『愛の不時着』によって再注目されている映画『コンフィデンシャル / 共助』。劇中、北朝鮮の人物を演じたヒョンビンと韓国のヒロインという重なる部分があるため。ここでは映画の内容を振り返るとともに、思わずヒョンビンのファンも共感してしまうようなセリフを紹介したいと思う。

韓国tvNドラマ『愛の不時着』で、世の女性たちの心を”ヒョンビン ロス”に染めている俳優ヒョンビン。劇中、真面目に軍務をこなす北朝鮮将校リ・ジョンヒョクを演じたヒョンビンは、韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、国境を越えるロマンスで視聴者をくぎ付けにした。

『愛の不時着』が甘いロマンスで熱い人気を集めている一方で、一部では「少女時代(SNSD)のユナを思い出す」「ユナがカメオ出演してくれたらもっと面白かったと思う」という反応も寄せられていた。

それは、2017年に公開された映画『コンフィデンシャル / 共助』で、ヒョンビンとユナが共演を果たしたため。劇中、ユナは”ヒョンビンを目の前にした女性の気持ち”をリアルに表現するとともに、北の男性との”かなわぬ恋”をコミカルに演じた。ここでは、ヒョンビンのファンも共感できるユナの反応とセリフを紹介したいと思う。

ヒョンビンと少女時代のユナのケミが話題

ヒョンビンと少女時代のユナのケミが話題(画像出典:共助 公式HP)

まず、『コンフィデンシャル / 共助』とは、韓国に逃亡した北朝鮮の犯罪組織を捕らえるため、南北の刑事が組んで捜査に挑むアクション映画だ。ヒョンビンは劇中、特殊部隊の北朝鮮エリート刑事で韓国に送り込まれるリム・チョルリョンを熱演。一方、韓国側は、庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)が任命され、史上初の”南北共助捜査”を極秘に進めていく‥

劇中、ジンテの妻の妹パク・ミニョン役として出演したユナは、リム・チョルリョンに片思いするキャラクターで、積極的に好感を示して可愛らしいケミ(ぴったりの相性)を作り上げた。制作発表会当時、ユナは「ファンの気持ちが分かりました」「ヒョンビン先輩が素晴らしく、演技ではなく実際の感情で自然にヒョンビン先輩の魅力に陥りました」と語ったことがある。

では、映画の中で、事件捜査のため、カン・ジンテ刑事の自宅に居候することになったヒョンビンを目にしたユナ(カン・ジンテ刑事の妻の妹)の反応、そしてユナが”不時着(?)”を余儀なくされるシーンと名セリフを見てみよう。(役名ではなく俳優名で解説する)

映画『コンフィデンシャル / 共助』

「うわ‥カッコいい。どうしよう‥」(画像出典:YouTube動画キャプチャー)

顔を洗おうと洗面所に入ろうとすると、そこにはヒョンビンが。慌ててドアを閉めたユナは顔を両手で覆いながら‥

「うわ‥カッコいい。どうしよう‥」

映画『コンフィデンシャル / 共助』

「こんなにツヤがあるのに‥」(画像出典:YouTube動画キャプチャー)

家族で食事中。ユ・ヘジンが、ヒョンビンを前に北朝鮮では飢えて亡くなる人も多いという話をすると、ユナは‥

「北朝鮮の人だからって、みんなお腹が空いていると思う?人によるわよ。(ヒョンビンの顔を見ながら)この顔がお腹が空いているように見える?こんなにツヤがあるのに‥」

映画『コンフィデンシャル / 共助』

「わぁ‥超カッコイイ‥」(画像出典:YouTube動画キャプチャー)

ソウルの都心で追撃戦が行われているというニュースをテレビで見たユナ。ヒョンビンの姿が映ると、手で口を押えて心配する表情を浮かべると思いきや、タフなヒョンビンの姿に更にメロメロになってしまう‥

「わぁ‥超カッコイイ‥」

映画『コンフィデンシャル / 共助』

「チョルリョンさんが傷つくのを見るのは嫌」(画像出典:共助 公式HP)

ケガをしているヒョンビンに消毒するユナ。

「チョルリョンさんが傷つくのを見るのは嫌。でも結婚したらここで住むんでしょ?私が理解しますから‥」(ユナ)
「私には女性がいます」(ヒョンビン)
「どうしてそれを今言うの」(ユナ)

ヒョンビン ユナ

すっかりヒョンビンだと思い、隣にそっと横になるユナ(画像出典:Youtube動画キャプチャー)

その後、ヒョンビン(ではなく、実はユ・ヘジン)が寝ている隣に横たわりながら‥
「その女性のこと、まだ愛していますか?」(ユナ)
ユ・ヘジンが、北朝鮮の方言で茶目っ気たっぷりに‥
「そうです。愛してますよ」
そして、状況を把握し”やっちまった”という表情で慌てて部屋を出るユナ‥

思わず頬が緩んでしまう名セリフの数々。北朝鮮の人物を演じたヒョンビンと、韓国人の女性という『愛の不時着』と似ている設定で、再注目されている『コンフィデンシャル / 共助』で、ユナは自身のキャラクターを自然に、そして愛らしく溌溂と演じてスクリーンデビューを成功させた。また、ヒョンビンは男らしいカリスマを放出し、緊迫した追撃シーンから一瞬たりとも目が離せない銃撃アクションで、ピリッとした緊張感と快感を伝えた。

このように、出演した作品ごとに素晴らしい演技を魅せてくれるヒョンビン。彼の作品に対する徹底的な分析と、多彩な感情表現を可能とする柔軟な演技力は、作品ごとに深く、そして広くなり、”信じて見る俳優”というタイトルで、作品を成功に導いていることを証明している。


『コンフィデンシャル / 共助』ティーザー(動画出典:Youtube CJentertainment)



ヒョンビン

韓国の人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)。1982年9月25日生まれ。

2003年にKBSのテレビドラマ『ボディガード』(2003)でデビュー。

2005年にMBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)で大ブレイク。韓流スターとして、韓国や日本、中国をはじめアジア全域で人気を博している。

ヒョンビン プロフィール&記事(85)