今月2日、長きに渡る拘束からようやく釈放されたパク・ユチョン。裁判所まで彼を出迎えに行ったパク・ユチョンの実の弟であるパク・ユファンが、同日の夜ライブ放送で心境を伝えた。

薬物の使用疑惑により、拘束から約2ヶ月ぶりに釈放された歌手で俳優のパク・ユチョン(ハングル 박유천)。

そのような中、彼の実の弟である俳優パク・ユファン(ハングル 박유환)がライブ放送を通じて心境を伝えた。

ユチョン ユファン 兄弟

ユファン(左)・ユチョン(右)兄弟愛あふれる二人..(写真提供:©スポーツ韓国)

今月2日の夜10時、パク・ユチョンの弟であるパク・ユファンは自身のライブ放送を通じて「ファンの皆さん、3ヶ月間僕と母を支えてくれて本当にありがとうございました。皆さんのお陰で今日という日が迎えられました」と、同日あった出来事に対して心境を告白した。

パク・ユファンは「どうしてもお礼が言いたくて配信をしています。僕が伝えたいことは「As long as you guys know it’s OK, it’s enough(ファンの皆さんが分かってくれているならそれで十分だ)ということです」と付け加えた。

この日、裁判所に兄のパク・ユチョンを出迎えに行ったことに関連し、パク・ユファンは「今朝家族で兄を迎えに行きました。母が兄に再会した瞬間が最高に幸せでした」とし「昼食は家族で韓国料理を食べて幸せな時間を過ごし、その後兄は散髪に行き、この大変だった時期をサポートしてくれた方々の所に会いに行きました」と伝えた。

ユファン Twitch ツイッチ

ファンのコメントを嬉しそうな顔で眺めるユファン(写真提供:パク・ユファン Twitch キャプチャー)

ファンからのコメントに対して、嬉しそうな面持ちで一つ一つじっくり眺めていたパク・ユファンは「本当に夢のようです…本当に皆さんのおかげです。今日まで僕と一緒に兄を応援してくれていた皆さん、一人一人に感謝しています」と、丁寧に言葉を選びながら感謝の気持ちを伝えた。

最後に「兄には兄の人生を生きて欲しいです。彼には辛すぎましたよね。まずはゆっくり休んで欲しいです。いつか兄と一緒に色々な所に行って配信したいと思っています」と締めくくった。

パク・ユファンは、これまでパク・ユチョンとファンとの懸け橋になり、ほぼ毎日のようにライブ配信をしながらファンたちを励まし続けてきた。

特にこの日のライブ放送は、5000人をも超えるユーザーが閲覧するほど、大きな関心が寄せられた。

ユチョン 拘束 釈放

約2ヶ月の拘束期間を経て釈放されたユチョン(写真提供:jtbc news youtube キャプチャー)

一方、パク・ユチョンは今月2日午前、水原(スウォン)地方裁判所で行われた公判で、判事から「拘禁よりも社会復帰への機会を付与することが適切だと判断した」とし、懲役10か月・執行猶予2年、保護観察および薬物治療、追徴金140万ウォン(約13万円)を言い渡された。

パク・ユチョンは、公判を終えた後メディアの前に姿を現し、ファンに向けて挨拶をして水原拘置所を後にした。