• 年々人気が上昇傾向にある韓国ドラマ。
  • それに合わせてキャストへの関心・人気も高まる一方、男性芸能人に比べなかなかヒロインを演じた韓国女優へスポットライトは当たらず。
  • 今回本記事では、2024年に人気急上昇した「韓流シンデレラガール」5人をご紹介!

NetflixなどVODの普及で、より身近な存在となった韓国コンテンツ。

特に韓国ドラマの人気は年々上昇傾向にあり、それに合わせ、劇中を盛り上げる韓国俳優への関心・人気も高まっています。

しかし、ドラマ人気=男性芸能人にスポットライトが当たりがちなところも。

今回、男性主人公と好演を繰り広げ、作品をヒットに導いた韓国女優に注目。本記事では、2024年に人気急上昇した「韓流シンデレラガール」5人をご紹介します。

(関連記事)1作の韓国ドラマで転機!2020年以降誕生した「韓流シンデレラボーイ」5人

 

ソン・ハユン

2024年韓流シンデレラガールの1人目は、ソン・ハユンをご紹介します。

『私の夫と結婚して』でチョン・スミン役を演じたソン・ハユン (画像出典:tvN)

今年1月1日に韓国tvNで放送スタートし、全国最高視聴率11.951%を獲得した『私の夫と結婚して』でパク・ミニョン扮するカン・ジウォンの友人で、彼女の夫パク・ミンファン(イ・イギョン扮)と不倫関係に陥るチョン・スミン役を熱演したソン・ハユン。

劇中で披露した彼女の悪女っぷりが称賛され一躍時の人となったものの、突如浮上した過去の校内暴力疑惑により韓国ネット上では「演技がリアルに感じるわけだ」といった皮肉の声が上がりました。

ホン・イェジ

2人目は、今年1月放送のKBS時代劇『幻影恋歌』(原題:환상연가)でドラマ・主演デビューを果たしたホン・イェジ。

『世子が消えた』でチェ・ミョンユン役を演じるホン・イェジ (画像出典:MBN)

女優として活動する前は、Mnetサバイバルオーディション番組『PRODUCE 48』(2018)に出演していた彼女。2021年にJung Entertainmentと専属契約し、女優へと転向しました。(現Big Whale Entertainment所属)

2022年には短編映画『スクールカースト』で女優デビューを果たし、今年は『幻影恋歌』の他、EXOのスホ主演『世子が消えた』(原題:세자가 사라졌다)と2つの時代劇で主演を務めています。

女優デビューして間もないホン・イェジですが、現在公開未定の『青瓦台の人々』(原題:청와대 사람들)と『夏休み』(原題:여름방학)への出演が決定しています。

パク・ジヒョン

3人目は、2014年に短編映画『真心』(原題:진심)で女優デビューを果たしたパク・ジヒョンをご紹介します。

『財閥 x 刑事』でイ・ガンヒョン役を務めたパク・ジヒョン (画像出典:SBS)

これまで『王は愛する』(MBC/2017)や『親愛なる判事様』(SBS/2018)、『ユミの細胞たち』(TVING/2021)など計10本(特別出演を除く)のドラマに出演してきた彼女。

今年1月に韓国SBSで放送開始、日本ではDisney+で配信中の『財閥 x 刑事』でカンハ警察署 強力1班のチーム長イ・ガンヒョン役を熱演し、注目を集めています。

キム・ヘユン

4人目は、日本の韓ドラファンの間で「へユンちゃん」という愛称で親しまれているキム・ヘユン。

高い人気と話題性を誇る『ソンジェ背負って走れ』でヒロイン、イム・ソル役を演じたキム・ヘユン (画像出典:tvN)

中学生の頃から女優を夢見てきた彼女は、高校生1年生のころに本格的に演技塾に通い始め、2012年にチソン主演のSBS時代劇『大風水』でドラマデビューを果たしました。

その後、数々の作品で脇役を務めキャリアを積んできたキム・ヘユン。

2019年にはMBC『偶然見つけたハル』で初主演を務め、今年公開のtvN『ソンジェ背負って走れ』ではヒロインのイム・ソル役を熱演。瞬く間に人気スターの仲間入りを果たしました。

ノ・ジョンウィ

最後にご紹介する2024年の韓流シンデレラガールは、ノ・ジョンウィ。

Netflixオリジナルドラマ『ヒエラルキー』でヒロインのチョン・ジェイ役を務めるノ・ジョンウィ (画像出典:Netflix公式instagram)

2010年に子役としてデビューした彼女は、キム・ソナ、パク・ウンビン、ファン・ジョンウム、パク・シネら韓流スターの幼少期という助演の役柄が多かったものの、2020年からは主演キャストとして出演。

2021年公開の『その年、私たちは』では、金髪がトレードマークの人気アイドルNJ役を演じ「あの金髪美女は誰?」とネット上で話題を集めました。

これを機に徐々に名が知られるようになったノ・ジョンウィは今年、6月7日より配信開始したNetflixオリジナルドラマ『ヒエラルキー』で、ジェユルグループの長女チョン・ジェイ役に抜擢。

そして早くも、来年放送予定のMBCドラマ『バニとイケメンのお兄ちゃんたち』(原題:바니와 오빠들)や編成未定の『魔女』(原題:마녀)、『豚小屋』(原題:돼지우리)への出演が決定しています。

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2433件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs