優のユ・スンホやパク・チビンは、若くして入隊し、現在演技活動にまい進している。

若さが大きなスター要素となるアイドルに比べれば、俳優はどのタイミングでも演じられる役があるため、入隊するタイミングは比較的自由に決めることができそうだ。

それでもようやく”子役”から抜け出し、青春時代が演じられる年齢になった彼の演技がしばし見られなくなるのは、少し寂しくもある。

ナム・ダルム実母の公式Instagramを見る(外部リンク)






[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs