• Netflixシリーズ『配達人 ~終末の救世主~』が注目を集めている。
  • そんな中、主演を務める俳優のキム・ウビンがインスタグラムに、撮影時のビハインド写真を公開した。投稿には彼の優しさが込められており、韓国では称賛の声が寄せられているという。
  • ファンが感動したSNSの使い方とは?
Netflixシリーズ『配達人 ~終末の救世主~』が5月12日から配信がスタートした

5月12日から配信がスタートしたNetflixシリーズ『配達人 ~終末の救世主~』(画像出典:Netflix)

俳優のキム・ウビンが主演を務めるNetflix(ネットフリックス)シリーズ『配達人 ~終末の救世主~(以下、配達人)』が公開され、韓国のみならず海外からも好評を博している。

『配達人』は終末世界と化した、大気汚染の進む未来の韓国を舞台に展開していくバトルアクション作品だ。酸素呼吸器がなければ生きていけない世界で、人類存続の鍵を握る人物が、配達人。

キム・ウビンは劇中で人々に酸素を届ける配達人、”5-8”役を演じている。

彼は並外れた戦闘能力を持っており、生活困窮者へ物資を届けながら、貧富の差が拡大する理不尽な世の中を変えようと暗躍する。

5月12日に配信が開始されると、壮大なスケールの世界観やアクションシーンなどが話題を呼び、公開1日でNetflixのテレビショー部門グローバル2位を獲得。日本のランキングでもTOP10入りを果たし、好スタートを切っている。

現在、プロモーション活動を行っているキム・ウビンは、自身のインスタグラムに『配達人』に関連する写真を投稿し、ファンの興味関心を誘っている。

さらに彼はSNSを通し、自身の影響力を最大限に発揮。ドラマの宣伝だけではなく、世間にはあまり知られていない無名の若手俳優たちを積極的に紹介し、韓国中から称賛を受けているという。

出番で活躍が少なかった俳優にもスポットライトを当てたキム・ウビン

キム・ウビンは劇中で出番が少なかった俳優にもスポットライトを当てている(画像出典:キム・ウビン 公式Instagram)

5月14日、キム・ウビンは『配達人』で共に配達人役を務めた俳優との、仲睦まじい集合写真を公開した。

写真に写る人々は配達人役であるが、劇中ではセリフや登場シーンの分量がほとんどなく、登場人物紹介にも名前が書かれていない、いわば端役のメンバーたちだ。

『配達人』はドラマの特性上、登場人物たちの多くがマスクで顔を隠しているため、視聴者が作品内で新人俳優の顔を認識するのは難しい状況となっている。

そんな中、キム・ウビンは写真と共に、仲間たちの役名と俳優名、インスタグラムのアカウントをまとめて掲載。

さらに”Black Knight. The best team ever!(配達人、最高のチーム!)”とメッセージを添えている。

作品には俳優のソン・スンホンなど、韓国を代表する人気俳優が出演していることでも注目を集めている。

しかし、キム・ウビンはメインキャストだけではなく、苦労を共にした無名の俳優にも世間の関心が寄せられるように配慮し、彼らへ敬意の念と感謝の気持ちを送ったのだ。

キム・ウビンはスタッフの名前を全て記載し、写真を投稿した

スタッフの名前を全て記載し、写真を投稿したキム・ウビン(画像出典:キム・ウビン 公式Instagram)

5月16日には作品の裏方として活躍したスタッフとの集合写真を投稿。キャプションにはスタッフ全員の名前を記載し、「おかげで安全で楽しく撮影できました。1人ひとりに改めて感謝しています」とコメントしている。

キム・ウビンの温かい配慮を知った韓国のネットユーザーたちは、彼の優しさを称賛し、「本当に素敵な人。感動した」「誰よりも周りを気遣うかっこいい人だね」「温かい人柄が伝わってくる」と熱い反応を残した。

インスタグラムを定期的に更新しているキム・ウビンだが、実はアカウントを作成したのは2020年11月と、他の芸能人に比べ遅いスタートとなっている。

彼は2017年に鼻咽頭がんと診断され、約2年間の闘病生活を送っていたことから、事務所側は当初、個人SNSを開設しないという旨を発表していた。

しかしそんな中、非公式の偽アカウントが200万フォロワーを突破。このことを踏まえファンを混乱させないよう、彼は公式アカウントを開設したのだ。

やむを得ず開設したインスタグラムであったが、彼は自身の発信力を上手く利用。周囲に良い影響を与えるSNSの使用法で、ファンに感動を与えている。

キム・ウビンは人々への気遣いだけではなく、正義感が強く、優れた人柄を持つ俳優だ。

キム・ウビンは新人俳優の壮絶なエピソードに寄り添った

新人俳優の壮絶なエピソードに寄り添うキム・ウビン(画像出典:Pixid YouTube キャプチャー)

5月7日に出演したYouTubeチャンネル『Pixid』では、新人モデルと交流し、彼らが経験した”情熱ペイ”のエピソードに対して、怒りを示した。

”情熱ペイ”とは、夢を持つ人々などの情熱や切実さなどを利用し、不当な料金で仕事をさせる状況を指す言葉だ。

日本では”やりがい搾取”と言われることが多いが、動画に登場したあるモデルは40万ウォンのギャラで80着の撮影をさせられた経験があるという。

新人モデルの壮絶な経験を聞いたキム・ウビンは、険しい表情を見せ「40万ウォンで80着?どのブランド?放送で公開しよう。本当にひどいね」と共感し、寄り添う姿を見せた。

このエピソードからも彼の正義感の強さや、誠実さが伝わってくるだろう。

完璧なビジュアルと温かな人柄で、多くのファンから愛されるキム・ウビン。今後の彼の活躍にも期待が寄せられている。

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(3296件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs