元アイドル練習生のお騒がせYouTuber、ハン・ソヒがついに実刑を宣告され拘束された。無責任で不用意な発言で世間を騒がせ、度重なる薬物容疑についに決着がついたようだ。

お騒がせユーチューバー、ハン・ソヒ(元アイドル練習生)がついに実刑宣告され拘束された。

ついに実刑宣告され拘束されたハン・ソヒ

ついに実刑宣告され拘束されたトラブルメーカーハン・ソヒ。(画像出典:ハン・ソヒ公式Instagram)

麻薬服用の疑いで起訴されていたハン・ソヒは、法廷拘束が確定すると、裁判長に悪態をつくなど騒動になったことが伝えられている。

11月17日、水原地方裁判所城南支院は、覚せい剤投薬容疑(麻薬類管理に関する法律違反容疑)で不拘束起訴されたハン・ソヒに対する宣告公判を行い、1年6カ月の実刑を宣告。併せて拘束令状も発行された。

ハン・ソヒは「逃走の恐れがあるので、拘束令状を発行する」という裁判部の判決に激昂したという。

韓国メディアNews1(ニュースワン)の単独報道によると、「逃げないから拘束しないで。何してるの? 今、拘束令状を発行するっていうの?」と抗議。また、彼女は悪態をつきながら被告人控室へと退廷したそうだ。

退廷後、ハン・ソヒは被告人控室でも騒ぎを起こしたと伝えられている。

今回の宣告公判で、裁判部は検察の公訴事実に誤りはない点を言及。また「ハン・ソヒは誤って紙コップを便器に落とし、便器の中の物質が混入して陽性判定が出たのだと、尿検査に対する結果を認めなかったが、保護観察所の職員が、当時紙コップを落とした音を聞いておらず、その場で紙コップを直接正しく手渡されたことが確認されている」と指摘した。

裁判部は、国立科学捜査研究員の鑑定結果などに言及し、ハン・ソヒの主張に反論。さらに尿検査時に、他人と混ざったという主張も受け入れなかった。「同じ時間帯に尿検査をした3人のうち、2人は男性であり、女性はハン・ソヒだけだった」と明かす。

ハン・ソヒは2016年、アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバ-、T.O.Pとともに大麻を吸入した疑いで起訴された。この事件でハン・ソヒは懲役3年、執行猶予4年を宣告されている。

しかし執行猶予期間の2020年7月、尿検査でメタンフェタミン、アンフェタミンなどの向精神性医薬品に対する陽性反応が出た。これにより検察は、ハン・ソヒに対する懲役刑執行猶予の取り消しを申請。

それでも彼女は尿検査の間違いを主張し、国立科学捜査研究員で行った毛髪検査で陰性が出たため、執行猶予が維持されていた状態だった。その後、麻薬投薬容疑の証拠が提出され、再び裁判に引き渡されている。

当初検察は、ハン・ソヒの容疑に対して懲役1年を求刑したが、裁判所は検察の求刑によりさらに多い刑を宣告した。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国社会 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース