先日6月2日、”韓国の週刊文春”と言われるディスパッチ(Dispatch)が、ハン・イェスルの交際相手が元ホストクラブ従業員という事実を暴露した。ハン・イェスルは直ちに解明をしているものの、その余波は様々な芸能人の名前を召喚している。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

“韓国の週刊文春”と言われるディスパッチ(Dispatch)の報道に、ハン・イェスルは素早く解明を行った。

ハン・イェスルは様々な疑惑に巻き込まれている

様々な疑惑に巻き込まれているハン・イェスル(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ハン・イェスルは報道のあった2日夜、交際相手の正体に触れる長文の書き込みをしている。

彼女が強調していることは、主に以下の4点。

  1. 交際相手は、元舞台俳優でカラオケ店で勤務したことがある
  2. ホストクラブとカラオケは違う。交際相手自身は、お金を目当てに交際をする人ではないと言っている
  3. 4億ウォンにも上る外車は、悩んではいたものの、プレゼントしていない。交際相手が車を持っていなかったため、貸しただけ
  4. 職業に貴賎はない

ハン・イェスルの解明を受け、一部の韓国ネットユーザーは「ホストではなかったと主張しながら、職業に貴賎ないとは・・ちょっとつじつまが合わない気が・・」「ディスパッチは、金銭を見返りに性関係を持った女性を取材したのに、どちらかが嘘を言ってるね」など、釈然としない部分があるという見解を示している。

(関連記事)ハン・イェスルの’残された疑惑’ ・・ディスパッチ砲が1度で終わらぬという不吉な予感

ハン・イェスルはこの日、*バーニングサンの店内で薬物を吸引した女優として名指しされたことについても触れた。

「口に出すことすら許されない、大きな事件の主人公が私だという部分については、警察や検察が明らかにしてほしい。私のほうが強く望む」(ハン・イェスル)

*バーニングサン:BIGBANG元メンバーV.I(スンリ)が経営に関与したとされるクラブ。2018年に、芸能界や政財界を巻き込む大スキャンダルへと発展した。

ハン・イェスルを名指した人物は、元芸能記者で、現在Youtubeチャネルを通して、有名芸能人や著名人の不都合な事実を暴露しているキム・ヨンホ氏(以下、キム氏)。

キム氏は、交際相手が元ホストだと世間に知らせた”第1暴露者”でもある。

ディスパッチという、強力なリリーフの登場に後押しされ「バーニングサンで薬物をした女優は、ハン・イェスル」という主張をより強めていくと見られる中、同事件の余波により、召喚される韓国芸能人も増えるという、不穏な空気も感知されている。

その1人が、少女時代のメンバー、ヒョヨンなのだ。

ヒョヨンは少女時代のメンバー

少女時代のメンバー・ヒョヨン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今年1月、バーニングサン・スキャンダルのトリガーとなった暴行事件の被害者、キム・サンギョ氏は、自身のSNSに「その日、麻薬に酔ってよだれを垂らしていた女優は大物だったね。警察もクラブ内部に入れないくらい・・VIPたちは全員見ていただろう? ヒョヨンさん」という書き込みと一緒に、暴行事件があった当日、DJとしてステージに立っていたヒョヨンの写真を掲載した。

(関連記事)‘バーニング・サン事件’ 暴露文書に少女時代ヒョヨンに言及のナゼ

これに対しヒョヨンは「憶測を煽ることはしないで」「仕事していただけ、”麻薬女優”なんか見たことない」と否定。するとキム・サンギョ氏は、Youtubeチャネルを通して「見ていないはずがない。V.Iと親交が深いから、その日集まったVIPの面々を知っているはず」と発言し、疑惑を膨らませるも、”麻薬女優”の正体を暴くことまでは進展せず、大衆の記憶は薄まっていった。

しかし最近、Youtuberのキム氏の暴露により再燃した”麻薬女優”の正体をめぐる議論に、キム・サンギョ氏とヒョヨンの攻防が再び注目を集めることに。

ディスパッチ報道の1週間前、韓国メディア・スポーツ京郷は、Youtuberのキム氏の暴露を受け、キム・サンギョ氏とヒョヨンのSNS攻防などを詳しく紹介。

昨日(6月2日)のディスパッチの報道により、Youtuberのキム氏の暴露が「まったく根拠のない話ではない」という雰囲気が、韓国ネットに漂っている中、”麻薬女優”の真の正体と、彼女と同行していた面々の話題がしばらく続きそうだ。



人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース