TWICE(トゥワイス)の台湾出身メンバー、ツウィが逆風に見舞われるのだろうか・・ 中国の”整風運動”が韓国芸能界に広がりを見せ、ツウィまでもが影響圏に入ったのではないかという懸念が出ている。最近、韓国では中華圏出身のK-POPアイドルたちによる、SNS上での中国支持発言が議論を招いている。だが、この背景には整風運動が影響しているのではないかと見られているようだ。

日韓で高い人気を誇るガールズグループTWICE(トゥワイス)の台湾出身メンバー、ツウィに対し、中国の”整風運動”が影響を及ぼす気配を見せ始めているという。

これを受け、複数の韓国メディアが、台湾メディアを引用し分析。

特に韓国メディア・韓国経済(www.hankyung.com)はこれを「台湾出身のTWICEツウィにまで‥ 中国”ファンクラブ名を変えろ”」と題し、韓国芸能界における中国の”整風運動”の影響について報じた。

整った顔立ちからビジュアル担当として愛されている、TWICEの台湾出身メンバー、ツウィ

TWICEの台湾出身メンバー、ツウィは整った顔立ちからビジュアル担当として愛されている(画像出典:TWICE公式Instagram)

先月31日、中国時報や自由時報などの台湾メディアは、「中国最大のソーシャルメディア・WEIBOのファンクラブアカウントは、WEIBO側からファンクラブの名称などを変えるよう通知を受けた」と伝えた。

報道によると、ファンクラブは政府の方針に従って、今後2週間以内にアカウントなどを修正しなければならないという内容の掲示物を掲載し、削除した。このファンクラブは、名称にカフェや集まりを意味する”バー(bar)”をつけているが、この個所を削除するよう告知されたという。

現在、中国で見られている動きは‥

今後、どのような活動を見せるのだろうか。中華圏出身のK-POPアイドルたちは‥

中華圏出身のK-POPアイドルたちは今後、どのような活動を見せるのだろうか(画像出典:TWICE公式FaceBook)

経緯について韓国メディアは詳しく触れていないが、これを中国政府の”整風運動”と関連があると解釈しているようだ。

“整風運動”は、1940年代当時、中国共産党が党内の誤った風潮を正すことを骨組みとした政治運動で、現在、習近平政権が様々な分野で規制の手綱を引き締めている。

そのうちの1つが、アイドルファンダムに対してのお達しだ。

中国共産党ネット安全情報化委員会弁公室(以下、弁公室)が出したのが、”芸能人の人気チャートの発表を禁止する”というもの。

また、芸能人を応援するために募金をすることも禁止とし、さらに、芸能人のファンクラブ同士がオンラインで悪口を言ったり、デマを流して争うことなども禁止に。これをうまく管理しないオンラインプラットフォームは、何らかの制裁が加えられるという。

こうした規制は、今年5月、中国でアイドル育成プログラムのファンが推しの練習生に投票するため、牛乳を27万本も捨てるといった出来事がきっかけだと見られている。

当時、弁公室は「今後、ファンがアイドルを応援するために非理性的な行動をする場合、厳しく取り締まる」と警告し、芸能人の公式ファンコミュニティーや関連団体に対する統制を強化。問題となった芸能番組の制作を中止させていた。

先月初めには、弁公室はアイドルのオンラインファンクラブを取り締まり、15万件以上の書き込みや写真、映像を削除、4000個あまりのアカウントの閉鎖や一時停止をさせている。また、国家新聞出版広電総局は、過度な”人気至上主義”を追求するアイドル育成芸能番組に対し、監督強化に乗り出した。

香港と台湾の芸能人が恐れている整風運動

中華圏出身のアイドルの厳しい現状が見えてきた韓国芸能界

韓国芸能界で活躍する中華圏出身のアイドルの厳しい現状が見えてきた(画像出典:TWICE公式Instagram)

ここで生じる問題は、中国による芸能界の”整風運動”が、香港と台湾の芸能人にまで影響を及ぼす可能性があるということだ。

台湾あるテレビ局は、次の重点調査対象が”香港独立”と”台湾独立”を支持する有名芸能人になると報じている。”1つの中国”の原則を掲げる中国が、芸能人を統制するための手段として整風運動を掲げる可能性があるという見方だ。

これ以前、ツウィが議論に巻き込まれたことがある。

デビュー間もない2015年11月、ツウィはメンバーのモモ、サナ、ミナと共に韓国の番組に出演。この時、メンバーがそれぞれの出身国の国旗を持つシーンが放送された。

その中でツウィは青天白日満地紅旗、つまり中華民国(台湾)の国旗を手にしていたことから、議論に発展してしまった。

これは番組側に政治的な意図があった訳ではなく、視聴者に外国人メンバーたちの出身地に対する直感的な理解を促すためだった。

しかし、ツウィの手にした国旗について中国側からの反発があり、結局、所属事務所であるJYPエンターテインメントは政治的意図がないことを説明し謝罪。ツウィも謝罪会見を行ったことで議論は終止符を打っている。

だが、この件は、韓国、中国、台湾で大々的に報じられ、日本やアメリカのマスコミも反応を見せるほどの国際的な議論へと発展。さらに、2016年の台湾総統選挙に多くの影響を与え、世界的に広く知られるようになった。

現在、韓国芸能界で活躍する中華圏出身のアイドルが、SNS上で中国政府を支持する発言をし、韓国国内で物議を醸している。

韓国で活動を見せながらも祖国を支持する姿勢を見せるのは、ツウィが議論に巻き込まれたこととは無関係ではないように見える。なぜなら、中国政府が厳しく取り締まれば、彼らの芸能活動に大きな影響を及ぼすことになるからだ。

(関連記事) NCT、SEVENTEEN、EXO・・K-POP ‘共産党アイドル’ 議論でファンの対立が勃発

彼らがSNSに”1つの中国”や”抗米援助”などのメッセージを載せることは、自身が芸能活動を続けるための手段なのかもしれない。



TWICE

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE 最新記事はこちら(664)





この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs