2007年に韓国中をときめかせた伝説のドラマ『コーヒープリンス1号店』。最近、主要キャストが13年振りに再会を果たすという、ファンにとって感涙ものの企画が放送され、盛り上がりを見せた。本作はコン・ユの代表的作品であり”夏の代名詞ドラマ”とも言われているが、彼には”冬の代名詞ドラマ”とも呼べる『トッケビ』で主演を担っている。

Danmeeでは、最近何度か取り上げて記事を掲載しているMBCドラマ『コーヒープリンス1号店』。

9月24日にはMBCスペシャル『青春ドキュメンタリー 再び二十歳』で、およそ13年ぶりに主要キャストが再会、当時を振り返る姿が反響を呼んだ。

2人とも素敵な年の重ね方をしている様子。

コン・ユ&ユン・ウネともに素敵な年の重ね方をしている。(画像出典:MBClife 動画キャプチャー)

コン・ユの夏ドラマ『コーヒープリンス1号店』

『コーヒープリンス1号店』は、2007年の7月から8月に全17話で放送されたラブストーリー。

コーヒープリンス1号店

コン・ユの名を世に広めた『コーヒープリンス1号店』(画像出典:imbc)

当時はまだ珍しかった”男装”と、カフェを舞台に繰り広げられるロマンスに視聴者は釘付けに。最終回では27.8%の最高視聴率を記録し、韓国にカフェブームを作ったパイオニア的ドラマとも言われている。

(関連記事)「君が男だろうと、宇宙人だろうと..」夏になると思い出す13年前 コン・ユのセリフ

コン・ユが演じたチェ・ハンギョルは、感情をストレートに出す性格。見た目も性格もボーイッシュなコ・ウンチャン(ユン・ウネ)への愛をまっすぐに伝えたセリフの数々は、暑い夏をさらに熱くさせた。

画像出典:MBCdrama動画キャプチャー

(画像出典:MBCdrama動画キャプチャー)

ハンギョルがウンチャンに伝えた「君が好きだ。君が男だろうと、宇宙人だろうと、もう気にしない。行くところまで行ってみよう」というセリフは、何年経っても心のときめきを思い出させてくれる。

そして日本では韓流ブームが到来していた勢いで、東京の新大久保に”コーヒープリンス”というカフェがオープンしたほど。

この作品で、コン・ユはライジングスターとして知名度を上げ、夏になると思い出される作品とともに、彼の姿が思い出されるようになる。

画像出典:MBClife動画キャプチャー

(画像出典:MBClife動画キャプチャー)

『青春ドキュメンタリー~』でコン・ユは「この番組に出演するか迷った」と打ち明けた。その理由に「当時の気持ちのまま、作品を胸にしまっておきたいと思った。大好きな思い出だから、いま(作品について)話したら、その思いが変わってしまうかもしれない気がして」と吐露。

また「他の作品では感じる”照れくさい、恥ずかしい”という感情が、なぜかハンギョルにだけは感じない。理由は自分でも分からない」と、作品に格別な愛情を見せた。

それほどまでに『コーヒープリンス1号店』は、視聴者だけでなく、出演者たちの心にも強い思いを残したようだ。

コン・ユの冬ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(2016)

『トッケビ』もまた、コン・ユの新たな魅力を引き出したと言われている作品で、やはり多くの視聴者の心をつかんだ。

『トッケビ』

『トッケビ』(画像出典:tvN)

数々のヒット作を生み出した作家のキム・ウンスク氏が、3年もの時間をかけて構想したという『トッケビ』。本作の主役であるトッケビをコン・ユに演じてもらうため、キム氏は5年もの間、彼にラブコールを送り続けて実現した秀作だ。

物語の中には詩的表現が多く登場し、コン・ユの低く落ち着いた声で語られる美しい言葉たちは、大人のロマンスを感じさせた。

中でも「君とともにした時間すべてが眩しかった。天気の良い日でも、天気の悪い日でもすべて良い日々だった」というセリフは、忘れがたい名場面の一つだ。

(関連動画)トッケビ OST Part4 byCrush ‘Beautiful’ MV

日本のトッケビファンもこぞって詩集を購入した。

日本の『トッケビ』ファンも多く詩集を購入したという。(画像出典:tvN、KYOBO BOOKS)

まさに”シンドローム(症候群)”と言われたほど、ドラマ終了直後には”トッケビロス”という言葉が飛び交い、劇中に登場した”ソバ君”のぬいぐるみは爆発的ヒット。またチ・ウンタク(キム・ゴウン)がキム・シン(コン・ユ)に貸してあげた詩集『もしかしたら星たちが君の悲しみを持っていくかもしれない』もベストセラーとなった。

(画像出典:Youtube MINISO動画キャプチャー、tvNドラマ’トッケビ’)

(画像出典:Youtube MINISO動画キャプチャー、tvNドラマ’トッケビ’)

『コーヒープリンス1号店』のコン・ユが爽やかで、ストレートな青春の魅力を見せてくれたとするなら、『トッケビ』のコン・ユは重厚で落ち着いた大人の魅力を見せてくれた。

季節が変わるたびに、名作ドラマを思い出させてくれるコン・ユの俳優力に魅了されたら最後、そこから抜け出せる視聴者などいないのではないだろうか。

今年もあと2カ月と少し。気が付けば、『トッケビ』の似合う季節が、すぐそこまで来ている。



コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(125)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース