俳優チュ・ジンモが、携帯電話のハッキング被害を被った中で、彼を取り囲んだ家族や周辺の人物にも被害が及び、二次被害に対する懸念も大きくなっている。‛刺激的な私生活’が公開されてしまった今回の事件。果たして‛真実’なのか‛デマ’なのか、事件の深刻性が高まっている。

‛イメージが命’である芸能人。

俳優チュ・ジンモ(ハングル 주진모)は、「携帯電話のハッキング」の疑惑によって少なからず打撃を受けたであろう。

現在、韓国ではこの疑惑による更なる二次被害も懸念されている。

「携帯電話のハッキング」被害に遭ったチュジンモ

「携帯電話のハッキング」被害に遭ったチュ・ジンモ(写真提供:©スポーツ韓国)

そのような中、中国の芸能媒体によるとんでもない内容が報じられた。

チュ・ジンモの「携帯電話のハッキング事件」が、女優ソン・ヘギョと俳優ソン・ジュンギの離婚に関連しているというのだ。

事態の始まりはこうだ..

1月10日、MBC「ニュースデスク」は、インターネットで拡散された‛正体不明の噂’の会話内容を公開し「チュ・ジンモ、ある男性俳優とやり取りした会話内容」と詳しく報道して論議が起きた。

「ニュースデスク」によると、「チュ・ジンモと男性俳優は、水着を着た女性たちの写真について容姿を品評する会話をした」と伝えて、大物芸能人の実名が言及された会話の内容を公開。

さらに「チュ・ジンモの物と推定される運転免許証とパスポート、裸の状態だと推定される女性がベッドで横になっている姿を撮影した写真も公開された」と付け加えた。

翌日、芸能媒体ディスパッチも「チュ・ジンモをはじめ、俳優Aさん、俳優Bさん、アイドルCさん、監督Dさん、有名シェフEさんがハッカーに脅迫を受けている」と明らかにした。

さらに「ハッカーの目的は金銭だ。5,000万ウォン(約500万円)から1億ウォン(約1000万円)、さらに10億ウォン(約1億円)以上を要求している。脅迫の道具は‛私生活’だ。トップスターの携帯電話に保存されたメッセージ、映像、写真などだ。交渉に応じない場合、資料を流布すると警告している。実際にハッカーたちは(チュ・ジンモらが知らされると困る)一部の資料を‛サンプル’で送り、脅迫の強度を高めた」と報道した。

一部の報道では、「上記の内容は、正体不明の噂やデマだ」と報道するかと思えば、会話の内容を具体的に説明する媒体もあり、会話の内容をモザイク処理で報道しているものの、特定の芸能人の実名公開や該当内容のうち、一部の刺激的な単語を言及して、大衆をより一層刺激している。

実際ある有名アイドルは、脅迫に屈しハッカーに巨額の金品を渡したという確認されてない’噂’も報道された。

他の俳優への被害..

「携帯電話のハッキング」という大きな犯罪の被害者であるチュ・ジンモに対する憂慮や見解より、‛刺激的な私生活’が公開されてしまったことで、彼を取り囲んだ家族や周辺の人物にも被害が及び、問題の深刻性を高めている。

一人は、先日Danmeeでも報じたように、大物俳優チャン・ドンゴンだ。

(関連記事)チュ・ジンモとチャン・ドンゴンが交わした’男の隠密な会話’は事実か?

そして、もう一人はソン・ジュンギである。

1月12日、韓国の芸能媒体WIKITREE(ウィキツリー)によると、中国の芸能媒体SOHUなどが、「チュ・ジンモの携帯電話のハッキング事件は、ソン・ヘギョとソン・ジュンギの離婚と関連している」と報じたという。

しかし、その内容はとんでもなかった。

昨年6月、ソン・ジュンギは、チュ・ジンモの結婚式に参列し、同僚の俳優たちと共にゴルフ場に行ったことがある。

チュ・ジンモが属している芸能人のゴルフの集いにソン・ジュンギも関連していることから、チュ・ジンモとソン・ジュンギは普段から親しくしている間柄であり、これに中国媒体は「ソン・ヘギョとソン・ジュンギの離婚は偶然でない。チュ・ジンモの携帯電話のハッキング事件と何らかの関連がある」と意味深な報道をしているという。

中国国内のSNSでは、活発に韓国芸能界のスキャンダルやゴシップ関連の内容を共有する場合が多いが、これには中国内での報道制限が法的な処罰と多少距離があるためだろう。

これまで、中国メディアやインターネットユーザーによる韓国芸能界に関連した主張は一見識があり、かなり信憑性があった。

何よりソン・ジュンギの結婚と離婚、BIGBANGのメンバーV.I(スンリ)の私生活に関連した記事や主張も、一足先に報じて、後ほど事実と確認された場合が少なくなかった。

今回の報道も、中国国内では信憑性があると言われているが、上記で述べたハッカーによって送られた‛一部のサンプル’以外にも、ソン・ヘギョとソン・ジュンギの離婚などに関する‛知られると困る資料’が隠されているとでもいうのか。

しかし、もしこの中国媒体が報じた内容が事実ではなかった場合、俳優の名誉を傷つけることになり、二次被害も甚だしいものである。

事態拡散の緊張感

チュ・ジンモの携帯電話のハッキング事件と関連し、彼の所属事務所側は直ちに「強硬対応」を主張し、‛携帯電話のハッキング’と‛デマ’の流布によって、事実と違った内容がさらに流布されることを警戒している。

これに対し、ソウル地方警察庁サイバー安全課は「被害者のプライバシーの保護と、追加の被害防止のために具体的な事項は伝え難い」としながらも、「一部の芸能人がスマートフォンのハッキングと脅迫被害を被った事件を捜査しており、携帯電話の中の一部の写真など、あらゆる方向で捜査をしていく」と明らかにし、携帯電話のハッキング犯に対する本格的な捜査に着手した。

チュ・ジンモによる「携帯電話のハッキング」事件が、韓国芸能界に波紋を呼び起こしている中、別の俳優たちの実名まで公開されて事態の拡散に緊張感が走っており、その波紋がいつまで続き、どこまで影響を及ぼすのか大衆の耳目が集中している。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。