多くのK-POPアイドルが所属しているYGエンターテインメントの前代表ヤン・ヒョンソクが、警察での調査のためマスコミの前に姿を現し、高い関心が寄せられている。

ヤン・ヒョンソクYGエンターテインメント前代表が、売春斡旋(あっせん)、海外遠征賭博など様々な疑惑と関連した事実関係を明らかにするために、警察署のフォトラインに立った。(※フォトライン = マスコミの前に姿を現すこと)

ヤンヒョンソク YG 代表

マスコミの前に姿を現したヤン前YG代表(写真提供:©スポーツ韓国)

ヤン・ヒョンソクYG前代表は29日、ソウル地方警察庁・知能犯罪捜査隊に出頭。

この日、ヤン・ヒョンソク前代表は午前9時50分頃に黒の車両から降り、スーツ姿で一切顔を隠さずに取材陣の前に姿を現して視線を集めた。

ヤン・ヒョンソク前代表は、海外での賭博疑惑に対して「警察の調査に誠実に臨みます」とコメント。

また、為替疑惑に対する取材陣の質問には「事実関係に対して詳しく説明します」と語り、賭博資金の調達方法や性接待疑惑に関する質問に対しても「警察の調査に誠実に臨み、立場を明らかにします」とし、それ以上の質問に対して受け答えはせずに警察署の中に入った。

フォトラインに立ったヤン・ヒョンソク前代表の姿を見たネットユーザーたちは

「人気プロデューサーのこんな姿は見たくなかった」
「YGファンだったので、ヤン代表の姿にショック」
「だいぶやつれたように見えますね..」
「しっかり事実を明らかにしてください」
「どんな結末を迎えるのだろう..」
「全ての罪を認めてくださいね」

などの反応を見せて、ヤン・ヒョンソク前代表の姿にショックを受ける一方、今後の結末に関心を寄せている。

ヤン・ヒョンソク前代表は、アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)出身のV.I(スンリ / 本名 イ・スンヒョン)と共に、アメリカ・ラスベガスのホテル内にあるカジノで遠征賭博をし「為替」手法により現地で賭博資金を調達した疑惑を受けている。

警察は、彼らが事務所の資金を海外遠征賭博に使ったと見て内密調査を始め、8月17日に約5時間にわたりYGエンターテインメント社屋の押収捜索を行い、最近彼らを常習賭博・外国為替取引法違反で立件した。

特に警察は「売春斡旋に関しても控訴の時効があまり残っていないため、口座分析と事実の解明を早く終わらせるようにする」と明らかにするなど、捜査を加速すると強調。

ヤン・ヒョンソク前代表に先立ち、V.Iは28日に同じ場所に召喚されて12時間を越える警察の調査を受けたと知らされた。

V.Iと同じく、様々な疑惑を受けているヤン・ヒョンソク前代表も、警察の調査に長時間かかると予想される。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。