ヒョンビンが今月16日、事務所の公式SNSを通して直筆の手紙を公開。自身の近況を伝えると共に、ファンへ感謝の気持ちを伝えた。

ドラマ『愛の不時着』人気がNetflix効果も手伝って継続的な人気を得る中、主演のヒョンビンが直筆の手紙を公開した。心のこもった行為に、ファンから喜びの声が上がっている。

ヒョンビンは、今月初旬に開催された『百想芸術大賞 2020』に出席。ソ・イェジンとの久しぶりの2ショットを見せ、視聴者をときめかせた。

(関連記事)‘愛の不時着’ヒョンビンとソン・イェジン、社会的距離がなぜか残念なカップル

視聴者投票により“人気賞”を受賞して笑顔を見せるヒョンビンとソ・イェジン。

視聴者投票の“人気賞”を受賞して笑顔を見せるヒョンビン&ソ・イェジンコンビ。(画像出典:百想芸術大賞 公式Instagram)

そして本日(16日)、自身の所属する事務所、VASTエンターテイメントの公式Instagramに、自身の近況を伝える直筆メッセージを掲載。元気に過ごしていること、そして応援してくれるファンへの感謝を綴っている。

達筆な字で書かれたヒョンビンからのメッセージ。

達筆な字で書かれたヒョンビンの字からは、彼の誠実さが伝わってくる。(画像出典:VASTエンターテインメント 公式Instagram)

直筆メッセージと共に、韓国語、英語、日本語と3ヶ国の言語でもコメントが記載されており、さすがスター俳優という配慮を見せた。

手紙には、現在新しい作品の撮影をしていること、ファンが撮影現場に贈ったと思われる差し入れ(ヒョンビンは愛と応援と表現)に対しての感謝。お互いに元気な姿を確認し合える日まで、健康でいましょうという願いが書かれている。

直筆メッセージと言えば、日本ではタレントで女優の壇蜜がブログを利用しながらも、毎週末は直筆の手紙を写真でアップすることで知られている。彼女の人柄を表すような文字と内容にファンはいつも癒されているという。

毎週末に掲載される壇蜜の直筆メッセージ。

毎週末に掲載される壇蜜の直筆メッセージ。たわいない内容でも彼女の気持ちが伝わってくる。(画像出典:検索結果 ウェブの結果(サイトリンク付き) 壇蜜オフィシャルブログ「黒髪の白拍子。」)

ヒョンビンも、自身の写真とデジタル文字を載せるのではなく、姿はなくとも自身の手で書いた文字をファンに見せることで、視覚的な疎通ではなく心の疎通で、彼なりの誠実な姿をファンの心に浮かび上がらせた。

コロナが終息したら、ぜひ来日イベントを開催してほしいヒョンビン。

コロナが終息したら、ヒョンビンにはぜひ来日イベントを開催してほしい!(画像出典:VASTエンターテインメント 公式Instagram)

時にはこんなアナログな便りも、いいものである。

ヒョンビン

韓国の人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)。1982年9月25日生まれ。

2003年にKBSのテレビドラマ『ボディガード』(2003)でデビュー。

2005年にMBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)で大ブレイク。韓流スターとして、韓国や日本、中国をはじめアジア全域で人気を博している。

ヒョンビン プロフィール&記事(137)