近年相次ぐ不祥事に芸能界やファンから行く末を心配されていたYGエンターテイメント。YGを創業したヤン・ヒョンソク氏が歩んできた道そしてYGの金字塔を打ち立て始めた’あの時’を振り返ってみた。

SMエンターテインメント、JYPと並んでいたK-POP3大事務所から一転’YG=薬局’と嘲笑され、この先が懸念されているYGエンターテイメント(以下、YG)。
所属アーティストの不祥事が相次ぎ、芸能界やファンから行く末を心配されていたYGが、絶体絶命の危機に遭遇したのは2019年に勃発した’バーニングサン事件’である。
‘バーニングサン事件’と関わりがあるとされている当時BIGBANG(ビッグバン)のメンバーだったV.I(スンリ)は、グループ脱退を余儀なくされた。’バーニングサン事件’が大々的に報じられた11日間、YGの株価は11%下落、消えた時価総額だけで1100億ウォンに上るという。

YGエンターテイメントの創業者 ヤン・ヒョンソク氏

YGエンターテイメントの創業者 ヤン・ヒョンソク氏 近年様々な疑惑が持ち上がり、韓国捜査機関に出頭することが増えたのだが..(写真提供:©スポーツ韓国)

※YG=薬局:麻薬関連の不祥事が多いYGを皮肉ったあだ名。薬局(약국 ヤッグク)の頭文字をとるとYGになる。

‘未来のない’YG

泣きっ面に蜂の状況は続き、韓国国税庁はYG本社やYG元代表のヤン・ヒョンソク氏の自宅に対して特別税務調査を行うと発表。ヤン氏本人においては、所属芸能人に対する管理責任に加え、海外投資者への性接待(売春斡旋)や海外での常習賭博、不法外国為替取引手法の疑惑が持ち上がった。所属していた芸能人も再契約を望まずYGを去り、もはや’未来のない’芸能プロダクションに転落する羽目となった。

世界的な人気と知名度を誇るBIGBANGを輩出した会社、世界が熱狂するK-POPガールズグループ・BLACKPINKの所属会社..残念ながら、いつの間にか’情熱と努力’ではなく’富と名声’により黄金色に塗られていくYGの金字塔が、崩れ落ちている瞬間を今目撃している。

過去を記憶する一ファンとして残念な気持ちを抑えきれず、ヤン元代表を筆頭に皆が一丸となり、YGの金字塔を打ち立て始めた’あの時’を振り返ってみたいと思うようになった。

伝説の始まりは..貧しかった

アーティストとして大きな成功をおさめたヤン・ヒョンソクが、YGエンターテイメントを設立したのは1996年。
当時男性3人組グループKEEP SIXをデビューさせたものの、大コケ。彼らは当時韓国で流行っていた’New Jack Swingスタイル’のヒップホップグループで、楽曲は良かったものの、即席感が否めないという評価が付きまとった。

YG 1号 アーティスト KEEP SIX

YG 1号 アーティスト KEEP SIX(画像出典:namuwiki)

自信満々で世に送り出した’YG 1号’が大失敗に終わり、資金調達に苦しんだYGが出しだ切り札は、ヤン代表本人のアルバムリリースである。過去の’トップアーティスト’という名声がまだ冷め切っていなかったおかげで、ソロアルバムは22万枚を売り上げ、YGに起死回生のチャンスが訪れた。’ヒップホップ’と’ラップ’という、当時韓国では支持基盤が決して強くないジャンルで、ヤン氏は’第一人者’を目指すという確固たるビジョンを持って、潤った資金力で当時デビューしたジヌションや1TYME(ワンタイム)を徹底的に支援。そして彼の支援が実るまで、多くの時間はかからなかった。ジヌションや1TYMEが次々とヒットを飛ばしたのだ。


ヤン代表のデビュー曲『悪魔の煙』核戦争の危険性が潜んでいる世界への警告やメッセージ(動画出典:Youtube 제트)

ヒップホップグルーと音楽を楽しんでいたヤン君

2組アーティストの成功は更なる投資に繋がり、YGは多くのアーティストを迎え入れる。
ヤン代表は、本人も一員とした’YGファミリー’を1999年に結成。所属アーティストを’社員’ではなく、音楽を楽しむ’家族’とポスト定義したのだ。社長ではなく、アーティストたちの’アニキ’となり、ステージの上で汗を流すヤン代表。彼は本当にヒップホップクルーの一人として音楽とステージ、そして’家族’との時間を心から楽しんでいた。
‘YGファミリー’というブランドを通じて「やりたい音楽を仲間たちと楽しむ!」という風潮を作り上げたYGとヤン代表。当時これを近くで見ていた多くのK-POPミュージシャンやプロデューサーには、センセーショナルそのものだった。

YGファミリーとヤン・ヒョンソク元代表

YGファミリー アルバムジャケ写。中央にいる男性がヤン・ヒョンソク元代表だ。(写真出典:brunch.co.kr)

この時のヤン代表の新鮮な試みは、大きな相乗効果を生み、やがてYG伝説の原点となる。SE7EN(セブン)、フィソン、GUMMY(コミ)、ビッグママが立て続けにヒットを飛ばし、2000年代に入ったYGは名実共にK-POPを代表する芸能プロダクションへと成長していた。


BIGBANGのリーダーG-DRAGONもYGファミリーの一員として活躍した(動画出典:Youtube MBCKpop)



富と名声が毒になったのか?

‘YGファミリー’の一員として、並外れた才能を披露していたG-DRAGONが、5人組アイドルグループ・BIGBANG(ビッグバン)のリーダーとしてデビュー。2007年にリリースした1stミニアルバム『Always』のタイトル曲『LIES(거짓말)』が、韓国国内にとどまらず、海外でも熱い声援を引き出す。その後『Last farewell』『HARU HARU』も大ヒット、当時始まっていた海外でのK-POPブームという追い風に乗り、あっという間にグローバルな人気アイドルグループとなった。