Red Velvet(レッドベルベット)のメンバーたちは、過去に北朝鮮・平壌(ピョンヤン)で公演を開催したことがある。当時の公演の様子や心境を語ったビハインドストーリーが再び話題を集めている。

Red Velvet(レッドベルベット)が、過去に北朝鮮・平壌(ピョンヤン)で開催した公演のビハインドストーリーが再び注目を浴びている。

Red Velvetは、2018年に約1500席規模の東平壌大劇場にて「赤い味(ハングル 빨간 맛)」と「Bad Boy」を披露したことがある。

当時の司会は少女時代のメンバーで、‘北朝鮮住民たちが好きな顔’として知らされたソヒョンが引き受けたという。

北朝鮮・平壌で公演を行ったRed Velvetと司会を担当したソヒョン

北朝鮮・平壌で公演を行ったRed Velvetと司会を担当したソヒョン(画像出典:青瓦台)

初めて北朝鮮を訪問したRed Velvetのメンバーたちは、公演直後のインタビューで「思っていたよりも北朝鮮の方々が大きな拍手をしてくれて歌を歌ってくれていました」とコメント。

その後、Red Velvetのメンバーたちは、JTBCバラエティー番組「知ってるお兄さん(原題 아는형님)」に出演して当時の公演の様子を回想した。

「知ってるお兄さん」のレギュラーメンバーとして出演しているSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョルは「Bad Boyのダンスの中で銃を撃つ振付があるけど、それはどうしたの?」と質問。

振付を間違えてしまったというスルギ

振付を間違えてしまったというスルギ(画像出典:「知ってるお兄さん」キャプチャー)

すると、メンバーのスルギは「平和のために私たちが平壌に行ったので ‘銃を撃つ振付はダメだ’ と思って、振付を変更したんです。でも、変更したにも関わらず忘れてしまって。結局小さい銃を撃つような振付をしてしまいました」と打ち明けた。

引き続き、スルギは「ミスをしてしまって怖かったのですが、幸い何事もなくステージを終えることが出来ました」と当時の様子を語った。

一方、平壌での公演が終わって数日後に、ムン・ジェイン大統領とキム・ジョンスク大統領夫人は、平壌で公演を行った‘南北平和協力祈願・南側芸術団’を大統領府に招き迎え、昼食を共にして公演を成功裏に行ったことに対し感謝の気持ちを伝えた。

大統領府に招待されたRed Velvetのメンバー

大統領府に招待されたRed Velvetのメンバー(画像出典:青瓦台)

この場でRed Velvetのメンバーは、「北朝鮮の人々にとって私たちの音楽はあまり馴染めなかったように思いますが、みなさん拍手を沢山送ってくださいました」とし「平壌で開かれようが、板門店(パンムンジョム)で開かれようが、そのようなステージにもう一度立ってみたいです」とコメント。

また‘直接キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長に会ってみてどのような感じがしましたか?’という取材陣からの質問には「温かい姿でした」と答えた。

これまで北朝鮮で公演したアイドルグループは、1999年・平和親善音楽会に出演したSechs Kies(ジェクスキス)とFin.K.L.(ピンクル)、2003年・柳京(リュギョン)・鄭周永(チョン・ジュヨン)体育館開館記念統一音楽会に参加したSHINHWA(神話 / シンファ)とBaby V.O.X(ベイビーボックス)がいる。

Red Velvetは、彼らに続き約15年ぶりに北朝鮮を訪問したK-POPアイドルグループとなった。


Red Velvetのスルギが北朝鮮・平壌公演で見せた振付とは(動画出典:JTBC Entertainment)

Red Velvet(レドベル)

Red Velvet(レッドベルベット / 愛称 レドベル / ハングル 레드벨벳)は、韓国の5人組女性アイドルグループ。
所属事務所はSMエンターテインメント。
SMルーキーズの一員で、2014年8月にデジタルシングル「행복(幸福 / Happiness)」でデビュー。
Red Velvetは先輩グループである少女時代の大衆性とf(x)の実験性の中間のコンセプトを持つとされる。

Red Velvet(レドベル) プロフィール&記事(87)