東方神起(TVXQ)のユンホは、知名度の高さに反比例した謙虚な姿勢と、真面目な性格の持ち主として有名だ。しかし、テレビ番組では親しみやすい一面を見せており、ファンだけでなく大衆からも好感度が高いと言われている。これまで多くの美談が語られてきたユンホだが、人々が絶賛するユンホの姿とは..

トップスターにもかかわらず、常に礼儀正しく情熱的で美談が絶えない東方神起(TVXQ)のユンホ。

彼の情熱は、今に始まった事ではない。

高校生の時から“情熱があれば出来ないことはない”と生きてきた彼の話が、昨日今日に美談として伝えられているのだ。

東方神起 ユンホ

東方神起 ユンホ(画像出典:ユンホ Instagram)

ユンホの人生は人々の手本になっており、5月20日にはオンラインコミュニティーtheqooで『本当のユンホ』というタイトルで、これまでユンホが行ってきた善行の数々が掲載され、ネットユーザーたちを感動させている。

あまりに美談が多すぎるため、全ては書ききれないが、中でも印象的な内容を幾つか紹介したいと思う。

小競り合いを止めたユンホ

あるネットユーザーが、ソウル・清潭洞(チョンダムドン)の路地で、お酒に酔ったおじさんとおばさんが小競り合いをしていた場面に遭遇。

誰も彼らの喧嘩を止める事なく通り過ぎていたが、ある青年が乗っていた車を止めて駆け寄ってきたという。

その青年が、まさにユンホだ。

通行人が「警察を呼んだのでもう大丈夫」とユンホに伝えるも、ユンホは警察が来るまで隣で状況を見守っていたようだ。

僕たちの関係はENDではなくING

ユンホについて語るDinDin

ユンホについて語るDinDin(画像出典:ラジオスター キャプチャー)

ラッパーのDinDin(ディンディン)は、過去にユンホへの愛を告白。

ゲームバラエティー『ドゥニア~初めて会った世界』でユンホと共演したDinDinは、MBCバラエティー番組『ラジオスター』に出演した際「ユンホさんは実兄のような存在です」とコメント。

続けて「番組が終わってユンホ兄さんに会いに行き“今後もずっと親しい関係でいたいです”と伝えたら、ユンホ兄さんは“僕たちの関係はENDでなくINGだよ”と言ってくれました」と、ユンホの一言にとても感動したそうだ。

さらにDinDinは「ユンホ兄さんのことを父親よりも尊敬しています。ユンホ兄さんよりも人間味を持っている人はいません。偉人伝に載らないといけません」と強調した。

君は僕の永遠のライバル

チャジュンファンとユンホ

チャ・ジュンファンとユンホ(画像出典:ユンホ Instagram)

今や世界的な選手になった、男性フィギュアスケート選手のチャ・ジュンファン。

まだ幼かった頃、テレビ放送中に泣いていたその瞬間、誰よりも早くチャ・ジュンファンに駆け寄って抱きしめてあげたユンホ。

その時ユンホは、チャ・ジュンファンに対して「なぜ泣いているの?君はここが目標でなく世界が目標だ。君は世界へと伸びていく子だ。君は僕の永遠のライバルだよ」という言葉を掛けたという。

この言葉が印象深い理由は、テレビを通じては聞こえず、囁くようにしてチャ・ジュンファンに伝えていたということ。

芸能人・東方神起のユンホとして放送を意識していたわけではなく、“ユンホお兄さん”としてチャ・ジュンファンだけのためにアドバイスを伝えた。

母校に奨学金寄託

毎年母校に奨学金を寄託するユンホ

毎年母校に奨学金を寄託するユンホ(画像出典:私は一人で暮らす キャプチャー)

ユンホは、毎年自身の母校である光一(グァンイル)高校に奨学金を寄託している。

「身近な人が何かに成功していれば、周囲の人々も興味を持ち刺激を受けるはずだ」という思いで、ユンホは奨学金の寄託だけでなく、母校に訪れて後輩たちに講演を行ったりもしている。

MBC『私は一人で暮らす』で、ユンホが母校を訪れた際、壁画にはユンホの似顔絵が描かれていて衝撃を与えたが、これも母校のユンホに対する感謝の気持ちなのではないかと感じ取ることが出来る。

ファンの人生を変えたエピソード

ある撮影現場でユンホに遭遇したファン。

デビュー当時から親子揃って東方神起が好きだったため、自身の分と母の分のサインをお願いすると、快く承諾したユンホ。

「お忙しい時間の中、サインを書いてくださってありがとうございます」とファンが伝えると、ユンホは「いいえ、大丈夫ですよ!」と優しく答えてくれたという。

ドラマや映画の監督になることが夢というそのファンに対し「あなたが監督になるその日のために、僕も熱心に自らを磨きあげて準備しておきます」と返事をし、このユンホの一言で該当のファンの将来の目標が明確になり、明るい人生に変わったという。

新人美容師を癒すユンホ

ユンホと同じ美容室に通っているというあるユーザーが、美容室のスタッフから耳にした話。

シャンプーを習い始めた美容室のアシスタントが緊張した様子を見せていると、そのスタッフの心情をすぐに察したユンホ。

シャンプーをしている間、終始「夜遅くまで練習されていて疲れるでしょう?まだ美容室に来て間もないですよね?大変ですよね..」など様々な会話をし、新人スタッフの気持ちを楽にさせたという。

その新人スタッフは、それまで東方神起に関心がなかったが、ユンホの人柄に魅了されてファンになったようだ。



まとめ

上記の内容は、ユンホの美談のうちほんの一部にしか過ぎず、この他にも数えきれないほどの温かなストーリーがある。

歌やパフォーマンスなど優れた才能ももちろんだが、このような人間味が溢れるエピソードで新たにファンになる人も多く、知れば知るほど彼の真面目で誠実な人柄に惹き寄せられていくことが、ファンがユンホの魅力から抜け出せない理由だろう。

東方神起

東方神起(TVXQ)は、チャンミン、ユンホによる韓国出身の男性デュオ。
レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。
2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月のカムバック以降はユンホ、チャンミン2人で活動している。

東方神起 プロフィール&記事(124)