新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

YGエンターテインメントの元代表であるヤン・ヒョンソク氏が、不法外国為替取引手法でアメリカに金銭を持ち出し賭博をしたという疑惑が持ち上がった。

ヤン・ヒョンソク 元YGエンターテインメント代表が、俗称「ファンチギ(不法外国為替取引手法)」手法で持ち出した資金で、数億ウォン単位の遠征賭博をしたと報じられた。

ヤン YG ギャンブル アメリカ

元YGエンターテインメントの代表・ヤン氏が、巨額の金銭を海外に持ち出しギャンブルをしたと報じられた(写真提供:©スポーツ韓国)

昨夜(8日)韓国の放送局・JTBCの報道番組「ニュースルーム」によると、ヤン・ヒョンソク元代表は、アメリカ・ラスベガスで10億ウォンほどの掛け金を使用して6億ウォン程度負けたと見られる。

特にヤン元代表は、アメリカのMホテルのカジノVIPルームを少なくとも11度訪問したことも明らかになった。同VIPルームは15億ウォン程度の金銭をデポジットとして預けないと、会員資格を得ることができない場所。

また、警察はアメリカ・ネバダ州のカジノ協会を通じて、カジノへの出入り記録や金額、勝敗記録などを確保しており、訪問する度に一週間ほど滞在をし、賭博をしてきたことを明らかにした。

情報提供者は「ヤン元代表は、主にファンチギの際に’手渡し’をする。 ヤン氏の側近がファンチギ業者に直接お金を渡す方法を使った」と詳しく説明し、さらに当疑惑の信憑性を高めた。

このような報道を受け、YG側は「(我々も)報道を聞いて初めて認知した事実なので、追加情報を確認、提供することはできない」とコメントした。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。