ガールズグループMAMAMOO(ママム)のファサ、ソロアーティストのジェシー(Jessi)など、”ガールクラッシュ”を超えた”センオンニ(強めのお姉さん)”たちが、全盛期時代を迎えている。

女性が思わず惚れてしまう女性、”ガールクラッシュ”な魅力を誇るアーティストが注目されている。

ここ数年、日本はもちろん、韓国でも男性中心の社会から女性が活躍する社会へと大きな変貌を遂げてきた。これまで”女性らしさ”が強調されていた時代から、”私らしく”という価値観が同じ女性から支持される時代となったのだ。

そして、女性たちの気持ちを代弁するかのように、ありのままの飾らない姿を見せてくれる”ガールクラッシュ”が更に進化し、自分の思想や主張をまげずに、力強く堂々と生きる”*センオンニ”の登場に至ったのだ。

*センオンニ(쎈 언니):쎄다(強い)+언니(オンニ、姉) 一般的に不当だと思ったことに対ししっかり物言いをする気の強い女性を意味する場合が多い

Jessi(左)とファサ(右)

ガールクラッシュを代表するJessi(左)とファサ(右)(画像出典:Jessi Instagram、 MAMAMOO Instagram)

デビュー以来、着実に堂々とした魅力をアピールしてきたMAMAMOO(ママム)のファサ、ソロアーティストのジェシー(Jessi)が、”ガールクラッシュ旋風”の中でも格別な底力を発揮していると言える。彼女たちは、音楽活動だけでなく、バラエティーなどの多方面で意味のある成果を成し遂げているという点で、第一世代”センオンニ”として視線を集めている。

ジェシー(Jessi)

強めのお姉さん Jessi

強めのお姉さん Jessi(画像出典:Jessi Instagram)

ジェシーは、7月30日にリリースした『NUNU NANA』が、各種音源チャートで5位圏内を記録して、デビュー以来最高成績をおさめた。また、ソロ歌手イ・ヒョリが参加したミュージックビデオは、8月20日の時点で1600万回の視聴回数を突破している。

このような成果には、放送活動で高めた認知度も少なからず影響を及ぼしているとも言われている。ジェシーは、各種バラエティー番組を通じて、目と鼻の整形と豊胸手術を堂々と告白するなど、ハッキリと物申す強烈な”センオンニ キャラクター”の地位を確立して注目を集めている。


Jessi『NUNU NANA』MV(動画出典:Jessi)

MAMAMOO ファサ

MAMAMOO ファサ

MAMAMOO ファサ(画像出典:ファサ Instagram)

ファサは、6月29日にリリースした『Maria』で、チャートのロングランに成功した。リリースから1カ月余りが過ぎても、主要音楽チャートのMelOn(メロン)などで、上位のランキングをキープしている。

パワフルでセクシーなダンスと、”私自身のための生活を送ろう”というメッセージが印象的な歌詞は、特に20代~30世代の女性たちから共感を買っている理由の1つとも言える。

ファサに対するラブコールは放送関係者からも相次ぎ、『女隠パ(女性たちの隠密なパーティー)』『私は一人で暮らす』など多くのバラエティー番組で活躍し、惜しみなくスッピンを披露するなど、ありのままの姿でファンや視聴者から愛されている。


ファサ『Maria』Performance Video(動画出典:MAMAMOO)

ジェシーとファサが同時に見られる!

ファサとジェシーの2人は、MBCバラエティー番組『遊ぶなら何する?』でイ・ヒョリがアイディアを出した”払戻遠征隊(환불원정대)”のガールズグループ プロジェクトに参加する。番組の予告編では、”払戻遠征隊”の予告ティーザーが公開され、視聴者の期待を高めている状況だ。

女性たちのワナビーに君臨したファサとジェシー。”韓国のブリトニー・スピアーズ”と称されたイ・ヒョリと、”韓国のマドンナ”オム・ジョンファとタッグを組み、頼もしく強めなお姉さんたちが、どのようなセンセーショナルな楽曲を披露するのか、”払戻遠征隊”の活躍が今から楽しみだ。


『遊ぶなら何する?』払戻遠征隊 COMING SOON(動画出典:놀면 뭐하니?)