2月8日に初めての単独ファンミーティングを開催したX1(エックスワン)出身のハン・スンウ。これに先立ち、所属事務所がファンミーティングを控えたハン・スンウのポスター写真撮影のビハインドカットを公開したのだが、ファンや筋肉フェチの女子たちの間で‘セクシーすぎる!’と熱い関心を集めて話題になった。

K-POPの男性アイドルたちは、忙しい日々の中でも体を鍛えて彫刻のように美しい筋肉を維持していることで有名だ。

MONSTA X(モンスタエックス)のウォノ、NU’EST(ニューイースト)のベクホ、VIXX(ヴィックス)のRAVI(ラビ)、BTS(防弾少年団)のジミンなど、彼らの美しい肉体がチラッと見えた時には思わず拝んでしまうのが筋肉フェチの女子たちの共通点ではないだろうか。

今回、陶器のような白い肌に整った体を披露したVICTON(ビクトン / ハングル 빅톤)のハン・スンウ(ハングル 한승우)がファンたちの心を刺激しているというので、彼のその美しい筋肉を眺めてみようと思う。

ハンスンウの筋肉美に女子たちが大騒ぎ

ハン・スンウの筋肉美に女子たちが大騒ぎ(画像出典:Play M Entertainment NAVER POST)

2月7日、ハン・スンウの所属事務所が公式SNSを通じてファンミーティングを控えたハン・スンウのポスター写真撮影のビハインドカットを公開した。

特にタトゥーが刻まれた上半身は色っぽいフェロモンが溢れ、あまりのセクシーさに見ている側をドキドキさせて手で顔を覆ってしまいそうになる反面、しっかりとその美しさを目に焼き付けておきたくなるほど。

右肩のタトゥー「MCMXCIV XⅡ XXIV」は、ハン・スンウの誕生日1994年12月24日をローマ数字にしたものであり、今自身がここに存在している理由は両親がいてくれたからこそという両親への感謝の気持ちを込めて刻まれたもので、このタトゥーを見るたびに自身を育ててくれた両親を思い出すという。

そして、左胸の筆記体で彫られたタトゥーは、‘自らを閉じ込めるな’という意味で、昔からよく我慢してきた性格のため世界という勝負の場で自らを閉じ込めずに表現したいという意味が込められているそうだ。

このハン・スンウの姿を見た一部のファンたちは「ハン・スンウ最高!美しさそのもの!」「生まれてきてくれてありがとう!」「整った筋肉美が見られて眼福」「腹筋あたりまで見せてくれても良かったよ!」などの熱い反応を寄せていた。

タトゥーが刻まれたセクシーな上半身にドキドキ

タトゥーが刻まれたセクシーな上半身にドキドキ(画像出典:Play M Entertainment NAVER POST)

一方、2月8日に慶煕(キョンヒ)大学校平和の殿堂で初めての単独ファンミーティング「喜怒哀楽」を開催したハン・スンウ。

彼の活動を待ち望んでいたファンたちとの出会いに、ハン・スンウは「嬉しくてときめきます。本当に幸せな瞬間です」とし「僕という人をずっと守って大切にしてくださって感謝しています。みなさんから頂いた愛に報いることができるハン・スンウになりますので、今後も笑顔でいられる日だけが沢山ありますように」と語り、ファンに対する愛と共に今後活発な活動をするという覚悟や抱負を語った。

「PRODUCE X 101」から輩出されたX1(エックスワン)としての活動も行っていたハン・スンウ。

今年3月にVICTONに合流して本格的な活動を予告してるハン・スンウが、どのような新しい姿を見せてくれるのか、今後の歩みにより一層期待が集められている。

X1

2019年7月19日Mnetオーディション番組「PRODUCE X 101(プロデュース X 101 / 愛称:プデュX)」の最終回で視聴者投票とSMS投票、オンライン事前投票などで最終的に選ばれた10人と初回放送から最終回まで得票数が一番高かった1人のメンバーを合わせた11人で結成されたK-POP男性アイドルグループ。

最終順位
1位 キム・ヨハン、2位 キム・ウソク、3位 ハン・スンウ、4位 ソン・ヒョンジュン、5位 チョ・スンヨン、6位 ソン・ドンピョ、7位 イ・ハンギョル、8位 ナム・ドヒョン、9位 チャ・ジュノ、10位 カン・ミニ、11位 イ・ウンサン

X1 プロフィール&記事(71)