• 東方神起(TVXQ)のユンホが出演する、Disney+(ディズニープラス)オリジナルシリーズ『私たちの人生レース』。
  • 製作発表会では、ドラマの監督が、他の活動で忙しい最中に、ドラマ撮影を並行して行ったユンホについて言及。
  • ユンホは情熱家として知られているが、監督はそれを「放送用」の噂だと思っていたことを告白した。
東方神起のユンホ

東方神起のユンホ(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

本日(5月10日)から、配信開始予定のDisney+(ディズニープラス)オリジナルシリーズ『私たちの人生レース』。

このドラマは、スペックはゼロだが、情熱一つで広告業界の底辺から大企業に転職した女性が、採用スキャンダルに巻き込まれ、職場で生き残るために孤軍奮闘する「人生レース」が描かれる、オフィスドラマとなっている。

注目すべき点は、メインキャストに、東方神起(TVXQ)のユンホの名が並んでいること。

彼のドラマ出演は、なんと約6年ぶりだそう。それだけに、日本ファンの間では、放送前から大きな話題となっているのである。

ユンホが演じるのは、会社も職員も幸せな代理店を夢見る、若きCEOのソ・ドンフン役。

自身のインスタグラムでは、劇中写真を公開しているが、爽やかなスーツ姿に優しい微笑みを浮かべる彼からは、CEOの品格が溢れている。

彼が、代理店の広報室に転職してきた女性主人公、イ・ヨニ演じるパク・ユンジョと、どのような絡みを見せてくれるのか、ますます期待が膨らむ作品だ。

ドラマ『私たちの人生レース』東方神起のユンホ(右)も出演!

ドラマ『私たちの人生レース』東方神起のユンホ(右)も出演! (画像出典:disneyplus korea Instagram)

配信開始に先立って行われた製作発表会には、イ・ドンユン監督と、メインキャストのユンホ、イ・ヨニ、ホン・ジョンヒョン、ムン・ソリが参加した。

ユンホは、自身の役柄について「エージェント会社の代表を演じる。職員が幸せであってこそ会社が幸せだというマインドで、権威的であるより柔軟な思考を持ちたがる人物」と紹介している。

製作発表会では、俳優としても活躍するユンホを、監督が絶賛する場面があったという。

監督は、彼について「聞いた噂がある。情熱がいつも溢れてるって。放送用ではないかと思ったが、本当に情熱がいつも満ちていた」と告白。

そして「撮影の合間にミュージックビデオを撮ったりコンサートもしたり、一番忙しいスケジュールなのに、一番乱れることなくプロフェッショナルにやっていた」と、撮影時の様子を明かしたのである。

共演者のムン・ソリによると「初めての台本リーディングの時、ユンホはスケジュールのために日本にいた」のだという。

このエピソードからも、彼が俳優以外の仕事で忙しい中でも、並行してドラマの撮影に臨んでいたことがわかる。

ドラマ『私たちの人生レース』ではCEO役を演じるユンホ

ドラマ『私たちの人生レース』ではCEO役を演じるユンホ (画像出典:ユンホ 公式Instagram)

ファンの間では有名な話だが、ユンホといえば、“情熱”というキーワードが一番に上がるほどの情熱家。

そんな彼の熱い情熱は、”富者(プジャ)”というお金持ちや財産の多い人を意味する韓国語をもじって、熱い情熱を持っている人=”情熱富者”と表現されたり、”*情熱マンスール”とも呼ばれている。

*情熱マンスール:アラブ首長国連邦の大富豪、マンスールの名前にちなんで付けられた”情熱だけは誰よりもたくさん持っている、情熱の大富豪”という意味のニックネーム

ユンホの情熱を「放送用では?」と疑っていた監督に、「彼の情熱は本物だ!」と証明してみせたのは、まさにユンホ自身。

監督は、彼が忙しいことを言い訳にせず、何事にも一生懸命に取り組む姿を目の当たりにしたからこそ、彼のプロ意識の高さを知ることになったのだ。

劇中では、爽やかなオーラを醸すCEO役を演じるが、心の内には、常に熱い情熱がメラメラと燃え続けているユンホ。

6月には、大阪と東京で、東方神起の全国ライブツアー『東方神起 LIVE TOUR 2023 ~CLASSYC~』のドーム公演が控えている。

日本のファンは、俳優だけではなく、アーティストとして情熱的に活躍する彼の姿も楽しめるようだ。

ドラマ『私たちの人生レース』1-2話の予告編

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(645件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs