日本と韓国で活躍する歌手のBoAが、ゾルピデムなどの向精神薬を韓国に違法に搬入したとの疑いで、現地の検察調査を受けた事が報じられた。すでに所属事務所のSMエンターテインメントから顛末が伝えられる中、似たような事件で大きく叱責された2NE1出身のパク・ボムの事例が見直されている。

歌手のBoAが向精神薬などを、韓国へ違法に搬入したという疑いで検察で調査を受けたという。

この出来事を受けて、2NE1(トゥエニワン)出身のパク・ボムの事件が再注目されている。

対応の違いで、世間からの反応が違ってしまったBoA(左)とパク・ボム(右)

BoA(左)とパク・ボム(右)は対応の違いで、世間からの反応が大きく違ってしまった。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

パク・ボムは、過去に麻薬を密搬入したとして大きなバッシングを浴びた。このため、当時人気街道を疾走していた2NE1の活動にも、制約がかかってしまう。そして事件から2年後、不名誉な解体をすることに。

“治療目的”で医薬品を搬入したという点ではBoAと同じなのだが、彼女とは明らかに違った反応を受けることになってしまったのは、何故だろうか。

今月17日、SMエンターテインメント(以下、SM)は公式立場を通して「海外支社のスタッフが、正式な輸入通関の手続きをせず、医薬品を郵便物として配送したのは事実だが、違法に搬入しようとした意思はなく、無知によるミスだ」と発表。

SMは「該当スタッフは、BoAの日本活動時共に生活していた。BoAが、睡眠障害で服用していた日本の処方薬に副作用がなかったことを思い出し、現地の病院で確認して正式な手続きで薬を購入した」と説明。しかし、海外で正常処方を受けた薬品でも、韓国で問題になり得るという点を認知しておらず、成分表を添付して韓国へ薬品を配送したと伝えた。

問題となった部分は、ゾルピデムなど複数の向精神薬を、国内スタッフ名義で韓国に搬入しようとしたが、税関検索段階で摘発されたという点、摘発された医薬品の中には、ゾルピデムよりも誤用や乱用の恐れが強いものがあったため、法律上”神経精神薬物-身体的かつ精神的依存性を引き起こす薬物”の項目に分類された薬品も含まれていたという点などだ。

一部疑惑は残ったが、SMの表明以降、故意ではなかったことが証明されると、世論はBoAに対して同情的な気持ちに変化している。なぜなら、過ちそのものと”無知による過ち”ということを潔く認めたからだ。

とするならば、同じように”無知による間違い”だと主張したパク・ボムは、何故擁護されなかったのか‥疑問に思う。

パク・ボムは2010年、アメリカでアンフェタミンを代理で処方してもらい、これをゼリー類に混ぜて82錠を国際配送してもらったという事実が発覚。当時彼女は、アンフェタミンを祖母の家と両親の家に発送してもらった後、伝達を受けるという方法を選んでいた。

ゼリー類に混ぜて送ったことで、”密搬入を意図的に行った”と判断したネチズン(ネットユーザー)は、批判の声を高めた。

当時、彼女の所属事務所であったYGエンターテインメントは、BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGONなどの大麻事件でイメージが悪くなっており、この一件でさらに批判の対象になってしまう。

昨年、ソロアルバム発表に先立ち、パク・ボムの所属事務所D-NATIONエンターテイメントが「パク・ボムは麻薬を使用していないことは明白だ」と述べ、治療目的で医薬品を搬入したことを明らかにした。続けて「2010年に国際郵便で、アメリカからアンフェタミンを持ち込んだ件について、現在も麻薬密輸、麻薬密搬入などという表現で言及されているが、アンフェタミンは処方箋がなければ購入できない、*アメリカFDAで正式に証人されている合法的な医薬品」と強調。

*アメリカFDA:アメリカ合衆国保健福祉省配下の政府機関。

しかし「まだ韓国国内では、麻薬類に分類される向精神薬で流通が禁止されており、当時これを正確に認知していなかった、無知から始まった行動だ」と説明している。

この出来事は”パク・ボム事件”と呼ばれ、検察の”手加減操作疑惑”やYGの元代表ヤン・ヒョンソクの不十分な釈明で、より大きな議論を呼んでしまう。

上述についても現事務所は「パク・ボムは治療の為に服用中であり、当時行った尿検査からも(麻薬)成分は一切検出されておらず、警察でも状況と証拠が認められ捜査が終了した」という。

結論として、麻薬ではなく治療薬を搬入し、無知なミスという点もBoAと同じだが、搬入方法において、大きな違いを見せた。

パク・ボムは”故意性”に対する部分を明白に立証できず、世論に背を向けた。それが叱責を受けなければならない部分であることは事実だが、変わらず多くの大衆から”麻薬密輸犯”の烙印を押されているという点では、事件の真相を振り返る事が必要だと思われる。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース