YGエンターテインメント所属のTREASURE(トレジャー)が出演するウェブドラマ『男子高怪談』が、11月12日に彼らのYouTube(ユーチューブ)チャンネルで公開された。このウェブドラマは、公開約半日で100万ビューに迫るなど、グローバルファンからも注目されている。

TREASURE(トレジャー)のウェブドラマ『男子高怪談』が、世界のファンから好評を受ける中、恐ろしい(?)ほどの人気を集め注目されている。

『男子高怪談』はTREASUREのウェブドラマ

TREASUREのウェブドラマ『男子高怪談』(画像出典:TREASURE公式FaceBook)

11月13日、彼らの所属事務所であるYGエンターテインメントによると、『男子高怪談』が前日夜10時に公開されてから約半日で再生回数が100万ビューに迫ったという。

そして11月15日16時(日本時間)時点では、170万ビューを突破している。

再生回数だけを見ると、これは韓国ウェブドラマの爆発的な成長をリードした、過去最高の人気作品に次ぐ推移だ。2020年、歌謡界の新人賞を席巻したTREASUREの無限な潜在能力が、ここに来て再び証明された形となった。

TREASUREメンバーの期待以上の演技力や、きめ細かな構成、しっかりした演出が作り出したウェルメイドウェブドラマの誕生という評価が出ている。

実際に『男子高怪談』の1話は、ミステリーハイティーンスリラーのジャンルらしく、ドラマの序盤からぞっとするオーラを漂わせた。“ブンシンサバ(こっくりさん)”をしている時に、得体の知れない何かが応答したかと思えば、廊下では意識を失った担任の先生が見つかり、見る人をヒヤリとさせる。

心拍数を高める展開が、『男子高怪談』を埋め尽くした。公式的なクラスの人数が21人ではなく、20人だという事実を知ったドヨンは、「謎の誰かがこの中にいる」と幽霊の存在を予告し、緊張感を漂わせる。

皆が混乱に陥った時、バン・イェダムのタブレットPCから鳥肌の立つ音声が流れてきた。

「僕は1人でここに残されている」という歌の歌詞が、繰り返し再生されたのだ。これから繰り広げられる話に対する視聴者の関心が、さらに高まっている。

初放送直後、ファンの反応は熱かった。世界各国のファンは、様々な言語で「演技はもちろん、クオリティーまで完璧」「ファンとして、またドラマの愛聴者として、全てに感動した」という賛辞と共に、幽霊の正体を推理するコメントリレーを続けている。

また、K-POPファンが活動するコミュニティーやSNSに、2次創作物が相次いで投稿されている。まだ1話がベールを脱いだばかりだけに、これから新たなエピソードが公開されると、この人気旋風はさらに激しくなるものと期待される。

ウェブドラマ『男子高怪談』は、同じクラスの学生たちが幽霊を見つけ出すために、互いに疑いながら起こる話を描く。計8つのエピソードで構成され、毎週金曜日の夜10時に、TREASUREのYouTube(ユーチューブ)チャンネルを通して公開される。

『男子高怪談』EP.1 (動画出典:YouTube TREASURE)

TREASURE

サバイバル番組『YG宝石箱』から誕生した12人組ボーイズグループ。
2020年8月7日にデビュー、YGエンターテインメントに所属している。

メンバーは、韓国人のチェ・ヒョンソク、ジフン、ジュンギュ、ユン・ジェヒョク、パン・イェダム、ドヨン、パク・ジョンウ、ソ・ジョンファン、日本人のヨシ、マシホ、
アサヒ、ハルト。

TREASURE プロフィール&記事(33)




最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース