BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)の弟グループとして話題となったTXT(TOMORROW X TOGETHER / トゥモローバイトゥゲザー)が、新人賞2冠王を達成して心境を伝えた。

K-POPアイドルグループTOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥゲザー / ハングル 투모로우바이투게더)が、新人賞2冠王を達成した。

txt 新人賞 カムバ

新人賞2冠王を達成したTXT(写真提供:©スポーツ韓国)

TOMORROW X TOGETHER(以下:TXT)は、8月23日ソウル・蚕室(チャムシル)KSPO DOMEで開催された「2019 ソリバダ ベスト K-ミュージック アワード(2019 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS)」でルーキー賞を受賞した。

今年3月にデビューしたTXTは、2019 MGMA(M2 X GENIE MUSIC AWARDS)で男性新人賞を受賞したことに続き、今回参加した授賞式でも新人賞を受賞し「今年一番旬な新人」「今年のスーパールーキー」らしい品格を見せた。

TXTは「一生に一度しか受けることが出来ない“ルーキー賞”を受賞することになり、とても光栄です。まず僕たちにこのような貴重な賞を受賞できるようにサポートしてくださった、ファンクラブの皆さんからの惜しみない愛と応援に感謝を申し上げます」とファンたちに向けた愛情を伝えた。

また「常に僕たちのために努力して下さるパン・シヒョク プロデューサー、所属事務所Big Hitの関係者の方々にも深く感謝を申し上げます」と付け加えた。

それだけでなく「今、10月末にカムバックをするために準備していますので、もう少しだけ待っていてください。今後より良い音楽と、より成長したTXTになります」とカムバックを予告し、今後の活動に対する期待感を高めた。

これに先立ちTXTは、メンバー スビンの流行性結膜炎感染や、腰の痛みを訴えていたヨンジュンなど、メンバーたちの健康上の理由により、当初8月下旬に計画されたニューアルバムのリリースを延期してカムバックの調整をしていた。

TXTは今年3月「夢の場:STAR」をリリースして、全世界44ヶ国および地域のiTunesトップアルバムチャートで1位、アメリカ ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で140位、ビルボード「ソーシャル50」で2位になり、今年デビューした新人のうち最も高い成績をおさめた。