韓国の人気Web漫画『女神降臨』は、ルックスに自信のない女子高校生が神メイクで絶世の美女に変身し、イケメン男子2人と三角関係を繰り広げるメイク恋愛漫画だ。日本でもLINEマンガで公開されており、LINEマンガの総合ランキングでも1位を獲得。最近、韓国では実写化され、ドラマの人気も上々だ。

ブルベ、イエベ‥。近年SNSなどでも自分のプロフィールに記載する女性もよく見かけるようになったこの言葉。それぞれ、ブルーベース、イエローベースの略で、その人の生まれ持った色と言われる”パーソナルカラー”のことを言う。最近韓国では、小学生でもこの言葉を知っているというから驚きを隠せない。

日本もそうだったように、韓国でも昔は学生がメイクをするなんて言語道断、教師に厳しく指導されたらしいが、最近の韓国の中高生、さらには小学生もメイクすることが当たり前になってきているようだ。「メイクしてないからいじめられる」そんなことを言う小学生もいるらしい。

そんな中、現在放送されて人気を博しているのがtvNドラマ『女神降臨』。不細工な女子校生がメイクの技術で美人に変身し、イケメン男子2人との三角関係を描いたラブストーリーだ。

ドラマ『女神降臨』は人気ウェブ漫画が原作

人気ウェブ漫画が原作のドラマ『女神降臨』(画像出典:tvN)

醜いルックスのせいでクラスの女子からいじめられていた女子高生ジュギョン(ムン・ガヨン)。辛い高校生活の中でも、趣味の合う学食のお兄さんだけは自分に好意を持ってくれているのではないかと告白するが、きっぱり振られて玉砕。傷ついて自殺まで考えてしまうジュギョンだが、なんとか思いとどまった。

父親の借金が発覚し、転校することになったジュギョン。整形するにもお金がないジュギョンは、ネットの住民からメイクテクニックを教えてもらい取得する。そして、華麗に美しく変身し、まさに女神となって転校先のセボム高校へ登校すると、初日から学校中の注目の的となる。

ここから、セボム高校に女神として降臨したジュギョン、頭脳明晰でイケメン男子のスホ(チャ・ウヌ)、セボム高校のアイドル、ソジュン(ファン・インヨプ)という3人の微妙な三角関係がスタートする‥。

ムン・ガヨン演じるジュギョンはメイクにより女神に変身

メイクにより”女神”に変身したムン・ガヨン演じるジュギョン(画像出典:tvN)

このドラマのヒロインを演じているのは、女優ムン・ガヨン。そばかすいっぱいで大きめの黒縁メガネをかけたすっぴん姿から、カラーコンタクトを入れ、メイクをしながら美人の女子高生に変貌する姿は、まさにリアル高校生のよう。加えて膝よりだいぶ上の短めスカートは、いまどきの女子高生には当たり前のアイテムだ。

最近韓国で流行っているメイクは、童顔メイク。自然な白さと透明感を強調させるように、ベースには少し明るめのファンデーションを使い、眉は太めに。アイメイクはぷっくりと涙袋を目立たせて、アイラインは目尻を下に垂らし困り顔になるように書いたら完成。

日本でも韓国風童顔メイクや韓国風ファッションは人気があり、特に東京の”コリアンタウン”と呼ばれる新大久保を歩く若者たちは、いち早く韓国の流行りメイクやファッションを取り入れている人が多い。以前は整形大国と呼ばれ、整形の技術も高く評価されていた韓国だが、いまやメイクの技術もすばらしいものになった。

韓国のリアル女子高校生たちは、これからも流行りのメイク術とファッションで、世界中の女の子たちのお手本になってくれることだろう。