後輩アイドルグループ、SHINeeの特別番組にサプライズ出演した東方神起(TVXQ)のユンホ。ここで彼は強靭なメンタルなのかを試される運命に‥。ユンホらしからぬ、困惑した表情を見せる貴重な(?)シーンを誕生させてしまった。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

デビュー14年目を迎えたアイドルグループSHINee(シャイニー)。

去る24日に、彼らの7枚目のアルバム発売を記念し特別企画された番組、tvN『SHINeeのスタートアップ-ピッドル企画』が放送された。
番組では、プロフェッショナルなアーティストの顔を見せながらも、コント演技やバラエティーなどを披露し、多彩な魅力で視聴者を魅了していた。

なかでも多くのファンを喜ばせたのは、彼らの先輩である東方神起(TVXQ)のユンホがサプライズで登場した、2008年のバラエティー番組のコーナーを再現したシーン。

ゲームコーナーに登場したユンホ

東方神起(TVXQ)のユンホがゲームコーナーに登場(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

ここで披露されたのは、SHINeeのメンバー、オニュとユンホによる”当たり前ゲーム(당연하지 게임)”。

このゲームは、相手からの質問に対し、どのような言葉を投げかけられても「当たり前(당연하지:タンヨナジ)」と答えなければならず、「当たり前」と答えられなかったら負けとなる。日本にも全ての質問に”はい”または”いいえ”のどちらかのみで答えていくゲームがあるが、それと同じ要領で進めていくゲームだ。

このゲームでオニュはユンホに対し、悩んだ末にこう質問をした。

「本当は適当(대충:テチュン)に暮らしたいんですよね?」と。

こともあろうか、何事にも情熱を持って挑む”*情熱マンスール”であり、「体に最も害のある”虫(충:チュン)”は、”適当(대충:テチュン)”」の名言を生み出したユンホに対して、”適当に”と言及したのだ。

*情熱マンスール:アラブ首長国連邦の大富豪 マンスールの名前にちなんで付けられた、”情熱だけは誰よりもたくさん持っている、情熱の大富豪”という意味のあだ名。

オニュはユンホに鋭い質問を投げかけた

ユンホに鋭い質問を投げかけたオニュ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

その瞬間、予想できなかった質問を投げかけられたユンホは言葉を失い、慌てた様子を見せた。

その場にいたSHINeeのメンバーたちが爆笑する中、メンバーのキーが「ユンホお兄さんもたまに疲労感を感じる時があると思う」と収拾するように言ったが、ユンホは結局、何も答えられないお手上げ状態となってしまった。

どうやら、”適当に”という言葉に対し、本心としては否定したいものの、ゲーム上では「当たり前」と答えなければいけないことでジレンマに陥ってしまったよう。

「当たり前」と答えるとモットーに反する。だから否定したいが、否定するとゲームに負けてしまう。しかし、後輩とのゲームにも負けたくない‥。
意外にも絶妙な心理戦を強いられた”当たり前”ゲーム。オニュの機転の利いたフレーズにユンホは答えることが出来ず、KO負けを強いられてしまった。

お手上げとなったユンホであるが、ここでも後輩を称えることを忘れてはいない。ユンホはオニュの優れた芸能センスを惜しみなく称賛していた。

いつも前向きな笑顔を見せているユンホであるが、今回はきょとんとしながらも困惑した表情も見せている。ファンにとっては、素であり、珍しい表情を見ることが出来て嬉しい限りであるが、本人は複雑だったのでは‥。今回は、後輩のSHINeeに1本取られてしまったユンホであった。

オニュとユンホの”当たり前ゲーム”(外部リンク)



東方神起

東方神起(TVXQ)は、チャンミン、ユンホによる韓国出身の男性デュオ。
レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。
2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月のカムバック以降はユンホ、チャンミン2人で活動している。

東方神起 プロフィール&記事(200)

人気ニュース

東方神起 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース