俳優チ・チャンウクが韓国のバラエティー番組に出演し、次回作『コンビニのセッピョル』への意気込みを語っている。彼の役どころである”コンビニ店長”に扮するコツとは。

観る者の視線を掴んで離さない、吸引力のある演技と彫刻のような抜群のビジュアルで、国内外の女性たちの心をときめかせる”ロコ(ロマンチックコメディ)職人”の異名を持つ俳優、チ・チャンウク。彼の次回作を待ち望んでいたファンも多いことだろう。

本日(6月3日)放送されるSBSバラエティー番組『本格芸能真夜中』に俳優のチ・チャンウクが出演し、次回作ドラマ『コンビニのセッピョル』について語っているという。

チチャンウク

はじける笑顔を見せながら『本格芸能真夜中』でインタビューに答えるチ・チャンウク(画像出典:SBS公式Youtubeキャプチャー)

同局で6月12日よりスタートする新金土ドラマ『コンビニのセッピョル』でイケメン店長役に扮するチ・チャンウクは、演じる役どころについて「これまで演じてきた作品の中での役とは違って、今度のドラマでのキャラクターは、やや抜けていて地味だ」と説明した。

日ごろから完璧で”クール”なイメージを持つチ・チャンウクだが「元々、自分にはそういう”抜けている”面が少しある」とし「演技をするのはむしろ楽だった」と冗談めいて語っている。この共通点である”抜けている”部分が役を演じる”コツ”なのかもしれない。

また、番組内では、無呼吸で水中に飛び込むフリーダイビングを楽しみ、天気の良い日にはバイクに乗るなど、チ・チャンウクの特別な趣味も公開されるという。

これだけでなく、様々なチャレンジを好む彼は「ファンの方々が新しい姿を見ると喜んでくれそう」とし、番組のキュレーターまで自任した。

チチャンウク

チ・チャンウクの魅力が詰まった放送となりそうだ(画像出典:SBS公式Youtubeキャプチャー画像)

これまでミュージカル、ドラマのOST、ファンミーティングなどで優れた歌唱力を誇ってきたチ・チャンウクだが、番組内では”カピチュ”の曲を一緒に歌い、優れた実力を誇示している。
さらに、名俳優らしく感情移入に長けている彼は、歌詞の内容にだんだんハマってきてしまい、号泣(?)しながら熱唱したという噂だ。
その姿を見た”真夜中のキュレーター・カピチュ”は、そんなチ・チャンウクに自分の歌を譲らなければならない‥とまで話したという。

聞く者の心の琴線に触れた彼の歌は『本格芸能真夜中』を通じて公開される予定だ。

一方、SBS新金土ドラマ『コンビニのセッピョル』は、4次元(理解不能な人のこと)アルバイトと少し抜けているイケメン店長が、コンビニを舞台に繰り広げる”24時間、予測不可能”なコミック・ロマンス。

劇中で、チ・チャンウクはコンビニ店長チェ・テヒョンに扮し、気難しいフリをしているが内心は少し抜けているという役柄を演じて、視聴者の共感と笑いを誘う予定だ。さらに、共演のキム・ユジョンが扮するコンビニの深夜バイト、チョン・セッピョルとのやりとりにも注目が寄せられている。



人気のウェブコミックを原作に、人情味のあるコンビニを舞台に個性あふれるキャラクター、生活密着型エピソード、若者たちの夢と愛を盛り込みながら、アットホームでユニークな物語を展開するドラマ『コンビニのセッピョル』は、韓国にて6月12日に初放送される。


『本格芸能真夜中』予告(動画出典:SBS NOW)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

チ・チャンウク 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース