女優ファン・ジョンウムが離婚調停突入との便りが伝えられ、夫である事業家のイ・ヨンドン氏と出会った”2015年”が再注目されている。ファン・ジョンウムが女優としての全盛期を迎えていた年、彼女には多くの忘れられない出来事があった。

女優ファン・ジョンウムが、プロゴルファー出身で事業家のイ・ヨンドン氏と、結婚生活4年で破局を迎えたと報じられた。

ファン・ジョンウムの所属事務所C-JeSエンターテインメントは、9月3日、各種媒体に「ファン・ジョンウムが離婚調停申込書を提出したのは事実。円満に離婚協議を進められるようにしたい」とし「離婚事由など細部事項は個人のプライバシーなので明らかにすることができない点をご理解いただきたい」と明らかにした。

ファン・ジョンウムは、今年6月に放送終了したJTBCドラマ『サンガプ屋台』と、9月1日に放送終了したKBSドラマ『あいつがそいつだ』に出演して旺盛な活動を繰り広げていたため、離婚の便りは大きな驚きを抱かせた。

女優 ファンジョンウム

女優 ファン・ジョンウム(画像出典:ファン・ジョンウム Instagram)

ファン・ジョンウムの離婚報道を置いて、夫であるイ・ヨンドン氏と出会った”2015年”が韓国のネットで再注目されている。

“2015年”当時、ファン・ジョンウムは、実力派ボーカルユニットsg WANNA BE+(エスジーワナビー)のキム・ヨンジュンと交際していた。アイドル歌手から女優に転向するために移籍した事務所にキム・ヨンジュンも所属しており、親友である女優パク・ハンビョルを通じて2006年に出会い、2007年に公開恋愛をスタートさせた2人。2009年、MBC仮想バラエティー番組『私たち結婚しました』に、実際の恋人として出演もした。

女優として定着する前、無名に近かったファン・ジョンウムを熱烈にサポートしていたキム・ヨンジュンのおかげで、ファン・ジョンウムの人気が一気に急上昇する。その後、人気シチュエーションコメディー『明日に向かってハイキック』にキャスティングされて、ファン・ジョンウムは一躍スターダムにのし上がった。

ファンジョンウムとキムヨンジュン

ファン・ジョンウムとキム・ヨンジュン(写真提供:©スポーツ韓国)

その後もフィルモグラフィーを積み重ねたファン・ジョンウムは、視聴率を掌握し”信じて見る女優”、”彼女の出演ドラマにハズレなし”という称号を得ることに。

“2015年”に韓国で放送されたMBCドラマ『キルミー・ヒールミー』(2015年1月~3月)、『彼女はキレイだった』(2015年9月~11月)に出演したファン・ジョンウムは、MBC演技大賞でドラマプロデューサーが選んだ今年の演技者賞、ネットユーザー人気賞、スター賞、最優秀賞の4冠王を受賞し、女優としての快挙を成し遂げるほど全盛期を送っていた。

だが、2作品の間である”2015年5月”にキム・ヨンジュンと約10年間の愛に終止符を打つことになる。交際中、互いの名前が修飾語のように付きまとうほど、芸能界を代表する”長寿カップル”だった2人。互いの活動のために物心両面でサポートをするなど、愛を隠さない姿が大衆からも支持されていた。

大衆から支持されていた2人

大衆から支持されていた2人(写真提供:©スポーツ韓国)

破局から7カ月が経った”2015年12月”、ファン・ジョンウムがイ・ヨンドン氏と熱愛中であると明かし、デート中の写真が捉えられ、彼女の所属事務所も熱愛を認めた。その後、交際を認めて僅か3か月後の2016年2月に結婚。翌年8月15日に息子を出産して世間の注目を集めた。

女優としての絶頂期に破局と新たな出会いなど、多くのことを経験したファン・ジョンウムの2015年。当時、キム・ヨンジュンとの破局を寂しがる声もあったが、イ・ヨンドン氏との新しいスタートを応援する声もあっただけに、今回の離婚報道に惜しがる人々が多く見受けられた。