MAMAMOO(ママム)のメンバーが、デビュー7年目の感想を伝えた。また6月2日に新アルバム『WAW』を発売し「7年間歩んできた道と人生がどの辺りにいるのかという意味を込めた」と楽曲について言及している。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

6月2日、ディンゴ・ミュージック(dingo music)のYouTube(ユーチューブ)チャンネルには『デビュー7年目のMAMAMOO(ママム)は今、どの辺りにいるでしょう?』というタイトルの新しい映像が掲載された。

7周年を迎えても結束力は盤石なMAMAMOO

MAMAMOOは7周年を迎えても結束力は盤石!(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

公開された映像でMAMAMOOは、新曲『Where Are We Now』について説明。ソラは「MAMAMOOが7年間、歩んできた道と人生を生きながら、私たちがどこまで来て、どの辺りにいるのか、という意味を込めた曲です」と紹介した。

ファサは7年間、MAMAMOOとして活動を続けてきたことについて「未舗装の道路を歩いているみたいです」「それで、土埃もたくさんある、そんな道でしょうか?」と答えた。彼女の言葉にフィインは「私たちは、レインボーブリッジです。虹の橋を歩いてきました」と続ける。

(関連記事)MAMAMOO「解散はない!」事務所が強調‥カムバックに向け順次再契約へ

彼女は「とても色とりどりで、様々なことがあり、その中に喜怒哀楽もあり、そういう意味で虹の橋です」と説明した。続いてムンビョルは、MAMAMOOを季節に例えて「どの季節でもないような感じです」「まだ私たちが準備をする時もありますが、今休んでいるし、今の気持ちはそんな感じです」と話した。

「私たちが情熱をもって“フォーシーズン・フォーカラープロジェクト”を準備した時は夏だったのに、今はどんな季節でもないような気がします」と話し、視線を集めた。彼女の言葉にファサは「個人的に、秋が過ぎてまた春が来るような感じもします」と付け加えた。

MAMAMOOは6月2日、新アルバム『WAW』を発売した。

(動画出典:YouTube dingo music)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース